SUPER JUNIORのダンシングマシーン!ウニョクの魅力に迫る!ダンスの実力とは?

SUPER JUNIOR ウニョク、彼のダンスの実力とはどのようなものか、いまのウニョクに至るまでなどウニョクの魅力を深掘りしていきます。ウニョクのダンスの実力が分かる動画を厳選。どうやってダンスが上達したのか、幼少期の秘話など。

SUPER JUNIORウニョクのダンスの実力とは!?


(出典:pixabayより)
グループ内ダンスの実力ナンバー1!SUPER JUNIOR のウニョク、彼のダンスの実力とはどのようなものか、いまのウニョクに至るまでなどウニョクの魅力を深掘りしていきます。

SUPER JUNIOR って?

SUPER JUNIORは東方神起や少女時代などが所属する、SMエンターテイメント所属の現在は11人グループです。
SUPER JUNIORは今までのグループとは違い、歌手だけでなくタレント、俳優、MC、お笑い、作曲家、モデル等、各分野のトップスターを輩出することを目的としているグループとして結成されました。
2005年11月6日 12人のメンバーでデビューしたSUPER JUNIORは、シングル ‘U’ から新しいメンバーとして、キュヒョンが加わり、13人になりました。
その後、キボムと中国人メンバーハンギョンが脱退し、現在の11人体制になりました。メンバーがそれぞれの分野において、最高のスターになるためグループだけでなく、活発に個人活動も同時に行っています。

SUPER JUNIORウニョクのプロフィール

  • ウニョク(은혁)
  • 本名:イ・ヒョクチェ(이혁재,李赫宰)
  • 生年月日:1986年4月4日
  • 身長:176cm
  • 血液型:O型

韓国京畿道高陽郡(現:高陽市)陵谷で生まれます。家族は、父、母、姉の4人家族で、ウニョクのSNSで家族はたびたび登場し、家族ととても仲の良いことで有名です。

SUPER JUNIOR では、ダンスセンター・ラップ担当です。お笑い・バラエティ面の担当でもあるためバラエティ番組にも出演が多く、ダンスバトルなどでダンスを披露することも多くあります。
SUPER JUNIORの派生グループ Super Junior-T、Super Junior-Happy、Super Junior-M(2010年から)の一員でもあります。

ウニョクのダンスの実力!

ウニョクがSUPER JUNIORとしてデビュー後のウニョクの披露してきた舞台の中で、彼のダンスの実力が分かる動画をいくつかご紹介します。

鍛え上げられた身体を活かしたセクシーなダンス

SUPER JUNIORのワールドライブツアーSUPER SHOW4でのウニョクのソロステージです。曲は『Sorry Sorry Answer』です。やはりウニョクのソロステージでダンスで、曲に合わせたプロダンサー顔負けのしなやかでセクシーなダンスを披露しており、曲後半では鍛え上げられた肉体美を披露しています。

マイケルジャクソンのダンスをカバー!

テレビ番組でマイケルジャクソンの曲でカバーダンスしており、ダンスの技術が光っています。ウニョクはスリムな体型で軽やかなダンスで細かい足技などがとても上手です。ウニョクのダンスは細かい技こそが彼の武器と言えるでしょう。

『Mr.Simple』のウニョクソロダンスパート


SUPER JUNIORの代表曲の一つ『Mr.Simple』の曲後半にあるウニョクのダンスソロパートの部分を沢山集めたものです。レベルの高いアクロバティックな技を毎回舞台で披露していました。『Mr.Simple』の舞台の見せ所でもあります。やはり、他のメンバーとは魅せ方が違います。

『Sorry Sorry』の後半ダンスパート!

やはり、SUPER JUNIORで欠かせない名曲『Sorry Sorry』は曲の中毒性で爆発的な人気曲となりましたが、曲後半にあるダンス部分も話題となりました。SUPER JUNIORのダンスが得意なメンバーのシンドン、ドンへ、ソンミン、イトゥク、ハンギョン、シウォンと共に踊っていますが、ダンスではやはりウニョクが圧倒的なセンターです。『Sorry Sorry』のダンス部分はウニョクの魅力が際立っていますね!

SM TOWNのユニットMAXSTEP

所属事務所SMエンターテイメントのアーティストの中からダンスが上手いメンバーが厳選されて一時的に作られたユニットです。その中にウニョクももちろん入っており、最年長メンバーですが、他のメンバーとも引けを取らない素晴らしいダンスを見せています。

このMVが公開される以前からもSMTOWN LIVEのダンスステージでSHINeeテミンや少女時代ヒョヨンなどと共にダンスを披露していました。ウニョクはSUPER JUNIORでのダンシングマシーンというだけでなく、SMエンターテイメントでもトップクラスのダンサーであると言えます。

SUPER JUNIORのダンスマシーン ウニョクが出来上がるまで

ウニョクは何故ここまでダンスが上手なのでしょうか。そしてどうやってデビューに至ったのでしょうか。幼少期からデビューに至るまでの秘話をご紹介します。

イ・ヒョクチェ少年は小学3年生までサッカー選手になることを夢見るごく普通の少年でした。お姉さんの影響でダンスに興味を持ち始めたのですが、その頃は国民体操レベルで大まかに腕と足さえ伸ばせばダンスだと思っていたそうです。しかし、無条件に踊ることがとても好きでした。「テレビみたいには上手くいかないなぁ」と思いながらも、何もよくわからず身体ねじり、ダンスをしながら2年が経ちました。

小学生の時ジュンスとの出会いがウニョクを変えた?

隣のクラスとサッカーの試合をして、出会ったのが元東方神起のジュンスでした。じぬも踊るのが好きな面白い子だと友達に教えてもらい、たちまち仲良くなりました。ジュンスと仲良くなって一緒に踊って、「自分は歌手になりたい」という夢を抱き始めます。そしてジュンスとそのほかに2人の歌手を夢見る友達と4人で、当時の人気歌手だったHOTの曲に合わせて踊ったり、歌の練習をしたりしました。

歌手を目指すと打ち明け、お母さんは反対しましたが、準備した舞台を見に行って、予想以上に立派な出来だったことと息子が本気だということが分かり、「途中で諦めてはいけないよ」という約束をして、応援してくれました。

中学1年生になり、ジュンスと一緒にSMエンターテイメントのオーディションを受けます。しかし、ジュンスだけが合格してしまいます。

けれど、1年間一生懸命オーディション準備をし、必死に練習をして翌年オーディションに合格、SMエンターテイメントの練習生となりました。

オーディションに合格したらすぐデビュー出来ると思っていたイ・ヒョクチェ少年。しかし、デビューまでは厳しく険しい道でした。学校が終わったら、事務所に行ってダンス練習、歌の練習、またダンス練習、歌の練習、、、の繰り返しでした。練習には終わりが無かったのです。

当時、練習生は多くてみんなで地下の練習室でダンスと歌の練習をし続け、うんざりした時には狭い練習室でサッカーをしたそうです。そのたび何回も反省文を書いたそうで、本当にツライ練習生時代だったと話しています。

学校では歌手を目指してるイ・ヒョクチェ少年はちょっとした話題だったので陰口も耳に入ってきて「平凡だな」「コメディアンみたいだ」「この頃は誰でも歌手になれるのか、本当に笑える。」などと言われたそうです。傷ついたこともあったが、そんなことで落ち込まずに、いつか最高の歌手になったらこんなことは言われないと毎日毎日練習に励んだそうです。

そして、ジュンスとソンミンと3人でデビュー話が持ち上がりました。夜中まで練習をし、ジャケット撮影までしました。しかし、その話は白紙になってしまいました。デビュー目前で駄目になってしまい、しかも一緒に練習していたジュンスとユンホが先に東方神起としてデビューすることになりました。ソンミンはショックを受けて練習に来なかったこともありました。けれどイ・ヒョクチェ少年は親友ジュンスのデビューに喜び、自分は次の機会にかけて歯をくいしばり頑張りました。

SUPER JUNIORウニョクの誕生

そして、6年間という練習生期間の末、SUPER JUNIOR としてのデビューが決定しました。ここでSUPER JUNIORウニョクの誕生となりました。

ウニョクのデビューまでの道のりはとても険しいものでした。だからこその圧倒的なパフォーマンスが見られるのだと思います。ウニョクのダンスの上手さは無条件に踊ることが好きなこととそして努力の賜物です。

映画『I  AM.』で公開された練習生時代のダンス

2012年に公開された映画『I AM. SMTOWN LIVE WORLD TOUR IN MADISON SQUARE GARDEN』ではSMエンターテイメントのアーティストの練習生時代の映像が映し出されていますが、その中にウニョクの踊る様子も収録されています。合成でデビュー後のウニョクが隣で踊るという演出になっています。

現在は、兵役中のウニョクですが2017年7月12日に除隊予定です。もうまもなく、ウニョクの素晴らしいダンスをまた目の当たりにすることが出来ることが期待できそうです。また、SUPER JUNIOR の今後の活動にも期待が高まります。

『SUPER JUNIOR』のオススメ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。