草枕」は夏目漱石の小説である。この「草枕」をまた違った角度から料理しようしている劇作家がいる。北村想その人である。日本の現代演劇を代表する劇作家である彼が、近代文学への敬意を込めて戯曲を書き下ろし上演する。これはシリーズものであり「日本文学シアター第2弾」となる。第17回鶴屋南北戯曲賞に輝いた前作「グッドバイ」に続く夏目漱石の名作はどうなるのだろうか。画工には段田安則、ヒロイン那美には小泉今日子を迎え、彼らがどんな運命をたどることになるのかは想像もつかない。チケットを手にした観客は北村想の自由自在な発想に導かれ、さらに新たな「草枕」の世界へと軽やかにはまり込んで行くだろう。人気劇作家と人気俳優が手を組み創り上げる世界。チケットを手にして是非堪能してもらいたい。

舞台 草枕の日程

26人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

草枕の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

草枕のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

草枕 小泉今日子出演舞台について

草枕 小泉今日子出演舞台の魅力とは

夏目漱石の草枕hは、1906年に「新小説」において発表された。始まりは「山路を登りながら、こう考えた。」で、続いて「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」と続く冒頭部分は日本人なら誰もが知るほどに有名である。この冒頭部分からも分かるように「非人情」の世界が描かれた作品で初期の名作と評価される。舞台は熊本県玉名市小天温泉。

舞台 草枕が好きな方はこんなチケットもおすすめ