ヴァイオリンが心地良い!スーパージュニアの魅力がつまった一曲「Don’t DON」!

SUPERJUNIORペンの私ですが、いろいろな曲を出していて、見ていて飽きないな~と思います。休みの日になると、ずっとSUPERJUNIORの曲をCDで聴いて、次のコンサートに備える日々。

そんな私ですが、今回は面白い一曲を推して行きたいと思います。それがSUPERJUNIORの「Don’t DON」です。

SUPERJUNIORは大所帯グループで、兵役によって何度かメンバーの入れ替えが起こっています。ですが、グループとしては絶好調で、来年2015年には結成十周年も。そんな苦楽を共にしたメンバーの息のあったPVをご覧いただきたいですね!

SUPER JUNIORのDon’t Donを、まずは聞いて見よう!

ではさっそくですが、一曲お聞きください。こちらがわれらがSuper JUNIORのDon’t DONです。まず歌詞ですが、

ウォンの中に閉じ込められた君について歌ってるんですよ?少なくともラブソングではないですね…

あえて言うなら、社会の絶望と希望を歌った歌!とでもいいましょうか。アイドルなのにこんなコト歌っちゃうなんてビックリしてしまいます。

SUPER JUNIORのDon’t Don! あのバイオリンは誰が弾いている?

ここで気になるのは、バイオリンパートがあるということ。これはいったい誰!? とネットでも話題になりました。

あれは、ヘンリーだと言われています。

ヘンリーは6歳からヴァイオリンをやっているので、そういう説がでているようです。カナダ生まれで、現在はバークリー音楽大学に在学中なんですよ!すごくないですか!?

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。