PENTAGONの甘い歌声ホンソクってどんな人?プロフィールを紹介。鍛え抜かれた筋肉が素敵すぎる!

先日デビュー1周年を迎えたCUBEエンターテイメントの新人ボーイズグループPENTAGON!今回はそのPENTAGONのメンバー、ホンソクのプロフィールをご紹介します。ホンソクのプロフィールや性格、魅力、デビュー前の秘話を紹介!甘い歌声、肉体美について深堀り、デビュー前はYGの元練習生で、もしかしたらiKONのメンバーになっていたかもしれない!?

PENTAGONのホンソクのプロフィールを詳しくご紹介!

(出典:pixabayより)

2016年にデビューし、先日デビュー1周年を迎えた10人組の次世代自主制作アイドルPENTAGON!今回はそんなPENTAGONのホンソクのプロフィールを徹底解剖していきます。基本プロフィールだけでなく、性格や魅力、デビュー前の秘話もご紹介していきます。

PENTAGONって?

4Minute、BEASTを輩出し、ヒョナやBTOBなどが所属するCUBEエンターテイメントが
BTOBから約4年ぶりにデビューした男性アイドルグループで、韓中日のアジア3ヶ国のメンバーを含んだ多国籍グループとして構成されています。

2016年10月10日にデビュー曲「Gorilla」でデビューした10人組ボーイズグループで、メンバーたちが作詞・作曲、振り付けを自らが手がける自主制作アイドルです。
先日デビュー1周年を迎え、この1年間で4枚のミニアルバムをリリースし、音楽番組では「감이오지」 「예쁨」「예뻐죽겠네」「Like This」でカムバックステージを披露し、活動していました。
2017年9月20日に開催された「第1回 Soribada Best K-Music Award」で新人賞を獲得し、これからの活躍が期待されるグループの一つです。

「PENTAGON MAKER」とは?

PENTAGONはデビューするまでにケーブルチャンネルMnetが、CUBEエンターテインメントと手を握って繰り広げるデビューリアリティー番組「PENTAGON MAKER」は韓国で2016年5月2日にスタートし、毎週月・火曜日の午前10時よりNAVER tvcast「M2-PENTAGON MAKER」チャンネルを通じて12週に渡って公開され、
10人のメンバーは、毎週月・火曜日にオンラインで公開される映像を通じて、アイドルが必要とする5大能力の

  • パフォーマンス(歌、ラップ)
  • ダンス
  • チームワーク
  • タレント性(オーラ、バラエティセンス)
  • マインド(性格、態度)

の5部門が揃う人のみデビュー出来るという課題の与えられた構成でした。

各メンバーは部門別ミッションに個人あるいはユニットで挑戦し、該当映像のオンラインでの再生回数と選好度(いいね!数)スコアの結果に基づいてPENTAGONのメンバーが確定し、最終的には10人全員がデビューすることになりました。

ステージミッションだけでなく、メンバー間の仲の深め合いや、寄宿舎での様子など和気あいあいとした姿も沢山見ることができます。

PENTAGONホンソクの基本プロフィール

  • ホンソク(홍석)
  • 本名:ヤン・ホンソク(양홍석、Yang Hong-Seok)
  • 誕生日:1994年4月17日
  • 血液型:A型
  • 身長:181cm
  • 体重:64kg
  • 兄弟:父、母、兄
  • 趣味:音楽鑑賞、読書、筋トレ
  • 特技:歌、演技、作詞、言語、ダイビング、座った状態からの逆立ち、親父ギャグ
  • ポジション:サブボーカル
  • 言語:韓国語、英語、中国語

メンバーのジノとは誕生日が同じ!

ホンソクの誕生日は1994年4月17日でPENTAGONの長男ジノの誕生日がちょうど2年前の1992年4月17日と学年は違いますが、誕生日が全く一緒!なので、この日はメンバーに二人ともが祝ってもらいます。
この誕生日同じコンビはPENTAGON内でも特に仲が良く、「ジノンソク」コンビと呼ばれ親しまれています。

「PENTAGON MAKER」では誕生日にホンソクがジノに「墓場まで一緒ケーキ」と題した独創的な手作りケーキを作りました。

PENTAGONホンソクの性格や魅力とは?

甘い歌声のホンソクと覚えてください!

ホンソクは自己紹介でもよく使っていますか、「甘い歌声のホンソクです!」と言っています。その通りホンソクの声質がとても甘く、しっとりしたバラードを得意とします。
メインボーカルではないものの、ホンソクもとても歌が上手く、メンバーのジノが毎月更新しているMAGAZINE HOの#04 Sam Smith’ の’Lay Me Dowmのカバーにも参加。
ピアノにマッチした甘い歌声を是非聞いてみてください。

素直な性格がいいところ!

ホンソクは自分自身でも素直で正直な性格で、嘘をつけないと言っています。また、留学経験があって海外生活も長いため、フレンドリーで物怖じせず、初対面の人たちにも話しかけられるようです!

のちのち詳しくご説明しますが、サバイバル番組「MIX&MATCH」では、ホンソクのそんな性格の持ち前の優しさや気が利くところ、最初は煙たがられた性格も長所となって、徐々に仲を縮めていきました。

現在、PENTAGONでは、とても気が利き、優しい性格と綺麗好きで世話好きな一面を発揮し、PENTAGONのお母さん的な必要不可欠な存在となっています。

メンバーのイドンも94年生まれで同級生コンビなのですが、最初は距離感が近いなぁと感じてたようなのですが、今ではかけがえない大親友コンビとなっています。

あだ名は「ホンオンマ」!

ホンソクはPENTAGONのオンマ(お母さん)的ポジョンで、寄宿舎では誰より早起きして家事をして、メンバーを起こしてあげて、みんなのお世話をしています。
筋トレが大好きなホンソクは、メンバーのトレーニングにも付き合ってあげて指導しているようです。

スタイル抜群で筋肉がすごい!!

PENTAGONは189cmのウソクを筆頭に、スタイルの良いメンバーが多く居ますが、ホンソクも181cmと高身長でとにかく顔が小さいので、抜群のバランスをしたスタイルの持ち主です。
そのうえ、趣味が筋トレと言っているように、ホンソクの筋肉はとにかくすごい!
腹筋は綺麗なシックスパックに割れていますし、腕もたくましい筋肉が付いています。


「PENTAGON MAKER」では、海外で流行っているカップルフォトのポーズを真似して、立ち膝をした状態のジノを自分の腕に乗せて持ち上げて、その状態を保ち、フイとイドンを驚かせました。

テレビ番組「週間アイドル」では、司会者の大柄な体格のドフコンをお姫様抱っこしたり、座った状態から逆立ちをして見せました。

人情深くで涙する一面も!

「PENTAGON MAKER」でシノンの脱落が決定したとき、まるで自分のことかのように大号泣したホンソク。苦労を共にし、一緒にデビューしたいという気持ちが強かったホンソクはとても悲しかったのでしょう。
そして、10人でデビューすることが出来て、PENTAGONの1st Showcaseでも後半、ホンソクは涙を見せました。沢山の苦労の末、デビューが出来てステージに立てた実感が湧き、感動のあまり泣いてしまいました。

語学力が堪能!

ホンソクはデビュー以前に中国への留学経験があるため、中国語や英語が得意です。
長らく留学をしており、歌手への夢を諦めることはできず、そろそろちゃんとその夢に挑戦しなければならない時期がきたと思い、韓国に帰国しました。
PENTAGONには中国人のイェナンがいますが、ホンソクがまだ韓国語が完璧ではないイェナンに中国語で説明し、教えてあげるなど、通訳の役割を果たし支えていました。PENTAGONの中でも特に語学力が高いメンバーです。

PENTAGON ホンソクのデビュー前って?

元YGの練習生!

ホンソクは、BIGBANGやPSY、BLACKPINKなどが所属する大手事務所YGエンターテイメントの練習生でした。ホンソクは現在活躍するグループiKONのデビューをかけたサバイバル番組、Mnetの「MIX&MATCH」に出演していました。
iKONとなったメンバーのうち6人は、WINNERがデビューすることとなったサバイバル番組である「WIN」に参加し、チームを組んでいたため、完成されたチームワークや高い実力を持っており、人気のあるメンバーがほとんどでした。その時のホンソクは、
エピソード3からの途中参加し、歌は得意なボーカルでもダンスはほとんど未経験でとても苦労しました。
そして、YGの代表にYGには合わないと言われたこと、ファン投票での投票数によって、結果、ホンソクはiKONになることはできませんでした。

その後はYGエンターテイメントに残り、練習生としてレッスンを受ける日々を送っていましたが、YGエンターテイメントを退社し、現在のCUBEエンターテイメントに移籍しました。

CUBEエンターテイメントに移籍を決めたきっかけは、
以前JYPオーディションで一緒だったイドンがCUBEにいると知って事務所の移籍を決意したそうで、ホンソクは以前からイドンがお気に入りだった様子。

「PENTAGON MAKER」では1番にデビューを確定させた!

最初の時点で点数が高い方が有利ですが、ホンソクはかなり低めの評価を受けて「PENTAGON MAKER」のサバイバルをスタートさせました。
しかし、1週目のファンによる投票評価では、2位と好発進!
元SMの練習生でSM THE BALLADとしてデビュー経験のあるジノとともに、ホンソクは知名度は誰よりも持ち合わせていました。

ホンソクにとっては2度目となるデビューをかけたサバイバル番組で、人一倍デビューしたいという気持ちが強く、WINに参加していた経験があったため、既にファンを獲得しいたため人気も高く、2週目からはファン投票は常に1位とダントツの人気を誇っていました

そして、結果的にホンソクはキノと一緒に見事1番最初にPENTAGONメンバーに決定しました。

PENTAGONホンソクは俳優としても活動していく様子!

2017年11月に公開する映画「私に残った愛を」にホンソクが家族の希望である長男キム・ウジュ役として出演しました。
家族のために犠牲になって職場では仕事で苦しむ父と、互いを大切に思うが表現は苦手だった彼の家族が遅れて互いを理解し、1つになっていくストーリーを現実的に描き、世代を網羅した共感を刺激し、感動を届ける作品です。

PENTAGONの中でもいち早く俳優としても動き始めたホンソクの演技力が気になるところですね!

ぜひ見てほしいPENTAGON ホンソク!

遊び心いっぱいのホンソク

PENTAGONのMV撮影のメイキングなどではホンソクはおふざけが多いメンバーのひとり!ダンスを変えて踊ってみたり、違う曲と繋げて踊ってみたり、あいうえお作文をしたりと常に楽しんでいます。

2017年8月に日本で行われたPENTAGONのライブではジノと共に、日本のお笑いネタ「あたりまえ体操」を披露したようです!

キノと二人で歌った「낭만」!

2017年8月14日にホンソクとキノによる “To Do List” のMV「낭만(ロマン)」が公開されました。
今回の”To Do List” は、キノが作詞、作曲、アレンジも担当した、ロマンティックな楽曲で、甘い歌声を持つホンソクとキノにぴったりマッチしています。
PENTAGON のメンバーが定期的に公開する”To Do List” は音源化しリリースして、活動しているわけではありませんが、メンバーたちがそれぞれ楽曲制作をして、MVを撮り公開されています。
「낭만」もとても素敵な楽曲となっているので是非チェックしてみてください!

これからのPENTAGONの活躍に注目!

今回はPENTAGONのホンソクのプロフィールを詳しくご紹介させていただきました。まだまだ新人でこれからの成長や活躍が期待されるPENTAGONですが、メンバーたちは下積みが長く苦労した末のデビューとなり、実力は本物です。PENTAGONは日本活動も盛んに行なっていくようです。これからの活躍が気になります!

PENTAGONの関連オススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。