くらわんかは、東京・浅草と大阪・枚方を舞台とした恋心を描いた映画である。亮の職業は車夫だ。体力は人一倍あるのだが、おとなしい性格な亮は客があまりとれず、車夫仲間から落ちこぼれ的な扱いを受けていた。そんな彼にも、唯一の常連客、多恵がいた。彼女は毎週同じ時間に亮の車に乗り、同じルートを通り同じカフェでお茶を飲む。しかし、ある日を境に多恵が来なくなってしまい、いつも訪れるカフェに亮が訪れ、後日彼女が病院に入院してると連絡を受け病院に向かう事に。そこで多恵から枚方にいた頃の初恋話を聞き、亮は現地に向かい初恋相手を探すことに。実は、枚方には七夕伝説があり、亮の中で多恵に初恋相手と会わせてあげたいという気持ちがどんどん膨らんでいくのであった。

くらわんかの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

くらわんかについて

くらわんかの魅力とは

くらわんかは、青木玄徳主演の映画である。古くから宿場町として栄えてきた大阪府枚方市に流れる天野川。実はこの川は七夕伝説の発祥と言われており、離れ離れになった2人がずっとお互いの事を思い続けようやく再会をはたす、そんな七夕伝説のようなつつましい恋心を描いている作品である。なお、「くわらんか」とは、江戸時代に食べ物や飲み物を売っていた小舟の売り子が発していた声掛けである。

主演の青木玄徳は、元モデルで2011年ミュージカル「テニスの王子様」にて本格的に俳優デビュー。「仮面ライダー鎧武/ガイム」では戦極凌馬/仮面ライダーデューク役。「牙狼 闇を照らす者」では楠神哀空吏役。どちらも弓を武器として扱う役である。なお仮面ライダー鎧武の変身ポーズは、彼が幼い頃に考えていたポーズだそうだ。また、重要な役どころで歴史資料館館長役に枚方育ちの川崎麻世も出演している。1975年よみうりテレビの素人参加コーナーで西城秀樹の振りマネをしグランドチャンピオンに。それを見ていたジャニー喜多川にスカウトされ歌手デビュー。その後は舞台俳優や、渡米して国際的俳優として脚光を浴びた。現在でも、歌手、俳優として精力的に活動している。

若手からベテランまでが出演する現代版の七夕物語。果たして多恵は再び初恋の人に出会う事ができるのだろうか。

くらわんかが好きな方はこんなチケットもおすすめ