工藤重典とは日本を代表するフルート奏者として多数の受賞歴、そして作品の発表を行っている世界的アーティストである。1978年にパリ国際フルートコンクールにて1位、1979年にはミュンヘン国際音楽コンクール、フルート部門にて第3位と世界的な実績を持つフルート奏者。10歳という幼さで本格的にフルートの師事を受け、桐朋学園大学を経てフランスへと留学する。フランスのパリ音楽院在学中に現地の楽団へと参加すると抜群の演奏力から首席となり、その後ソロとしての活動を開始する。日本国内でもその才能を発揮しており、日本を代表する音楽家小澤征爾の元演奏を行う姿も披露している。文化庁芸術作品賞など国内での賞の受賞も非常に多く、現在の日本音楽界を牽引する人物である。

工藤重典の日程

2人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

彩の国さいたま芸術劇場

府中の森芸術劇場

未分類

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

工藤重典の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

工藤重典のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/13 12:00更新)

工藤重典について

工藤重典の魅力とは

工藤重典とは若くしてフルートに出会い、それ以来世界中で一流のフルート奏者として活躍してきた国内トップクラスの音楽家。多数に及ぶ受賞歴、60枚以上に渡る作品発表、世界中の名だたる楽団及び音楽家との共演と数々の功績を残しているアーティストである。2015年には活動開始から50年となり、実に半世紀に及び音楽家人生を記念した特別イベントを行っている。国内からは村松賞、京都芸術祭特別賞に輝き、さらに深い繋がりを持つフランスからはフランス国大統領賞を授けられるなど国内だけに留まらない支持を得ている。フランスは彼が学生時代を過ごした場所でもあり、かつて通っていた桐朋学園大学を中退してフランスへと渡っている。当時出場したコンクールでは軒並み入賞、イギリス室内管弦楽団、モスクワ放送交響楽団など多数の世界的楽団と共演を果たしながらリサイタルなどで世界を回り評価を獲得する。世界各国を股にかける活動で、その数およそ40か国。そのいずれもトップクラスの評価であり、彼の名を世界へと広めた。精力的な活動は若手の育成にも表れており、東京音楽大学や大阪音楽大学にて教鞭を取ることもある。半世紀に及ぶ活躍はそのまま新たなスターの育成へと注がれている。

工藤重典が好きな方はこんなチケットもおすすめ