SUPER JUNIORのリーダーイトゥクに詳しくなろう!バラエティの司会もこなすその素顔は!?

2005年に誕生したグループ「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」個性的な楽曲&ダンスで人気を集める大人数アイドルです。今回はグループのリーダーをつとめる、イトゥクのプロフィールを徹底調査!リーダーとしての役割や、ソロでの活躍ぶり、ソロステージなどを含めて紹介していきます。このプロフィールを読めば、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のイトゥクの魅力に惹かれること間違いなしです!

【SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のリーダー「イトゥク」のプロフィールで彼の魅力を知ろう!】

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)は2005年に1stアルバム「Super Junior 05」でデビューした韓国の男性アイドルグループです。

元々はメンバー編成が変化していくというコンセプトのもとに作られたアイドルでしたが、ファンの要望によりメンバーが固定され、現在の形となっています。

2009年の3月に発売されたアルバム「SORRY, SORRY」で、特徴的なダンスと音楽でヒットを収め、人気アイドルの仲間入りを果たしました。初の日本語版のシングルは、2011年6月にリリースされた「美人 (BONAMANA)」です。

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)は多彩な11人のメンバーがいます。それぞれのメンバーの個性を生かし、「Super Junior-K.R.Y」や「Super Junior-T」など、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)から派生したグループやユニットもあります。

今回はこの中から、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のリーダーでもあり、グループの最年長イトゥクのプロフィールや活躍をご紹介します。

【SUPER JUNIOR(スーパージュニア)イトゥクプロフィールその1:グループの最年長であり、リーダー】

Love Love Love 😪💙 #leeteuk

A post shared by leeteukpics (@xspecialxsjx) on

まずはイトゥクの基本的なプロフィールからご覧ください。

  • 誕生日:1983年7月1日
  • 本名:パク・ジョンス
  • 身長:178cm
  • 体重:59kg
  • 血液型:A型
  • 出生地:ソウル恩平区

イトゥクのプロフィールにかかせないのは、所属グループの「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」姉との外出中にスカウトがきっかけで事務所に入り、約5年間練習生としてデビュー前の下積み時代を過ごしていたそうです。

そしてイトゥクは2005年、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のリーダーとなりました。自己紹介では「少女たちの大統領」とのキャッチフレーズをよく用いており、イトゥクは派生ユニットのSuper Junior-TとSuper Junior-Happyにも参加しています。

芸名のイトゥクは、「特別(トゥクピョル)なリーダーになるように」という意味を込めてつけられたもの。「SUPERJUNIOR(スーパージュニア)」はデビュー以降、メンバーの脱退や不祥事などの騒動が続き、リーダーである彼は最も苦労をしてきました。

また2007年には移動中に、メンバー数人とともに交通事故の被害に遭い、額を100針縫うケガを負ったことも。2012年10月には兵役のために芸能活動を休止しましたが、2014年7月には除隊して活動を再開しました。

【SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のイトゥクプロフィールその2:バラエティで人気の芸能ドル】

イトゥクのプロフィールにかかせないのが、バラエティ番組。SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のイトゥクは大人数のメンバーをまとめるリーダーとしての誠実性や、トーク力と高さなどからゲストやレギュラー、司会者として数多くのバラエティ番組に出演し、高い人気を得ました。

イトゥクはバラエティセンスに優れたアイドル、芸能ドルと呼ばれています。2009年にはSBSの芸能大賞のバラエティ部門で新人賞に輝きました。

イトゥクが出演した番組の中で特に人気があるのは、SBSの「スターキング」や「強心臓」です。強心臓はトーク番組で、2012年には少年時代に起きた両親の離婚などを告白し、イトゥクの姉のパク・イニョンもゲストとして登場したことがあります。

イトゥクはMBC「日曜日 日曜日の夜に」の「今日を楽しめ」というコーナーでも活躍しました。スーパージュニアのメンバーのシンドンと演歌のプロジェクトに参加し、「ヘジュセヨ」というアルバムをリリースしました。

兵役のために出演バラエティのMCを降板したイトゥクでしたが、2017年の現在ではメイク方法などを交えたバラエティFashionN「化粧台にお願い2」や、料理番組のEBS「最高の料理の秘訣」などのMCをつとめており、さらに多くのバラエティのゲスト出演でも活躍中です。

【SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のイトゥクプロフィールその3:長寿番組を支えたラジオジョッキーとしての顔】

バラエティなどのテレビ番組での活躍のほかにもイトゥクは2006年から5年3ヶ月にわたり、メンバーのウニョクとともに「スーパージュニアのキス・ザ・ラジオ」という番組でディスクジョッキーとしても活躍していました。この番組はシュキラという通称で、親しまれています。

イトゥクやウニョクは忙しくなったため、2011年12月4日の放送を最後に降板し、その後はソンミンとリョウクがディスクジョッキーを引継ぎました。さらにソンミンがリョウクの兵役のために番組を降板した後の2016年4月には、イトゥクウニョクのコンビが復活。

その後ウニョクも兵役のために番組を降板し、番組放送開始から10周年を迎えた2016年の10月には、イトゥクのディスクジョッキーの回で番組が終了しています。

韓国の深夜帯のラジオでは長寿番組として親しまれており、オープンスタジオでファンが直接観覧できるスタイルで人気を博していました。リーダー、司会者としての顔と共に、イトゥクのプロフィールには名DJとしての活躍も外せません!

【SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のイトゥクプロフィールその4:ソロステージのパフォーマンス】

😈 #leeteuk

A post shared by leeteukpics (@xspecialxsjx) on

最後に紹介するイトゥクのプロフィールは、アイドルとしての魅力が詰まったイトゥクのソロステージです。

ソロステージ1つ目はSUPER SHOW2のソロステージです。イトゥクはシンガーソングライターのパク・ジニョンの「Honey」を歌いました。恋に落ちてしまった女性を誘惑するような歌詞に加え、女性ダンサーとのセクシーなカップルダンスに悲鳴が止まりません!

SUPER SHOW2のイトゥクのソロステージ動画はこちら

2つ目はSUPER SHOW4のソロステージです。映画「ノッティング・ヒルの恋人」の主題歌でも有名なシャルル・アズナヴールの「She」を甘い歌声で歌いあげながら、赤いバラをゴンドラに乗って客席に届けるというロマンチックなステージ。

最後にはファンの1人に直接バラを届け、手のひらにキス!ファンでなくても恋に落ちてしまいそうな内容ですね。

SUPER SHOW4のイトゥクのソロステージ動画はこちら

SUPER JUNIORの最新記事一覧

【SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のリーダー、イトゥクの才能あふれるプロフィール】

(出典:photoACより)

韓国でも長年活動を続けているアイドルとしても有名な「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」。今回はグループを支える頼もしいリーダー、イトゥクのプロフィールを紹介してきました。

プロフィールでも紹介した通り、大人数のメンバーのお兄さん的な存在をつとめるイトゥクは、ソロでは自慢のトーク力を発揮した活動を行っています。

現在はメンバーの兵役によりグループ活動を休止中のSUPER JUNIOR(スーパージュニア)。グループの活動再開までは、イトゥクのMCなどのソロ活動を見守ってみるのもいかがでしょうか?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。