首振りDollsは、2012年1月に北九州で結成された3ピースバンドである。初期パンクやグラムロック、ハードロックなどをルーツとしており、衝動溢れるサウンドとホラーテイストなメイクが特徴と言える。また、ドラムヴォーカルをフロントとした派手なステージングで注目を集めながら、若い世代から往年のロックファンまで幅広い世代からの人気を獲得している。2013年には北九州のご当地ヒーロー・アースマンのテーマソングを担当し、北九州市政50周年を記念したイベントで生演奏を行うなど各所から注目を集めている。昨今では、年間100本を超えるペースで全国で精力的にライブをこなし、その名を轟かせている注目のバンドだ。

首振りDollsの日程

2人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

首振りDollsの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

首振りDollsのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 00:00更新)

首振りDollsについて

首振りDollsの魅力とは

首振りDollsは、2012年1月に北九州で結成され、成長を続ける3人編成のバンドである。メンバーは、マゴ ナオヒロ(Vo./Dr.)、ハヤシ アキヒロ(Gt./Vo.)、ナカザワ タツロウ(Ba.)の3名で構成されている。ドラムヴォーカルをフロントとした3ピースバンドであり、派手なステージングとホラーテイストなメイクが印象的である。楽曲は、昭和歌謡やガレージ、そして初期パンクやハードロックのルーツを融合した独自のサウンドが注目を集め、舞台を見ているようなステージが彼らの魅力とも言える。

2013年7月に1stアルバム「首振人形症候群」を発売すると、2015年にはシングル四連続リリース企画をスタートさせ、3月に1stシングル「金輪罪」、7月に2ndシングル「ピンクの実」、11月に3rdシングル「色子」、2016年1月に4thシングル「イージーライダー」と立て続けにシングルをリリースしている。シングルリリースのたびに全国ツアーを敢行し、年間100本を超えるペースで精力的にライブをこなした。2016年3月にシングル4連続リリース企画の締めくくりとして、京都の磔磔にてワンマンライブ「首振人形舞踏会 磔磔独演 ~悲鳴の祭典~」を開催し、同年8月にそのライブの様子を上映する映画イベントを開催している。今後の活躍から目が離せない。

首振りDollsが好きな方はこんなチケットもおすすめ