美輪明宏主演 黒蜥蜴(くろとかげ)は、「金閣寺」などで知られる三島由紀夫脚本による作品で、4月から東京・初台の新国立劇場を皮切りに上演される。三島由紀夫との交友も深く、彼の感性・文学の肌合いにも精通した美輪明宏。三島戯曲の行間を隈なく読み取る彼でしかなし得なかった演出、技巧により、江戸川乱歩の原作と三島戯曲の持つ日本語の美しさや美的頽廃を余すことなく表現。再演に再演を重ね、台詞の1つ1つがダイアモンドのような輝きを放つ、究極の美学が織り成す壮大な悲恋物語が描かれる。これまで以上に練り上げられ磨き上げられた、まさに美輪明宏の集大成ともいえる完成度の高い舞台を、ぜひともじっくりと堪能したい。

黒蜥蜴 美輪明宏主演の日程

211人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

黒蜥蜴の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

黒蜥蜴のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

美輪明宏主演 黒蜥蜴について

左腕に黒蜥蜴の刺青をした美貌の女怪盗・緑川夫人―通称「黒蜥蜴(くろとかげ)」。彼女は社交界の花形であり、暗黒街の女王。そんな黒蜥蜴が、日本一の宝石商・岩瀬家が所蔵する日本一のダイヤ「エジプトの星」と同家の愛娘・早苗を狙い、探偵・明智小五郎に挑戦状を叩き付ける。激しい頭脳戦を展開する2人。それはいつしか立場の違いを超えた恋へと発展していく、切ない恋心と奇怪な世界が繰り広げる究極サスペンス。

その黒蜥蜴を演じるのが、美輪明宏。三島由紀夫との交友も深く、彼の感性・文学の肌合いにも精通した美輪明宏。三島戯曲の行間を隈なく読み取る彼でしかなし得なかった演出、技巧により、江戸川乱歩の原作と三島戯曲の持つ日本語の美しさや美的頽廃を余すことなく表現するだろう。

再演となるこの舞台「黒蜥蜴(くろとかげ)」。かつて映画でも大ヒットした美輪の代表作のひとつだが、美輪本人も「皆さんからやめないでくださいと言われてます」とコメントするなど、今回が見納めのようだ。それを聞きつけてかチケットはすでに当日券のみで前売りは完売の人気ぶりだ。

黒蜥蜴 美輪明宏主演が好きな方はこんなチケットもおすすめ