【速報】東方神起スペシャルカムバックライブ YouR PresenTが開催決定!2017年再始動アルバムのカムバはいつ?

東方神起がアジアプレスツアー「TVXQ!ASIA PRESS TOUR 2017」初日韓国での会見で今後の活動を発表。9月から「東方神起WEEK」と題しユノとチャンミンのソロ曲を「STATION」シーズン2で順次公開。9月30日からの2daysはソウルで「スペシャルカムバックライブ YouR PresenT」を開催します。今後のアルバムリリースについては来年あたりになりそうです。ここから最新情報をお届けします。

東方神起、アジアプレスツアーで今後の活動を発表

東方神起が、本日2017年8月21日(月)ソウルでの記者会見からスタートさせているアジアプレスツアー「TVXQ!ASIA PRESS TOUR 2017」で、今後の活動を発表しました。

このプレスツアーの日程詳細については以下記事で簡潔にまとめています。

【レポ】東方神起が完全復活!アジアプレスツアー2017で来日決定!ソウル・東京・香港などアジア3都市を回る

二人揃って2年ぶりの公式イベント登場に世界中のファンから歓喜の声があがっていますが、日本のトンペンさんには最高のプレゼントがありましたね。3度目のドームツアー開催決定です!

【速報】東方神起 ライブツアー2017「~Begin Again~」開催決定!日程・会場・先行申込詳細まとめ

先日のチャンミンの除隊日からもう全国のトンペンさんがお祭り騒ぎで東方神起の復活をお祝いされていますが、この活動再開を2年もずっと待っていたんですから今は最高潮に嬉しい瞬間ですよね。

【祝】東方神起 チャンミンが8月18日ついに除隊!現地の様子&ファンのお帰りコメントまとめ

さて本日19:30からは東京で記者会見が開かれます。お二人も1日でソウルから東京に飛んで超絶タイトなスケジュールをこなされていると思いますが、この会見での様子も非常に楽しみですね!

ここからソウルの記者会見で発表された東方神起の今後の活動についてまとめていきます。

①東方神起「スペシャルカムバックライブ YouR PresenT」開催決定

韓国での活動については大まかに2つ発表がありました。

まず9月からはソウルで2days公演の「スペシャルカムバックライブ YouR PresenT」を開催することになりました。

このライブでは、近況に加え2人の新曲も最速で披露される予定となっており期待が高まっています。

イベント名

東方神起スペシャルカムバックライブ – ユアプレゼント – (TVXQ!Special Comeback Live – YouR Present)

開催日

2017年9月30日、10月1日

会場

蚕室総合運動場室内体育館

②ソロ曲発表

続いて、9月25日にはユノのソロ曲「DROP」が、9月29日にはチャンミンのソロ曲が、SMデジタル音源公開チャンネル「STATION」シーズン2で順次公開されることになりました。

そのあと9月30日・10月1日に前項のスペシャルライブが開催されることから、この9月25日からの1週間を「東方神起WEEK」と題し大々的にイベントを盛り上げる予定です。

「DROP」は既にSMTOWN2017でも披露されていますが、チャンミンもソロ曲をリリースするということでこちらはどんな曲になっているのか、来月の「東方神起WEEK」が待ち遠しいですね。

アルバムのカムバックはいつになる?

またニューアルバムについても言及があり、現状「来年初めの発売を目標に制作を準備している」ということでした。

確かに年末は日本でドームツアーがありますし、スケジュールが詰め詰めなので、来年ツアーが終了した後にアルバムをリリースし本国でカムバック活動を行うようですね。

長い間待ってくださったファンの方々を失望させないことを最優先に良いアルバムで戻れるよう作業を進めているとのことですので、来年のニューアルバムのリリースも楽しみに待っていたいですね。

東方神起の韓国活動についてトンペンさんの反応は?!

東方神起アジアプレスツアー、本日東京での会見にも注目集まる


(出典:pixabayより)

記者会見での東方神起お二人の姿が2年間という歳月を感じさせない、さらに凛々しさや力強さをまとって若々しくなったような印象で本当に驚きました。

本日東京での会見では、すでに公表されているドームツアーについて、また今後の日本活動について言及があると思いますが、お二人の日本語を話す姿が見られるだけでも感動で胸がいっぱいになりそうです。

韓流ウォッチャーブログではこのあとも最新情報をいち早くお伝えしていきますので、ぜひ引き続き更新をチェックしてみてくださいね。

東方神起に関連するその他おすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。