SHINee(シャイニー)のテミン&ダンサー菅原小春の関係って?

2008年にデビューした韓国の5人組アイドルグループ「SHINee(シャイニー)」。日本でも勢力的に活動を行っており、日本でのコンサートツアーを行うなど、2017年も大活躍の彼ら。そんなSHINee(シャイニー)のメンバーのテミンが2016年にソロで発売したアルバム「さよならひとり」その振り付けを担当した日本人ダンサーの菅原小春とテミンは大の仲良しなこと、ご存知でしたか?今回はダンスを通して友情を結んだ、テミンと菅原小春の関係性を動画やエピソードとともに紹介いたします。

【SHINeeテミンと菅原小春 2人の仲良しエピソード】

#hitthestage TODAY!!!! ぶらざー!

A post shared by Koharu Sugawara (@kokokoharu) on

東方神起SUPER JUNIORなどの人気アイドルの弟分として、2008年にデビューした5人組グループのSHINee(シャイニー)。韓国と日本での活動を中心に活動しており、1月には全国ツアー「SHINee WORLD 2017~FIVE~」が始まっています。

そんなSHINee(シャイニー)のメインダンサーであるテミンが2016年に発売したソロアルバム「さよならひとり」。その振り付けを担当したのは、日本人ダンサーの菅原小春でした。

「ダンス」という共通の仕事を通して知り合った2人は、とっても仲良し!今回はこの2人の関係性にクローズアップして、彼らの圧巻のダンスや仲良しエピソードを交えて紹介いたします。

【SHINee(シャイニー)テミンのソロ曲「さよならひとり」の振り付けを手掛けた菅原小春って?】

NIKE ZONAL STRENGTH #わたしに驚け#justdoit

A post shared by Koharu Sugawara (@kokokoharu) on

SHINee(シャイニー)のメンバーテミンが2016年7月に発売したソロアルバム「さよならひとり」。日本語でのソロ活動はテミンが初めてということで、日本のファンにも注目された今回の活動。

アルバムのタイトル曲ともなった「さよならひとり」の振り付けを手掛けた「菅原小春」彼女は一体何者?とお思いの方のために、簡単なプロフィールで紹介いたします!

菅原小春のプロフィール

  • 生年月日
    1992年2月14日
  • 身長
    170cm
  • 職業
    ダンサー、振付師
  • 出演作品
    CM「TDK」
    テレビ「情熱大陸」など

デザイナーの母とパタンナーの父の間に生まれ、小さな頃に「モーニング娘。」に憧れてダンスを始めたそうです。中高生の頃から数々のダンスコンテストで優勝し、ロサンゼルスにダンス留学。

Youtubeなどに投稿していたダンス映像がきっかけで、振り付けなどを担当するようになりました。

テミンのほかにも、少女時代や2NE1などのダンスの振り付けを行っており、K-POP界とも親交のあるダンサーです。

個性的なダンスで見るものを圧倒し、2016年のリオオリンピックの閉会式にもダンサーとして参加した期待の新星の彼女。

若くして世界中から注目を浴びている存在とは、同性から見てもかっこいい女性ですよね!

【SHINee(シャイニー)のメンバーテミンと菅原小春が「hit the stage」で魅せたペアダンス!】

TAEMIN×ME #HITTHESTAGE stay tuned ⭐️

A post shared by Koharu Sugawara (@kokokoharu) on

振付師の菅原小春とアイドルのテミン、2人が注目されるきっかけはキレキレのダンスでした。2人がダンスを見せたのは、2016年の8月に韓国で放送されたダンスバトル番組「hit the stage」内での企画。

アイドルとダンサーのペアが競い合い、1位を決めるといった内容の「hit the stage」。参加者には同じ事務所の「NCT U」のテンや「少女時代」のヒョヨンなど、ダンスを得意とするメンバーばかり!

その中で、テミンと菅原小春のペアで披露したのが、「さよならひとり」の振り付けでした。

長時間の練習を重ねた2人のダンスは、まさに息ぴったり!スタイルまで同じで、まるでもう1人のテミンがいるかのようです。

結果「hit the stage」の初めての優勝者となった2人。圧巻のダンスをぜひ動画でご覧ください!

テミン&菅原小春の「hit the stage」でのダンス動画

【SHINee(シャイニー)テミンと菅原小春の仲良しエピソードとは?】

ダンスを通して知り合い、仲を深めたSHINee(シャイニー)のテミンと菅原小春の2人。彼女がDJをしているラジオにテミンがゲストで出演した際に、2人の仲良しさが伺えるエピソードが次々に出ていました!

菅原小春のテミンの印象について

菅原小春さんが「さよならひとり」の振り付けをテミンに教えた際に、彼女はテミンを「ダンサー殺し」だと思ったのだとか。

本職のダンサーに迫るほどテクニックがあり、さらに振りを覚えるスピードが早すぎたそう。テミンは初めて見るジャンルの菅原小春のダンスに影響を受けたそうで、とても勉強になったと語っています。

MV撮影で代わりに踊ろうとした!?

菅原小春さんは振りけを教えた後も、テミンのMVの撮影現場にも同行していました。現場では16時間もの間続き、50回以上にも及ぶ激しいダンスを踊ることになったそう。

その姿をそばで見ていた菅原小春さんは、心を痛めて代わってあげたいと感じていたのだとか。

テミンと菅原小春、2人のダンスに対する熱い姿勢が伝わってくるエピソードですよね。お互いに刺激しあえる関係になった2人の間には、友情以上の関係の強い絆を感じられます。

SHINee(シャイニー)他のオススメ記事

【ソロでさらに磨かれたテミンのダンスに、SHINee(シャイニー)の活動も期待大!】

(出典:pixabayより)

2016年はグループ活動を離れ、ソロ活動の新たなステージを体験した、SHINee(シャイニー)テミン。これからの活躍が期待されるダンサー菅原小春との出会いも、お互いに良い刺激になったはずです!

2017年はSHINee(シャイニー)の活動で、さらに成長した姿を見せてくれるであろう、テミン。コンサートでの生のパフォーマンスにも期待しちゃいますね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。