熊谷花火大会は埼玉県熊谷市の荒川河川敷で開催される埼玉県内でもトップクラスの大規模な花火大会である。毎年35万人から45万に訪れ、打ち上げ数は約1万発。これはこうのす花火大会に次いで2番目の規模となっている。この花火大会の歴史は古く、1934年に開催された「熊谷煙火大会」が発祥となっている。その後戦時下で一時中断されたが1948年に「大熊谷復興煙火大会」として復活。これを熊谷花火大会の第1回として現在に至っている。もちろん埼玉県内では最も古い花火大会で、長い間県民に愛されている大会だ。熊谷花火大会では多数の夜店も出店され、スターマインコンクールやメッセージ花火など観る者を飽きさせない構成となっている。

熊谷花火大会の日程

7人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

熊谷花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

熊谷花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

熊谷花火大会について

熊谷花火大会の魅力とは

毎年35万人以上が訪れる熊谷花火大会。打ち上げ数は約1万発の大花火大会だ。1948年に開催された第1回の「大熊谷復興煙火大会」から2009年で60回を超えている、埼玉県内で最古の歴史ある花火大会だ。
この花火大会では様々な催しが工夫されていて、企業ではなく個人で花火を提供しメッセージを読み上げる「メッセージ花火」や花火業者7社がその技術を競うスターマインコンクールなど多彩。しばらく中止になっていた2尺玉も2007年より再開され打ち上がっている。当日は約500もの夜店が立ち並び、地元のB級グルメなどを楽しむことが出来る。
早めに到着しお祭り気分を味わうことが出来るのもポイントだ。有料の観賞席も販売。これを買えない場合でも多数の穴場スポットがあり、荒川緑地ラグビー場や久下河川敷、イオン熊谷店屋上、石原公園などがおススメとなっている。
とにかく大規模な花火大会なので当日はどこも混雑が予想される。特に車の場合は駐車場を探すもの大変。周辺の駐車場はどこも有料になりそれも満車となるので早めの行動が大切だ。
JRでは簡易フェンスが設置されるが出口が変更、制限されたりもするので初めての場合は事前に調べて向かいたい。

熊谷花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ