スーパージュニア イトゥクはバラエティで人気な芸能ドルだった!?

スーパージュニアは2005年に1stアルバム「Super Junior 05」でデビューした韓国の男性アイドルグループです。初の日本語版のシングルは、2011年6月にリリースされた「美人 (BONAMANA)」です。

スーパージュニアは多彩な13人のメンバーがいます。「Super Junior-K.R.Y」や「Super Junior-T」など、スーパージュニアから派生したグループやユニットもあります。今回はこの中から、スーパージュニアのリーダー、イトゥクをご紹介します。

スーパージュニアのイトゥク:プロフィール

  • 誕生日:1983年7月1日
  • 身長:174cm
  • 体重:59kg
  • 血液型:A型
  • 出生地:ソウル恩平区

イトゥクはスーパージュニアのリーダーです。スーパージュニアでは、イトゥクとヒチョルが最年長のメンバーです。イトゥクは派生ユニットのSuper Junior-TとSuper Junior-Happyにも参加しています。

スーパージュニアのイトゥク:バラエティで人気の芸能ドル

イトゥクはゲストやレギュラー、司会者として数多くのバラエティ番組に出演し、高い人気を得ました。バラエティセンスに優れたアイドル、芸能ドルと呼ばれています。2009年にはSBSの芸能大賞のバラエティ部門で新人賞に輝きました。

イトゥクが出演した番組の中で特に人気があるのは、SBSの「スターキング」や「強心臓」です。強心臓はトーク番組で、イトゥクの姉のパク・イニョンもゲストとして登場したことがあります。

イトゥクはMBC「日曜日 日曜日の夜に」の「今日を楽しめ」というコーナーでも活躍しました。スーパージュニアのメンバーのシンドンと演歌のプロジェクトに参加し、「ヘジュセヨ」というアルバムをリリースしました。

スーパージュニアのイトゥク:ラジオジョッキー

イトゥクは2006年から5年3ヶ月にわたり、メンバーのウニョクとともに「スーパージュニアのキス・ザ・ラジオ」という番組でディスクジョッキーとして活躍しました。この番組はシュキラという通称で親しまれています。

イトゥクやウニョクは忙しくなったため、2011年12月4日の放送を最後に降板し、ソンミンとリョウクがディスクジョッキーを引継ぎました。

スーパージュニアのイトゥク:ソロステージのパフォーマンス

1つ目はSUPER SHOW2のソロステージです。イトゥクはシンガーソングライターのパク・ジニョンの「Honey」を歌いました。

SUPER SHOW2のイトゥクのソロステージ

2つ目はSUPER SHOW4のソロステージです。

アルトサックスでケニー・Gの「Loving You」を、ピアノで ショパンの 「練習曲作品10第5番」を演奏しています。主旋律をほぼ黒鍵で弾くため、黒鍵という通称がついている曲です。ピアノ演奏の後に、エルビス・コステロの「She」を歌っています。

SUPER SHOW4のイトゥクのソロステージ

SUPER JUNIORの最新記事一覧

スーパージュニアのリーダー、イトゥクのライブを見に行こう!

スーパージュニアのイトゥクをご紹介しましたが、いかがでしたか?イトゥクは2014年7月29日に約2年の兵役を終えて除隊しました。8月15日にソウルで開催される「SMTOWN LIVE」より活動に復帰します。9月にはワールドツアー「SUPER SHOW 6」もスタートしますよ。

チケットキャンプではSUPER JUNIORのライブチケットを取り扱っています。ぜひ才能溢れるイトゥクのステージを観にきてください。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。