天才作曲家の顔を持つPENTAGONのリーダーフイのプロフィールをご紹介!

2017年10月10日にデビュー1周年を迎えたCUBEエンターテイメントの新人ボーイズグループPENTAGON!PENTAGONのリーダーを務めるフイは天才作曲家としても注目されています。大人気オーディション番組Produce101やWanna Oneに楽曲を提供し、爆発的ヒット曲となりました。そんなPENTAGONのリーダー、フイのプロフィールや性格、魅力、デビュー前の秘話もご紹介していきます。

PENTAGONのリーダー、フイのプロフィールを詳しくご紹介!

(出典:pixabayより)

2016年にデビューし、先日デビュー1周年を迎えた10人組の次世代自主制作アイドルPENTAGON!今回はそんなPENTAGONのリーダー、フイのプロフィールを徹底解剖していきます。基本プロフィールだけでなく、性格や魅力、デビュー前の秘話もご紹介していきます。

PENTAGONって?

4Minute、BEASTを輩出し、ヒョナやBTOBなどが所属するCUBEエンターテイメントが
BTOBから約4年ぶりにデビューした男性アイドルグループで、韓中日のアジア3ヶ国のメンバーを含んだ多国籍グループとして構成されています。

2016年10月10日にデビュー曲「Gorilla」でデビューした10人組ボーイズグループで、メンバーたちが作詞・作曲、振り付けを自らが手がける自主制作アイドルです。
先日デビュー1周年を迎え、この1年間で4枚のミニアルバムをリリースし、音楽番組では「감이오지」 「예쁨」「예뻐죽겠네」「Like This」でカムバックステージを披露し、活動していました。
2017年9月20日に開催された「第1回 Soribada Best K-Music Award」で新人賞を獲得し、これからの活躍が期待されるグループの一つです。

「PENTAGON MAKER」とは?

PENTAGONはデビューするまでにケーブルチャンネルMnetが、CUBEエンターテインメントと手を握って繰り広げるデビューリアリティー番組「PENTAGON MAKER」は韓国で2016年5月2日にスタートし、毎週月・火曜日の午前10時よりNAVER tvcast「M2-PENTAGON MAKER」チャンネルを通じて12週に渡って公開され、
10人のメンバーは、毎週月・火曜日にオンラインで公開される映像を通じて、アイドルが必要とする5大能力の

  • パフォーマンス(歌、ラップ)
  • ダンス
  • チームワーク
  • タレント性(オーラ、バラエティセンス)
  • マインド(性格、態度)

の5部門が揃う人のみデビュー出来るという課題の与えられた構成でした。

各メンバーは部門別ミッションに個人あるいはユニットで挑戦し、該当映像のオンラインでの再生回数と選好度(いいね!数)スコアの結果に基づいてPENTAGONのメンバーが確定し、最終的には10人全員がデビューすることになりました。

ステージミッションだけでなく、メンバー間の仲の深め合いや、寄宿舎での様子など和気あいあいとした姿も沢山見ることができます。

PENTAGONフイの基本プロフィール

  • フイ(후이、HUI)
  • 本名:이휘택(イ・フィテク)
  • 誕生日:1993.8.28(韓国年齢で25歳)
  • 血液型:A型
  • 身長:173cm
  • 体重:57kg
  • 兄弟:父、母、兄
  • 出身地:韓国果川(クァチョン)市
  • 特技:歌、作詞、作曲、卓球、サッカー
  • 趣味:作曲、サッカー観戦、動画を見ること、音楽鑑賞(人にあまり知られていない音楽)
  • ポジション:リーダー、メインボーカル
  • 言語:韓国語、中国語、英語

PENTAGONフイの性格や魅力は?

みんなの頼れるリーダー!

PENTAGONの中では年齢的には次男ですが、長男ジノも認めるリーダーの姿です。親しみやすく、明るい性格でみんながフイの元へ集まってきます。しかし、レコーディングや練習の時はとても真剣で、弟たちからとても尊敬されるフイ。
歌の上手さも、天才作曲家な姿も弟たちの自慢の存在
です。
メンバーが感動して泣いているときは、優しく微笑み、ヒョンらしい姿を見えます。

笑顔がチャームポイント!

フイの魅力のひとつ、それは笑顔です。笑うと目が細くなり、クシャっとした笑顔がとても可愛らしいです。本人も自信のあるパーツを「笑うとできる目の形とシワ」と答えており、本人も認めるチャームポイントです。

抜けた一面もあり!

頼られるリーダーですが、ちょっとマヌケな部分もあります。しきりにメンバーからいじ られふことも度々。
適当に一人で撮った写真が間違ってtwitterに上がってしまったり、「바보야,바보!(バカだ、バカ)」と言われてしまいます(笑)

実は涙もろい?

「PENTAGON MAKER」の最後ではメンバー同士が手紙を贈り合い、朗読会が開かれましたが、フイは自分への手紙を読むとき、「ヒィーン」と声を出して、泣いてしまいます。
その手紙の内容は、
フイヒョン、僕たちのキャプテン!
どんな言葉や文章でもヒョンの負担や肩に背負った荷物に代わることはできないみたい。
僕たち、特に僕が倒れるたびに起こしてくれて本当にありがとう。ヒョン、大変だよね?
リーダーは1人だけど、僕たちは10人じゃん!一緒に行きましょう。
どこでも、どんな状況でもヒョンだけを見てついて行くよ!
よく耐えて僕たちを導いてくれてありがとう。愛してる♡
』という内容でした。
あまりの号泣さに、泣いていた他のメンバーも笑ってしまうほどに!
いつもはリーダーとしてPENTAGONを支えてるフイの意外な一面にキュンとしてしまいますね!

高音も完璧にこなす、歌唱力は凄すぎる!

ジノと共にPENTAGONのメインボーカルを務めるフイ。その歌唱力の高さには驚かされてばかりです。ジノの変幻自在な歌声とは打って変わって、フイは安定感のある伸びの良い歌声で、高音パートもなんなくこなします。生歌でもまるで洗練された音源を聴いてるかのごとく、安定感があります
PENTAGONの楽曲のほとんどにフイ高音パートが入っていますので、そこにも注目して聴いてみてください

フイはModern K Academyという、アイドルの中でもメインボーカルを務めるような歌唱力の高いアイドル達が沢山通っていた有名なボーカルスクールの生徒でした。
CUBEの先輩BTOBのウングァン、チャンソプや、他にもEXOのチェン、Mamamoo、ApinkのボミなどK-POP界では歌が上手いとよく言われる人物多数が在籍していました。
実はPENTAGONのメンバーであるジノはそこで講師もしていました。

PENTAGONフイのデビュー前って?

元々はJYPの練習生だった!

2PM、GOT7、TWICEなどの大人気グループが所属する大手事務所JYPエンターテイメント。フイはそのJYPエンターテイメントの第7回JYP公開オーディションの男性ボーカル部門でなんと1位になって、入社したJYPの練習生でした。

GOT7のメンバーとは練習生時代を共に過ごし、マークと喧嘩していたことがあるエピソードなども知られています。
JYPエンターテイメントからデビューすることはなく、退社してしまいます。

その後はアイドルではなく、歌手を目指そうと思っていましたが、CUBEエンターテイメントと縁があり、2015年に入社し、2016年にデビューを果たしました。

ピアノの弾き語りも得意!

「PENTAGON MAKER」の頃から幾度となく披露されたフイのピアノの弾き語り。
フイの歌声とピアノの音色がマッチして、ステージをより良いものしてくれます。

しかし、フイがピアノを始めたのは幼少期からというわけではなく、18歳から始めたそうです。

大きくなってからピアノを始めたフイですが、フイのピアノの上手さは努力の結晶のようです。
「gorilla」のアコースティックバージョンとしてフイのピアノに合わせてメンバーが歌う動画もアップされています。
「gorilla」のパワフルな印象とは打って変わって、しっとりとおしゃれなバージョンへと変化を見せてくれました。

「PENTAGON MAKER」でデビューを決める!

PENTAGONがデビューする前のリアリティー番組「PENTAGON MAKER」!

なかでもフイの関心が高まったステージは、ジノとフイの1対1 メインボーカル対決で、正真正銘の実力派対決!
フイは自身の高音ボイスの歌声を生かしてダンスとともにジェイソンデルーロの歌のカバーを披露して場を盛り上げました。
フイとジノの対決の結果は1票差で僅差でしたがジノに勝利しました。
どちらも圧巻のステージで本当に白熱した対決でした。

「PENTAGON MAKER」でフイはキノ、ホンソクに続いてヨウォン、ジノと共に2番目に無事デビューが決定しました!

PENTAGONフイはTriple Hとしても活躍!

CUBEの先輩で元4Minuteのヒョナと、PENTAGONのイドンと3人でのユニット「Triple H」
2017年5月にアルバム「19XX」、タイトル曲「365FRESH」で活動していました。
大先輩で、大きな人気を獲得しているヒョナとの活動ですが、デビュー1年目とは思えない貫禄のある姿で、PENTAGONとはまた違う魅力を見ることが出来ます。
先日、Triple Hの香港ショーケースも成功させ、これからの活動も気になるところです。

PENTAGONフイはヒットソングメーカーと呼ばれる天才作曲家!

自主制作アイドルと言われるPENTAGONはほとんどのメンバーが作詞作曲に力を入れていますが、その中でもフイの曲作りはダントツです。
produce101 season2で披露された「NEVER」もフイが提供した楽曲で、ステージ披露さて、とても人気を得た楽曲です。
また、produce101 season2の上位11名で結成されたグループWANNA ONEのデビュータイトル曲「Energetic」もフイが作った曲で、音楽番組でいくつも1位を獲得しました。
PENTAGONの9月にリリースした最新曲「Like This」もフイが作り、produce101を期にフイの作曲家としての才能が注目を集めています。
バラードもダンスミュージックも、幅広いジャンルの音楽を生み出すことができるフイの作曲能力には感服です。

フイが作った最新曲が素敵すぎる!

2017年10月7日放送されたKBS 2TV秋夕特集バラエティ番組「鍵盤の上にハイエナ」にフイは作曲家として出演し「Show me the money6」チョ・ウチャンとスペシャルコラボレーションステージを披露しました。

「鍵盤の上のハイエナ」では芸能界で活躍する作曲家たちが集まり、作曲風景や練習風景などを公開していました。
その中で、今回フイが作り、披露した曲は「Wake me up」。

デビューして1年を迎えたPENTAGONですが、4枚のアルバムリリースした多忙なスケジュール。その上フイは、Triple Hとしての活動、他のグループへの楽曲提供と多忙すぎる日々を送っていてハードスケジュール過ぎるのでは?とファンからも心配されていました。

そんな中、発表された「Wake me up」は、自分が疲れて倒れそうな時にUniverse(PENTAGONのファン)に起き上がらせて欲しいという想いが込められているとSNSで綴られていました。
ファンにとってはとても嬉しい内容の楽曲です。

PENTAGONフイは、メンバーと仲良しすぎる!

PENTAGONのリーダーとしてメンバーを支えるフイですが、とにかくメンバーから愛されています。
キノやヨウォンは、たびたびフイに対し尊敬の意をSNSでも綴っています。長男ジノと共に後輩メンバーを引っ張るフイ!
デビュー前に歌もダンスも分からなかったヨウォンに手取り足取り教えてあげたのはフイでした。

フイドンが中でも、とにかく仲良し!

TripleHでも一緒に活動しているメンバーのイドン。PENTAGONのメンバーの中でもフイはイドンと仲良しすぎるとファンの中でも有名なコンビ「フイドン」です。

「PENTAGON MAKER」でイドンはフイに「I Love Dawn」と刻まれた指輪をプレゼントしたり、お互いにスキンシップがとにかく多い二人。「예뻐죽겠네」のコンセプト双子コーデでもフイドンは一緒でしたね!

これからのPENTAGONの活躍に注目!

今回はPENTAGONのリーダー、フイのプロフィールを詳しくご紹介させていただきました。まだまだ新人でこれからの成長や活躍が期待されるPENTAGONですが、メンバーたちは下積みが長く苦労した末のデビューとなり、実力は本物です。PENTAGONは日本活動も盛んに行なっていくようです。これからの活躍が気になります!

PENTAGONの関連オススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。