【徹底調査】SHINeeジョンヒョンのオススメソロ曲を紹介!少女時代テヨンとのコラボ曲も話題!

現在ソロコンサート開催中のSHINeeジョンヒョン。すでにアルバムも4作品発表しており、ソロ曲はもちろんデュエット曲やコラボ曲も多数持っています。その中でもファンに人気のソロ曲をチェック!最新コラボ曲も紹介します!またSHINeeの楽曲にも作詞として参加しているジョンヒョンの他のアーティストへの提供楽曲など情報たっぷりでお届けします。

ソロデビューして3年目のSHINeeジョンヒョン

A post shared by @jonghyun.948 on

2015年にソロデビューを果たしたSHINeeジョンヒョン。ソロアルバムもミニアルバムも含めて4作品公開しており、すでにソロ曲の数はメンバー1とも言えます。その中でもファンに人気のある曲などを中心にオススメ曲をピックアップしてMVと共にご紹介したいと思います。

今までにジョンヒョンがソロで発表したアルバム

  • 2015年 ミニアルバム『BASE』小品集『物語Op.1』
  • 2016年 フルアルバム『好き』
  • 2017年 小品集『物語Op.2』

ジョンヒョンソロのライブ

  • 2015年10月 「THE STORY by JONGHYUN」
  • 2016年12月 「JONGHYUN–X–INSPIRATION」
  • 2017年5月  「『THE AGIT』ガラス瓶手紙(The Letter)-JONGHYUN」

まだ日本でのソロライブは開催されていないのが残念なところですが毎年コンスタントにライブを行ってくれているので、日本公演もそう遠くはないとファンは期待しているようです。

ジョンヒョンソロ曲 オススメその1『Deja-Boo』

2015年発売ミニアルバム「BASE」の収録曲でヒップホップ・ミュージシャンのZion.Tとのユニット曲です。作曲も2人でやっています。

後ろを向かないで初めて会ったのに初めてな気がしない。
知らんぷりしないで目が合ったじゃない。

いつもの高音で聴かせる歌とは少し違ってファンキーな雰囲気で、ジョンヒョンの別の一面を見せてくれます。Zion.Tとのコラボというのも当時とても話題になったようです。

「THE STORY by JONGHYUN」にはZion.Tもゲスト出演しました。

ジョンヒョンソロ曲 オススメその2『チョア(She is)』

2016年に発売されたフルアルバム「好き」に収録された1曲で、このアルバムのタイトル曲でもあります。

ほのかなキャンドルの前 静かに座ってじっと見つめ合うだけでも君を見るだけでどうにかなりそうだ

君の目にはだめなところでも僕は好き 君のすべてが

タイトル通り、彼女の好きな所を次から次にと述べていく歌詞が聴いていて少し照れくさい感じがするほど可愛い楽曲です。

またピンク頭のジョンヒョンが印象的。MVももちろんピンク頭。ジョンヒョンの可愛い部分がたっぷりと表現されています。SHINeeのライブに行くとこの時のジョンヒョンのコスプレをしているファンも多いようです。

ジョンヒョンソロ曲 オススメその3『그 이름(その名前)』

2015年KBSドラマ「Who AreYou – 学校 2015」のOSTでSHINeeのテミンとのデュエット曲です。

キミのもとへ向かうそこがどこだろうと眺めるだけでも 幸せになる
大声で呼ぶキミのその名前をキミが聞けるように呼んでみる

「Who AreYou – 学校 2015」は日本でのタイトルは「恋するジェネレーション(Who Are You 学校2015)」です。POPなタイトルですが、なかなか内容はヘビィです。

ヒロインの女の子は記憶をなくしてしまうのですが、同時期に行方不明になった女の子と間違われて別の女の子として生きていくことになります。実はこの2人は双子だったのですが、少しずつ記憶を取り戻していくヒロイン。そしてそれを支えていく2人の男性との恋愛のお話も。ドラマの内容に合わせた歌詞になっているようですね。ドラマの中に出てくる男性が2人ですので、ジョンヒョンとテミンのデュエットしているという所もポイントかもしれません。

ジョンヒョンソロ曲 オススメその4『하루의 끝 (End of a day) (一日の終わり)』

小品集「物語Op.1」の収録曲です。

君のその小さな肩が君のその小さな両手が疲れたぼくの1日の終わりふかふかの布団になる。
お疲れ様でした 本当にご苦労様でした。

ラジオDJをやっているジョンヒョンがリスナーからのエピソードを元に作った曲を編集して発売されたのがこの「物語Op.1」というアルバム。仕事や勉強を頑張った人達が1日の終りに聴いて癒しになるような曲にしたかったというジョンヒョン。「お疲れ様。本当に頑張ったね。あなたは私の自慢です。」と語りかけてくるような楽曲です。

MVには韓国からの帰国子女として日本でも人気の大谷亮平さんが出演しています。2015年の発売曲ですからまだ昨年大人気だったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演するずっと前ですので、この映像もかなりレアな映像ですよね。

ジョンヒョンソロ曲 オススメその5『Crazy』

「BASE」のタイトル曲ですが、まさしくジョンヒョンを堪能するならこの1曲!といわれる楽曲です。

君の笑顔も、惨めなとこも猫をかぶっているところもとても魅力的、致命的だ。
そう、君は少しおかしいようだ。君を見ていると狂いそうだ。

悪い女だと分かっていながらも惹かれてしまう男性の心を歌った楽曲です。ジョンヒョンの高音ボイスが曲の雰囲気ととてもマッチしていてセクシーです。そしてMVがさらにセクシー!惜しげもなくその上半身の鍛え上げられた身体を披露してくれています。

ジョンヒョン最新デュエット曲 『Lonely』

発売したばかりの小品集『物語Op.2』の中に最新のコラボ曲が収録されています。お相手は少女時代のテヨンです。

“ごめん、私のせいね”  “ありがとう、あなたのおかげよ”些細なことで言っていた君のその口癖
君もつらいこと 僕は全部知っているのにきっと君は僕が馬鹿だと知っているんだろう

一緒にいても1人でいるような孤独、それなら1人の方が気楽で楽しいという感情を2人が会話するようにハーモニーを重ねて行く楽曲です。

ジョンヒョンが提供した曲

(出典:Pixabayより)

ジョンヒョンはSHINeeの楽曲でも「Juliette」や「UP & DOWN」「View」などの作詞活動もしていますが、自分自身で歌わなくても多くの楽曲を他のアーティストに提供しています。

 

  • 2013年「우울시계 A Gloomy Clock feat.JongHyun of SHINee」IU(作詞・作曲・フィーチャリング)
  • 2013年「Red Candle」Son DamBi(作詞・作曲)
  • 2014年「Pretty Boy feat.KAI of EXO」テミン(作詞)
  • 2015年「PLAYBOY」EXO(作詞・作曲・編曲)
  • 2015年「No more」Kim YeLim(作詞・作曲・編曲)
  • 2016年「Already」テミン(作詞・作曲)
  • 2016年「한숨 (BREATHE)」Lee Hi(作詞・作曲)

男性、女性問わず作詞をできるところもすごい所ですね。もちろんジョンヒョン自身のソロアルバムの中でも作詞・作曲と積極的に参加しています。

SHINeeジョンヒョンソロ曲 オススメの記事はこちら

ジョンヒョンソロライブ ライブビューイングに期待?!

SHINeeのジョンヒョンの「『THE AGIT』ガラス瓶手紙(The Letter)-JONGHYUN」はソウルのソウル三成洞(サムソンドン) SMTOWN COEX ARTIUMで開催中!7月2日まで合計20公演の開催です。なかなか韓国までは行けないファンとしてはせめてライブビューイングの開催が待ち遠しい所です。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。