韓流イケメンの競演「夜警日誌」おすすめ動画3選!

3月にNHKホールでプレミアムイベントの開催が決定したファンタジーロマンス時代劇 ドラマ「夜警日誌」。話題を呼んだイケメン俳優の競演再び!ということでまた注目を浴びています。

イ・リン役のチョン・イル、ムソク役のユンホ(東方神起)が来日予定。さらに!ドラマ挿入歌を歌うEDENも出演が決定しています。

NHKホールであの感動がよみがえる、こんな特別なイベントは見逃せません。イベント前に話題のドラマ「夜警日誌」のおすすめの回を振り返って気分を盛り上げてみましょう。

「夜警日誌」おすすめ動画3選!その1「第14話」

胸キュンがポイントのこのドラマ。なので真っ先にオススメしたいのは第14話です。イ・リン(チョン・イル)がドハ(コ・ソンヒ)に哀絶な気持ちを伝える恋を告白し、本格的に三角関係が始まります。セリフ、言葉遣いが丁寧なのでそれが余計にキュン!という気持ちにさせてくれるのだと思います。

イ・リンはドハに「漢陽(ハーニャン:今のソウル)に住む理由は、サダム(キム・ソンオ)がいるからか?」と尋ねますが、ドハはそんな彼の気持ちに気づかずに「あの人が私にとってどんな意味なのか、ご存知じゃないですか?」と任務を強調します。

そして、イ・リンは「ドハ、君が漢陽にいる唯一な理由が僕であってほしい」と恋心を伝えるのです。ドハはときめく気持ちを隠せずに、そして驚いた表情でことばを失います。そんな二人の後ろには、ムソク(ユンホ)の切ないまなざしですべての状況を見守っている姿があるのです。ムソクもドハに格別な愛情を感じ始めた時点で、この3人の恋がもつれる瞬間です。

「夜警日誌」おすすめ動画3選!その2「第24話」

ハッピーエンドで終了の最終回はもちろんリピ確定の素敵な回です。特に注目したいのは、物語の終盤です。王位に上がったイ・リンは、無念で死ぬ人がいない新しい朝鮮を作ろうとします。守護霊の3人も、役割を終えて、イ・リンのもとを去っていきます。

イ・リンは、幼い少女の姿だったランが実は母の王妃の魂だった、と言うことを知って涙した場面は涙を誘うシーンですよね。また、傷が治癒していないにもかかわらず、夜警軍として生きようとしていたムソクは、イ・リンの説得によって夜警軍を断念します。

夜警軍の武器と夜警軍日誌は、誰にも見つからない場所に封印され、幽霊によって人々が惑わされることがなくなります。それ以来ムソクは、以前から望んでいた辺境で朝鮮の防衛に従事して、他の誰かの幸せではなく自分の幸せを追求するという生活を送ります。

そして。みんなが臨んだハッピーエンドシーン。王位に上がったイ・リンのために白頭山に戻って行ったドハは、自分を忘れずに訪れてきたイ・リンの心を受け止め、二人は身分を越えた本当の愛を手に入れるのです。真の赦しと幸せ、そして愛とは何なのか。強烈なメッセージが観る人の心を引き寄せてきたこのドラマ。その魅力がギュッと詰まった回です。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。