SUPER JUNIORのIt’s youは一途に愛を伝え続ける…

さまざまな韓流アイドルを見てきた私ですが、SUPER JUNIORは本物だと思います。まず10年生き残っている時点ですごいですよね。韓国では年間150組がデビューしていて、そのほとんどが1枚か2枚のシングルを出しただけで消えていきます。

そんな中、ヒットを飛ばし、日本デビューもし、さらに2015年で10周年を迎える…それだけですごいのです。

今回は、そんなSUPER JUNIORのアイドル力を確かめるような一曲をご紹介します。それが「It’s you」です。なにが「君だと」なんでしょうか?それは、歌の中で解き明かされていくのです…ではご覧ください☆

まずはIt’s youを聞いて見よう☆SUPER JUNIORのアイドル力を確かめよ!

まずは聞いてみましょう!韓国がわからなくてもシリアスな歌だということはわかりますよね!ハッピーなラヴソングとは縁遠い感じがします。

そう、この曲は、一途なラブソングなのですが、幸せ系とは違うのです。思っているのだけれど、届かない…でもひたすら思う…そんなちょっと重めの歌なのです。

そこに迷いはないですし、ためらいもありません。ですが、どこかヘヴィー。それは曲調もそうですし、画面の雰囲気もそうですね。そして実際に歌詞をみてみると、ああ、わかるなあ、ってなるのがこの曲なのです。

It’s youの日本語訳をみてみよう☆SUPER JUNIORののアイドル力を確かめよ!

ではここで、日本語訳をみてみましょう!

いかがですか?

そう、恋がかなった歌ではないのです。重くて一途な愛の曲ですね。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。