SHINee WORLD2016~D×D×D~ Special Editionに行く前に!おすすめアルバム

2016/1/30~5/19までツアー公演SHINee WORLD 2016~D×D×D~を行っていたSHINee。2016/5/14(土)からは東京ドームと京セラドームで2公演ずつ、SHINee WORLD 2016~D×D×D~ Special Editionが控えています。ここでは、SHINee WORLDの前には聴いておきたい日本オリジナルアルバムとおすすめの楽曲をご紹介します。

2016/1/30~5/19までツアー公演SHINee WORLD 2016~D×D×D~を行っていたSHINee。2016/5/14(土)からは東京ドームと京セラドームで2公演ずつ、SHINee WORLD 2016~D×D×D~ Special Editionが控えています。

ここでは、SHINee WORLD 2016~D×D×D~ Special Editionの前には聞いておきたい日本オリジナルアルバムをご紹介します。

SHINeeツアータイトルアルバム『D×D×D』! おすすめ曲は?

今回のツアータイトルにもなっている『D×D×D』。このアルバムでしか聞けない曲は、『D×D×D』、『Wish full Thinking』、『Wanted』、『Boys Will Be Boys』、『View(Japanese Version)』、『Photograph』、『Sweet Surprise』、『Moon Drop』。あとの4曲はシングルで聞くことができます。

  • 一番の盛り上がり!? 『Sweet Surprise』
  • 今回のアリーナツアーSHINee WORLD 2016~D×D×D~で特に盛り上がっていたのは『Sweet Surprise』。タイトルからも想像できますが、ロマンチックなラブソングです。

    この曲を歌うメンバーの表情や衣装も良かったのですが、何といっても一緒に流れていた映像が大好評。ドーム公演ではもしかしたら違う演出になってしまうかもしれませんが、注目しておきたい1曲です。

  • オリジナルの掛け声を覚えて! アルバムタイトル曲『D×D×D』
  • アルバムタイトル曲『D×D×D』ではファンが主催のオリジナル掛け声が誕生。掛け声をする・しないは自由ですが、気になる場合には練習しておくと良いかもしれません。メンバーたちも掛け声に気付いて、一緒に煽ってくれました。

  • シングル『Your Number』のカップリング『LOVE』
  • また、前回の東京ドーム公演でフィナーレを飾った『LOVE』(シングル『Your Number』のカップリング)も収録。ファンのサプライズでメンバー全員が思わず涙した思い出の1曲。今回も歌うかは定かではありませんが、SHINeeとファンの思い出の楽曲ということで、聞いておくと良いかもしれません。

  • パフォーマンス必見『君のせいで』
  • そして、ツアー中に発表されたシングル『君のせいで』もチェックしておくべきでしょう。2016/5/18(水)東京ドーム公演初日にリリース予定です。切ない失恋ソングですが、ダンスが細かく激しいためパフォーマンスにも注目。

    テミンの表現を借りると「苦しさを振り払う」くらいの激しめなダンスです。指をさして「君」を表現したり、首をつかんだり両手で胸をおさえるような振り付けで「苦しさ」を表現したりと、歌詞とリンクしているところも面白いです。

  • カップリング『Nothing To Lose』も合わせてチェック
  • ジョンヒョンは、「今までになかった曲だけどSHINeeにピッタリ」と言っているそうです。発売数日前に行われる京セラドーム公演でも、生で聞くことができるのでしょうか!? アリーナツアーでは、『君のせいで』を代々木公演から披露していますが、関西圏では聞いていない方も多いのでは。CD発売前に、しっかりと聞いておきたい2曲です。

    韓国語から、日本語になった曲を聞くならアルバム『THE FIRST』

  • SHINeeの原点!? 『Replay』
  • 韓国・日本のデビュー曲である『Replay』をはじめ、韓国語の曲が日本語になった楽曲が詰まっています。例えば、コンサートで毎回歌う『LUCIFER』の日本語バージョンも収録されています。

    そのほかは、『Amigo』、『JULIET』、『Love Like Oxygen』、『The SHINee World』。『The SHINee World』以外は掛け声もあるので、余裕があれば覚えておくとよりコンサートを楽しめるはずです。

    また、このアルバムでしか聞けない日本語オリジナルソングも。

  • 日本語オリジナルソングがのちに韓国語に『Stranger』
  • のちに韓国語バージョンで音源化もされた『Stranger』は、よくコンサートで歌われます。この曲は通常盤にのみ収録されているため注意が必要。韓国語バージョンは、韓国で4枚目のミニアルバム『Sherlock』に入っています。『To Your Heart』の「約束だよ」というフレーズは、コンサート中にメンバーたちがよく言います。

    今回のSHINee WORLD 2016~D×D×D~アリーナツアー中でも言っていたので、ドーム公演でも歌うのでしょうか…?

    SHINee初の東京ドーム公演はこのアルバムを引っ提げて 『I’m Your Boy』

    このアルバムに思い入れがあるというファンは多いのではないでしょうか。『I’m Your Boy』を引っ提げて行われたツアーの最後に東京ドーム公演が行われました。

    東京ドーム公演、最初の曲『Everybody』では、もう倒れてしまうのではないかというほどの力の入ったパフォーマンスを見ることができました。その『Everybody』も収録されているのが『I’m Your Boy』です。

  • 掛け声は大丈夫?『Downtown Baby』
  • アルバムの最初の曲『Downtown Baby』では、曲に合わせて「ヘ~イ」、「フゥフゥ」と思わず言ってしまいたくなる明るい歌です。アンコールでSHINeeを呼ぶときも、「SHINee、フゥフゥ!」と『Downtown Baby』のときと同じように掛け声。メンバーもよく煽ってくれるので、一緒に盛り上がるためにも聞きこんでおくことをおススメします。

  • ライブで盛り上がり間違いなし! 『3 2 1』
  • また、シングルで発表された曲、カップリング曲が7曲収録されています。コンサートでは、『3 2 1』も盛り上がる曲の1つ。

    イントロの音に合わせて5人が肩を組んで踊る姿はコミカルで可愛いとファンの間でもたびたび話題にのぼります。また、刺激的なサウンドがクセになる『Picasso』は、パフォーマンスもかなり刺激的。初ドーム公演では、テミンがこの日のために鍛え上げたという体を披露するという一幕もありました。一方で、リーダーのオニュは中々ジャケットを脱いでくれないため、うずうずしているファンも多いのではないでしょうか。

    今回もまた披露してくれるのか、気になるところですね。

    「一緒に歌って!」と言われる確率が高いバラードが多めの『Boys Me U』

    シングルで発売された曲、カップリング曲は合わせて7曲。オリジナル曲は『Password』、『Breaking News』、『Kiss yo』、『BURNING UP!』です。

  • メンバーのお気に入り!? 『BURNING UP!』
  • 『BURNING UP!』は、ホール・アリーナツアーに引き続き東京ドームでも歌われた曲のため、メンバーのお気に入りソングなのではないでしょうか。好きな人へアタックをするという歌詞で、タイトルの『BURNING UP!』に合わせてなのか特殊効果でも炎が出てきます。

    サビにかけての盛り上がり方が爽快さも良く、キーとミノのラップが特にクール。CDで聞くよりも会場で盛り上がりやすい曲です。この先のコンサートでも歌う機会があることを考えると、チェックしておくべき1曲。

  • 国内外で人気『keeping Love Again』
  • また、『keeping Love Again』は日本のみならず海外のファンからも人気の楽曲。コンサートや一般向けのイベントでもよく披露されます。

    SHINee他のオススメ記事

    カッコいいからカワイイまで聴けるSHINee日本語オリジナルアルバム

    地域密着型の戦略で進出しているといわれる韓国アイドル。SHINeeも例外ではありません。日本向けの衣装、日本向けの楽曲、イメージ。韓国とはまた違うSHINeeの色を、日本のファンに向けて魅せてくれます。

    韓国では見られない、少しおちゃらけた曲や、まさに日本向けの邦楽テイストの曲、K-POPを意識したダンサブルな曲。

    さまざまなジャンルの歌をギュッと詰め込んだSHINeeのアルバムを聞いて、コンサートをさらに楽しんでみて下さい。

    SHINeeのパフォーマンスを生で見よう!

    定価以下のチケットも多数♩ SHINeeのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

    Kぽペンにシェアして教える!

    コメントお待ちしております

    ※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。