熊川哲也Kバレエカンパニーは、1999年に結成された熊川哲也が主宰し東京都文京区に本拠を置くバレエ団。設立当初から数年間の活動は、他分野とのコラボレーションなどが中心であった。さまざまなステージパフォーマンスへの挑戦は、それまでバレエに触れたことのなかった観客をも引き付け、日本にかつてないバレエ旋風を巻き起こす。また、「総合芸術としてのバレエ」を追求し尽くした完成度の高い舞台は観客の心を捉え続け、年間約50公演、観客動員数およそ10万人、そして新作全幕バレエ作品をほぼ毎年上演するなど、世界的にも稀にみる活動実績を誇っている。着実に成長し続ける熊川哲也Kバレエカンパニーは、バレエの気高さや品格の確立、バレエ芸術のさらなる発展に尽力し、世界的文化価値を継承するプロフェッショナルカンパニーとして、今なお進化し続けている。

熊川哲也Kバレエカンパニーの日程

905人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

熊川哲也Kバレエカンパニーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

熊川哲也Kバレエカンパニーについて

熊川哲也Kバレエカンパニーの魅力とは

1998年、英国ロイヤル・バレエ団在籍10年目を迎えた熊川哲也は、東洋人として初のプリンシパルにまで登り詰めたその快挙と栄光の座を捨て、同団を退団。自身の理想とするバレエ・舞台芸術を追うべく、翌1999年に熊川哲也Kバレエカンパニーを設立し、芸術監督・プリンシパルを務める。結成時のメンバーは熊川哲也とスチュワート・キャシディ(Stuart Cassidy)、ウィリアム・トレヴィット(William Trevitt)、マイケル・ナン(Michael Nunn)、ギャリー・エイヴィス(Gary Avis)、マシュー・ディボル(Matthew Dibble)5人のほか、オーディションで選ばれた日本人女性のコール・ド・バレエ、客演者として現役のロイヤルの女性プリンシパルと第一ソリスト数名の総勢26名だった。

設立当初から数年間の活動は、他分野とのコラボレーションなどが中心であった。さまざまなステージパフォーマンスへの挑戦は、それまでバレエに触れたことのなかった観客をも引き付け、日本にかつてないバレエ旋風を巻き起こす。また、「総合芸術としてのバレエ」を追求し尽くした完成度の高い舞台により観客の心を捉え続け、年間約50公演、観客動員数およそ10万人、そして新作全幕バレエ作品をほぼ毎年上演するなど、世界的にも稀にみる活動実績を誇っている。

海外では2004年7月、N.Y.メトロポリタン歌劇場で開催されたリンカーン・センター・フェスティバル「アシュトン記念公演」に招聘され、設立からわずか5年目にして、英国ロイヤル・バレエ団、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団、ジョフリー・バレエ団等、世界有数のバレエ団と肩を並べての出演という快挙を成し遂げている。着実に成長し続ける熊川哲也Kバレエカンパニーは、バレエの気高さや品格の確立、バレエ芸術のさらなる発展に尽力し、世界的文化価値を継承するプロフェッショナルカンパニーとして、今なお進化し続けている。

熊川哲也Kバレエカンパニーが好きな方はこんなチケットもおすすめ