バラードで泣かせる♡SHINeeオニュのオススメソロ曲、厳選5曲!

SHINeeメインボーカルオニュのソロ曲を紹介します。まだソロデビューは果たしていないものの、色んなアーティストのコラボやデュエット曲、ユニット曲がたくさんあります。また人気ドラマのOSTへの参加もしています。今回はMVと共にオニュソロ曲を厳選して紹介します!

SHINeeオニュの甘い歌声

(出典:Pixabayより)

SHINeeのリーダーでありメインボーカルのオニュ。その歌声は甘くて優しいのに音域がとても広く、初めて生で聞いた人は驚き、すぐに虜になってしまう人も少なくはないようです。

ライブのソロコーナーではオペラ『誰も寝てはならぬ(Nessun dorma)』や徳永英明さんの『レイニーブルー』などを披露してくれていますが、まだソロデビューは果たしていません。来年あたり兵役では?と噂されるオニュですのでファンとしては待ち遠しい所だろうと思います。

では今回は一足先にオニュがSHINeeとしてではなく個人で活動したソロ曲、デュエット曲、ユニット曲などをMVと共ににご紹介したいと思います!

オニュソロ曲オススメ その1『In Your Eyes』

2012年「花ざかりの君たちへ(美しい君へ)」のOSTに収録されている曲です。

初めて出逢ったあの日を覚えてる。眩しく輝いていた そんな日に君がやって来てくれて

感謝してる 本当に。

「花ざかりの君たちへ(美しい君へ)」はSHINeeのミンホの出演ドラマです。歌詞にオニュの甘く優しい歌声がとてもマッチしていると評判だったようです。そしてミンホ自身もオニュのソロ曲の中でこの曲が一番好きだと語っています。

ドラマが人気になる要因の1つとしてOSTは大事なポイントになります。この曲を聴くとドラマの事を思い出してしまう人も多いと思います。日本でも人気だったドラマの韓国版で若い男の子がたくさん出てくる物語でしたが、オニュもその登場人物の1人のような存在なのかもしれませんね。

オニュのソロ曲オススメ その2『バニラLOVE』

イ・ヒョンジが2008年9月にリリースした1stミニアルバム「Kiss Me Kiss Me」に収録されている曲です。

恋に落ちた瞬間 君しか見えなくて 心臓はドキドキする

こちらも可愛い歌詞になっているのですが、どうしてもお隣のイ・ヒョンジの事がファンにとっては気になる所のようです。SHINeeのメンバー同士で歌ってくれるのがファンにとっては理想なのかもしれません。

MVはイ・ヒョンジのみ東京都内での撮影だったようです。オニュはスタジオ収録の時の映像のみ。でも画面に向かって愛きょうたっぷりの笑顔やハートマークを見せてくれています。

ちなみに同年に『バニラLOVE part2』という名前で冬バージョンも発表されました。

オニュのソロ曲オススメ その3 『내가 사랑했던 이름(THE NAME)』

2009年に韓国で発売されたSHINeeの3枚目のミニアルバム「2009, Year Of Us」に収録された曲でキム・ヨヌとのユニット曲です。

僕が愛したその名前 呼ぼうとするほどとても遠くなった その名前を今書き留めて 僕は泣きそうになる 僕の中に隠しておきたくなる 君を愛するしかなかった そんな僕を今は分かってほしい 叶わない恋も恋だから 僕が愛した名前

この曲は少し切ない歌詞になっています。サビの部分の男性2人の声のハーモニーがまた切なさを広げていくようです。オニュにとっては大先輩とのキム・ヨヌさんとのデュエット曲。声が似ている2人はよく当初、両者のファンから「どっちがどっちの声か分からない!」と言われていたそうです。

オニュは実際に去年のキム・ヨヌさんの20周年の記念コンサートにゲスト出演などもしているようです。先輩の胸を借りて勉強させてもらいつつも堂々とした歌声です。キム・ヨヌさんはご自身も長く無名だった時代が続いた苦労人。2014年頃、オニュが喉を痛めた時に親身になって声をかけてくれていたそうです。また今回キム・ヨヌさんもオニュと同じく喉を傷めて引退説まで流れていたところからの復活したばかり。そんな記念のコンサートに出演したオニュは笑顔全開だったようです。

オニュソロ曲オススメ その4『Moonlight 』

2014年の 韓国ドラマ「미스코리아(ミスコリア)」の挿入歌です。

そのまま私はそのまま私は君の後ろに立っているよいつも
そのまま私はそのまま私は君の一歩後ろにいるよいつも

イ・ヨニとイ・ソンギュ主演の韓国ドラマ「ミスコリア」。OSTの中で一番最初に公開されたのがこの『Moonlight』でした。ドラマの中でも一番盛り上がる場面で流れていた事もあり人気のある1曲です。ミスコリアになることを目指しているヒロインを見守っている男性の心情がとても表れています。SHINeeのオニュだとは知らずに聞いていた人もいるかもしれませんね。

オニュソロ曲オススメ その5『잠꼬대(Please,Don’t Go)』

2009年に発売したSHINeeの2枚目のミニアルバム「Romeo」に収録されている1曲でSHINeeのジョンヒョンとのユニット曲になっています。

ダメだよダメだよそんな風に行かないで
どうか一度だけ 一度だけ 僕をもう一度抱きしめて
もう一度目を閉じて君に会いに行くからその場所に止まったままの僕を抱きしめて

8年前のユニット曲ですので、まだ可愛らしい2人にピッタリの歌詞です。ファンにとってはこの2人が仲良く並んで歌ってくれているだけで満足な部分もあるようですね。

先日香港で行われた「SHINee CONCERT SHINee World V in HONG KONG 」でもこの曲を披露してくれたようです。

オニュソロ曲 番外編

音源としては発表されていないものの「SMTOWN LIVE」では様々なユニット曲やデュエット曲が毎回話題となります。その中でオニュもSMの女性メンバーとデュエット曲を披露してくれています。

  • Can I Have This Dance(2012年) f(x)ルナ
  • A Whole New World(2013年) 少女時代 ティファニー

同じ事務所の中でのコラボやユニットは多いようですね。ルナとはテレビ番組で「Beauty&Beast」を歌ったり、元少女時代のジェシカとは「1년 後(One Year Later)」を歌っています。ただやはりファンの中では「ほほえましい」と思えるファンと「見たくない」というファンに二分するようですね。

オニュソロ曲 最新版 !『Starry Night』

昨年8月に発表になったのがアンテナミュージック所属のイ・ジナとオニュのデュエット曲『Starry Night』

私が涙の夜を明かすと、光になってください。私もあなたの不安な夜に光になってあげる。

歌詞も特徴的ですが、今までのオニュのイメージとは少し異なったモダンでポップでちょっとジャズの要素もミックスされた楽曲です。MVがアニメーションなのも雰囲気がありますね。

オニュソロアルバムの発売は?

今年の12月14日の誕生日で28歳になるオニュ。韓国男子は基本19~29歳の間の2年間の入隊しなければなりません。オニュも来年がそのタイムリミットではないかと噂されています。SHINeeの中ではすでにジョンヒョンとテミンがソロデビューを果たし、テミンは今年武道館でのソロコンサートも控えています。そうなってくるとファンとしてはオニュのソロデビューへの期待感が高まる一方です。

「SHINee WORLD 2017〜FIVE〜」では「君のせいで」の冒頭部分でオニュの特別なソロパートもあり、とても好評でした。喉を1度手術していることはありますが今は完全復帰してます。せめて兵役に行く前には!というのがファンの心理ではないでしょうか?

オニュソロ曲のオススメの記事はこちら

オニュソロ曲を堪能したい!

オニュのソロデビューと同じくドームツアーの発表も未だ無くファンにとってはお預け状態です。それでも7月にはSHINeeとしてオニュも「SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI IN JAPAN」への出演が決まっています。 今年は誰かとのコラボはあるのか?期待したいところですね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。