U-KISS イライの魅力的な声にあなたも魅了される…?

U-Kissは2008年に1stミニアルバム「New Generation」をリリースしデビューした韓国の男性アイドルグループです。日本では2013年12月に1stシングル「Tick Tack」でデビューしました。

U-KISSには何度かメンバーの脱退や新加入がありました。2014年の6月からはスヒョン、キソプ、イライ、AJ、フン、ケビン、ジュンの6人で活動しています。今回はその中からラップ担当のイライをご紹介します。

U-KISSのイライ:プロフィール

  • 韓国語名:キム・キョンジェ
  • 英語名:Elison Kim
  • 誕生日:1991年3月13日
  • 身長:180cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:O型
  • ポジション:ラップ

イライはアメリカ出身の韓国系アメリカ人3世です。サンフランシスコで生まれ、ワシントン D.C.で育ちました。英語名のElisonから、Eliというニックネームで呼ばれることもあります。家族は両親の他に、姉と妹がいます。

特技はカンフーやテコンドーです。U-KISSのメンバーになる前は、アクション俳優を目指していました。中国の北京で中国武術を学んでいたこともあり、北京語も話すことができます。U-KISSの中で、もっとも体格の良く、男らしい性格のメンバーですが、動物の物まねが得意というお茶目な面も持っています。

U-KISSのイライ:ソロダンス&デュエット

2012年の武道館で行われたライブのソロステージでイライは女性ダンサーとともにロマンチックなカップルダンスを披露しました。楽曲はアメリカ出身のシンガーソングライターのNE-YOの「Mad」です。

イライのダンス「Mad」

旧メンバーのドンホとのユニットステージでは、日本の音楽グループのM-Floの「Miss You」を歌いました。

「Miss You」

U-KISSのイライ:JAMOSAとコラボ

イライはU-KISSメンバーのケビンととともに歌手のJAMOSAとコラボレーションし、2011年12月にシングル「Together」をリリースしました。

JAMOSAは、日本と台湾のハーフです。「Together」は日本、韓国、台湾、アジア、世界へとつなぐ「絆」を表現した楽曲です。歌詞には日本語と英語と韓国語が使われています。「Together」のメイキングとMVの一部が紹介されている動画をご覧下さい。イライはラップのパートを担当しました。

U-KISSのイライ:俳優としての活動

2010年にU-KISSの元メンバーのキボムとともに、タイのドラマ「同じ空の下の地平線」に出演しました。イライは、タイのスターのマリオと一緒に主役を演じました。

2011年にはMBC every1「リアル・スクール」に出演しました。U-KISSメンバーのキソプや、当時メンバーだったドンホ、超新星のメンバーのグァンスと共演しました。全寮制のエリート校を舞台にしたシットコムです。

2014年にはMBC MUSICのシットコム「ジオファミリーシーズン1-メンタル死守」に出演しました。ドラマとミュージックビデオを組み合わせた1話完結のミュージックドラマです。

U-KISSのイライ:ユニット「uBEAT」

イライはU-KISSのメンバーのAJとユニット「uBEAT」を組み、活動しています。2013年4月には韓国でuBEATの1stミニアルバムをリリースしました。

アルバムのタイトル曲「Should have treated you better」は、韓国で有名な作曲家の勇敢な兄弟が制作しました。この楽曲には、U-KISSのメインボーカルのケビンも加わっています。

Should have treated you better

U-KISSのおすすめ記事

U-KISSのイライのパフォーマンスを観に行こう!

U-KISSのイライについてご紹介しましたが、いかがでしたか?イライは、ラップだけではなく、ダンス、ボーカル、演技でも幅広く活動していますね。チケットキャンプではU-Kissのチケットも取り扱いしています。ぜひU-KISSのメンバーやイライに会いにきてください。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。