元東方神起、JYJユチョンのプロフィールの詳細!経歴や生い立ちまで深掘り!結婚報道の真相は?

元東方神起、JYJユチョンのプロフィールを詳しくご紹介!読めばユチョンを知り尽くすことが出来ます。生い立ちや経歴、性格や魅力などの他にユチョンの身体に刻まれるタトゥーたちの意味まで!ユチョンの詳細を知ることが出来ます。現在、兵役中で除隊日はいつなのか。話題の結婚報道はどうなる?今世間を騒がせるユチョンに再注目!

ユチョンのプロフィールをより詳しく紹介!

(出典:PAKUTASOより)

元東方神起であり、現在JYJのユチョン。2017年には結婚報道がありましたが、その真相はどうだったのでしょうか?
日本でも人気のJYJユチョンのプロフィールを詳しくご紹介していきます。これを読めばユチョンマニアになれるはず!是非、ユチョンに詳しくなって下さいね!

ユチョンのプロフィール

  • ユチョン(ミッキー・ユチョン)Micky
    Yuchun
  • 本名:パク・ユチョン(박유천、朴裕天)
  • 出身地:韓国ソウル市、アメリカバージニア州
  • 生年月日:1986年6月4日
  • 身長:180cm
  • 血液型:O型

現在は31歳。韓国年齢では32歳です。東方神起ではミドルローパート・ラップ担当を担当していました。メンバーの中でも特徴的で覚えやすい歌声をしています。東方神起時代から作詞・作曲・編曲にも多く参加しています。JYJとして活動し始めると同時期から俳優活動にも力を入れており、「トキメキ☆成均館スキャンダル」
「ミス・リプリー 」「屋根部屋の皇太子 」「会いたい 」など人気作品の主演を務めて俳優としても人気となりました。ドラマのOSTにもユチョン自身が参加しているものもあります。

ユチョンの大変だった生い立ち

1986年6月4日、韓国ソウル市で誕生します。1998年、IMF危機(韓国経済悪化)の影響を受けて、家計が苦しくなった一家は新たな仕事を求めて、両親と4歳下の弟ユファンと共に渡米します。小学校6年生からアメリカのバージニア州で暮らし始めました。しかし、言葉がわからないため学校になじめず、家庭でも以前から喧嘩が絶えない両親の仲がさらに悪化して結局離婚することとなってしまいました。ユチョンと弟ユファンは母親に引き取られて、女手一つで異国の地で子供を育てなければならないため、夜遅くまで働き詰めだったものの生活は苦しく、兄弟は毎晩カップラーメンで飢えをしのいでいたこともあったそうです。
「このままでは自分のせいで子供の未来が犠牲になる…」と考えた母親は、離婚した父親と話し合い、その後、ユチョン兄弟は父親の元で暮らすこととなりました。高校に進学したユチョンは家計を助けるべく肉体労働に励む傍ら、幼少期から歌手になるのが夢だったユチョンは、慣れない土地での孤独感からピアノと音楽に没頭しました。

のちにユチョンは「弟にだけは僕と同じ思いをさせたくなかった。バイトで貯めたお金で、弟が必要なものは全て買いました。学校の送り迎えも僕がやっていたんです。きっと僕はは、両親にやってほしかったことを、弟にしてあげようとしたのだと思います。」と語っています。

ユチョンの経歴

2001年、歌謡大賞を受賞しました。オーディションを受けるため自ら渡航費を用意して、単身で韓国に帰国。そして2003年KBN青少年歌謡祭特別賞を受賞後、SMエンターテイメントに入社し、17歳の時に練習生になりました。
練習生期間が1年半という他に比べ、短い期間でデビューしたため、周りの風当たりが強かったそうですが、その孤独感を救って支えてくれたのがジェジュンとユンホでした。
2004年に東方神起としてSMエンターテイメントから5人組としてデビュー。日本でもドーム公演を行うほどの人気を博したグループでしたが、2009年に活動休止し、メンバーのジュンス、ユチョンと共にジェジュンも東方神起から脱退しました。
その後、C-JESに所属し、JYJという3人組となりました。日本と韓国だけにとどまらず、中国・台湾・マレーシア・タイ・米国、カナダ、スペイン、ドイツ、ペルー、チリでも公演を行いました。JYJの活動と同時に俳優活動も始め、主演作品は毎回話題となり、演技も高く評価され、俳優としていくつもの演技賞を受賞しています。日本でファンミーティングを行うなど単独でも活動を行っていました。

2015年8月27日に入隊し、現在は兵役中で芸能活動は休止しています。江南区庁の社会服務要員として配属されています。除隊日は2017年8月26日と予定ですされています。もうまもなくですね!

ユチョンの性格、魅力は?

東方神起ユチョンの魅力

東方神起5人で活動していた頃、ユチョンの何よりもの魅力はその『』でした。東方神起を知った時は違うメンバーに惹かれていたのに、ユチョンの声を聴いてからその美声の虜になってしまったというファンは少なくないはずです。非公式のファンサイトで「誰のペン(ファン)?」というアンケートでは常に1、2位に君臨していました。低音で色気のある声、そして綺麗な日本語の発音には聴けばハマってしまいます。
そして、メンバー内では5人の中で年齢的にちょうど真ん中でみんなを癒すポジションに居ました。特にジュンスには、トークですべってもユチョンだけはずっと笑顔で居てくれる、優しい存在でした。ユチョンの可愛い笑顔も魅了のひとつです。

多才な才能の持ち主

東方神起時代から作詞・作曲・編曲をユチョン自らが手がけています。バラードからラップまで歌でも幅広くこなしています。ピアノも上手で日本のライブで『Begin』をユチョンのピアノ演奏で歌うというステージも披露してファンを魅了しました。アメリカで暮らしていたこともあり、やはりメンバー内で英語が最も上手く、ソロ曲で歌詞は全て英語のものや、英語曲のカバーなど語学力も高く、ユチョンにしかない魅力も見せてきました。また、音楽好きと公言していたユチョンが俳優活動を始めたことに世間を驚かせましたが、演技は高く評価され、主演作品は毎回話題作品となりました。芸能人としてどの分野においてもこなすユチョンは常に注目されてきました。

数々彫っているタトゥー

メンバーのジェジュンもタトゥー中毒と言われるほど、身体に刻んでいますが、ユチョンも数々のタトゥーを彫っています。

“Hi yaya夏の日”のMVの撮影をしたフランス領ポリネシアのソシエテ諸島にあるボラボラ島で、右足首に”MUSE(ミュゼ=音楽の神様)”という文字を入れました。
2006年、アメリカで、”TVfXQ MYC”(東方神起 ミッキー)と腰に。
2009年、「”Always keep the faith(いつも信念を貫け)」を左胸に。
その後JYJの仲間であるジェジュン、ジュンス、そして最愛の弟ユファンの名前を付け足し、母への思いを込めて、右の肩甲骨に母の似顔絵とともに「mommy faith(ママへの信頼)」と入れました。

ジェジュンと共に入れることが多く、ジェジュンの彫っているタトゥーと似ていたり、同じタトゥーを彫っています。

スキャンダルが多い一面も、、

東方神起活動休止から、解散まで世間を騒がせました。ユチョンは芸能人との熱愛報道もこれまでにいくつかありました。また、 性的暴行の疑いを持たれた事件に対し、すべてにおいて嫌疑なしの判定を受けたことなど、ニュースの話題の的となりました。それだけ注目をされている大物芸能人ということでもあります。

2017年に結婚か?今注目されている!

現在兵役中のユチョンに『2017年秋に一般女性と結婚か!?』というニュースが報道されました。世間とファンは大きく衝撃を受けました。

ユチョンが現在、兵役中ということもあり、公式的に発表もまだ無く、今後の活動についても語られていないのでまだ詳しくは分かっていません。まずは除隊を待つ!という状況です。ファンもドキドキと不安とで待ちきれません。今後のユチョンの活動に注目が高まっています。

ユチョンのオススメ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。