宮藤官九郎とは「クドカン」の愛称で親しまれる人気脚本家で、監督、俳優、バンドマンなど幅広く活躍する。1991年に松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に入団。2000年にはTVドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の脚本を担当し、注目を浴びる。2005年「真夜中の弥次さん喜多さん」で映画監督デビューを果たし、舞台「鈍獣」で第49回岸田國士戯曲賞を受賞する。パンクコントバンド「グループ魂」では「暴動」名義でギターを担当するなど宮藤官九郎の才能は多方面に発揮され、とどまることを知らない。

宮藤官九郎(クドカン)の日程

12人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宮藤官九郎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宮藤官九郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

宮藤官九郎について

宮藤官九郎の魅力とは

宮藤官九郎とは「クドカン」の愛称で親しまれる人気脚本家で、監督、俳優、バンドマンなど幅広く活躍する。好きなミュージシャンはゆらゆら帝国。自身の作中でも楽曲を使用している。ミステリー執筆中、犯人を簡単に見破られてしまって公園の噴水で頭を冷やしているのを妻に目撃される、街で見かけた変わった人を尾行する、など変わったエピソードは数多い。

1991年に松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に入団。2000年にはTVドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の脚本を担当し、注目を浴びる。2005年「真夜中の弥次さん喜多さん」で映画監督デビューを果たし、舞台「鈍獣」で第49回岸田國士戯曲賞を受賞する。2013年上期の連続テレビ小説『あまちゃん』の脚本を担当し、同作品は一大ブームを巻き起こした。

パンクコントバンド「グループ魂」では暴動名義でギターを担当し、2005年には「君にジュースを買ってあげる♥」で第56回NHK紅白歌合戦出場を果たしている。なお、メンバーのほぼ全員が俳優、作家、飲食業などとの兼業ミュージシャンである。各々の本業が忙しいためリリースの間隔が空くこともしばしばである。

宮藤官九郎(クドカン)が好きな方はこんなチケットもおすすめ