PENTAGONのエモドルと言われるイドンのプロフィールを徹底解剖!新人とは思えないイドンの魅力って?

先日デビュー1周年を迎えたCUBEエンターテイメントの新人ボーイズグループPENTAGON!今回はセクシーアイドル、ヒョナと話題のユニットTripleHのメンバーとしても活躍するPENTAGONのイドンのプロフィールをご紹介します。イドンの基本プロフィールや性格、魅力、デビュー前の秘話を紹介!イドンの身体に多く刻まれているタトゥーの意味も詳しく解説します!

PENTAGONのイドンのプロフィールを詳しくご紹介!

(出典:pixabayより)

2016年にデビューし、先日デビュー1周年を迎えた10人組の次世代自主制作アイドルPENTAGON!今回はそんなPENTAGONのリーダー、イドンのプロフィールを徹底解剖していきます。基本プロフィールだけでなく、性格や魅力、デビュー前の秘話もご紹介していきます。

PENTAGONって?

4Minute、BEASTを輩出し、ヒョナやBTOBなどが所属するCUBEエンターテイメントが
BTOBから約4年ぶりにデビューした男性アイドルグループで、韓中日のアジア3ヶ国のメンバーを含んだ多国籍グループとして構成されています。

2016年10月10日にデビュー曲「Gorilla」でデビューした10人組ボーイズグループで、メンバーたちが作詞・作曲、振り付けを自らが手がける自主制作アイドルです。
先日デビュー1周年を迎え、この1年間で4枚のミニアルバムをリリースし、音楽番組では「감이오지」 「예쁨」「예뻐죽겠네」「Like This」でカムバックステージを披露し、活動していました。
2017年9月20日に開催された「第1回 Soribada Best K-Music Award」で新人賞を獲得し、これからの活躍が期待されるグループの一つです。

「PENTAGON MAKER」とは?

PENTAGONはデビューするまでにケーブルチャンネルMnetが、CUBEエンターテインメントと手を握って繰り広げるデビューリアリティー番組「PENTAGON MAKER」は韓国で2016年5月2日にスタートし、毎週月・火曜日の午前10時よりNAVER tvcast「M2-PENTAGON MAKER」チャンネルを通じて12週に渡って公開され、
10人のメンバーは、毎週月・火曜日にオンラインで公開される映像を通じて、アイドルが必要とする5大能力の

  • パフォーマンス(歌、ラップ)
  • ダンス
  • チームワーク
  • タレント性(オーラ、バラエティセンス)
  • マインド(性格、態度)

の5部門が揃う人のみデビュー出来るという課題の与えられた構成でした。

各メンバーは部門別ミッションに個人あるいはユニットで挑戦し、該当映像のオンラインでの再生回数と選好度(いいね!数)スコアの結果に基づいてPENTAGONのメンバーが確定し、最終的には10人全員がデビューすることになりました。

ステージミッションだけでなく、メンバー間の仲の深め合いや、寄宿舎での様子など和気あいあいとした姿も沢山見ることができます。

PENTAGONイドンの基本プロフィール

  • イドン(E′DAWN/이던)
  • 本名:キム・ヒョジョン(김효종)
  • 誕生日:1994.6.1
  • 血液型:O型
  • 身長:174cm
  • 体重:60kg
  • 家族構成:父、母、兄
  • 出身地:韓国和順(ファスン)郡
  • 特技:ラップ、作詞、作曲、DJ、ダンス
  • 趣味:スケートボード、サイクリング
  • ポジション:メインラッパー・メインダンサー
  • 言語:韓国語、日本語

芸名「E-dawn(イドン)」の意味とは?

イドンの本名はキム・ヒョジョン。イドンはラッパーなので、自分の名前をラップに入れたいという夢がありましたが、ヒョジョン”というのはラップに合わせにくいと思い、芸名を作ることに。
そこでキム・ヒョジョンの“ヒョ”の漢字は“暁(あかつき)”と書くので、“EAST(東)”の“DAWN(夜明け)”という意味の“E’DAWN(イドン)”という名前になりました。

PENTAGONイドンの性格や魅力は?

個性的な歌声とラップ!

PENTAGONの中でも一番ヒップホップ感の強いイドン。特徴的な高い声質で聴かせるラップは、イドンにしかない独自の魅力があります。PENTAGONには3人のラッパーが居ますが、他のユウトとウソクは低音ラッパーなので、唯一の高音ラッパーとして、歌を聴けばすぐに判別することができるでしょう。

ギャップのある性格!

無気力系やエモドルなどと呼ばれるイドンのビジュアルからは一見、気力が無さそうにも感じますが、実際は人懐っこく、可愛らしい性格!スキンシップも多く、笑うと目が細くなってとっても愛嬌があります
ステージの上での表情と、メンバーと話すときの表情のギャップがとても魅力的です。

ダンスの実力が素晴らしい!

PENTAGONの中ではメインダンサーとしても活躍するイドン!キレキレのダンスを得意とするメインダンサーのメンバー、キノとは打って変わって、イドンは少し力を抜いた踊り、そしてロボットダンスやポッピングなどを得意とします。
曲によってはセンターで踊る姿も多く見受けられますので注目してみてください!

どんなコンセプトもモノにする!

デビュー当時は黒髪でモノトーンや、ロック要素のあるもの、スタイリッシュな衣装が多かったのですが、2017年5月のTripleHの活動を機に、イドンはハイトーンヘアがファンの間でも定着しています。
その頃から、カラーコンタクトやストリートファッションなど癖のあり、着こなしの難しいファッションもなんなく見事に着こなし自分のものとしています。
空港写真などから見られる私服もとてもおしゃれで注目されています。

タトゥーが多く刻まれている!


イドンは新人アイドルでは珍しいですが、身体に多くのタトゥーが刻まれています。
胸、背中、脇腹、首、腕、手首下など多くの箇所にタトゥーがありますが、どのデザインもとてもオシャレでファンの間でも話題となっています。
左胸にはハートのデザインの中にローマ数字でイドン自身の生年月日が彫られています。
右側の脇腹には「CLAVIS AUREA」ラテン語で「金の鍵」という意味。
首後ろから背中にかけては全貌が明らかになっていませんが、十字架と鹿の角のようなデザインが見えていますので、鹿を背負っているのでは?とファンの中でも噂されています。
また腕には左腕はグリーンで大きな円と、右腕にイドンの好きなさくらんぼのデザインが。
そして今年に入り、新たにタトゥーが増え、首の右側にカラータトゥーで自身の芸名を文字って「Free Dawn」と、

手首にもカラータトゥーで右手首にグリーンの丸を一つ、左手首に赤の×を3つ彫られています。

脱いだらすごい!!

PENTAGONの筋肉担当と言ったらイドンと同級生のホンソク!ですが、イドンもすごいんです!
一見、細身のスタイルに見えますが、Triple Hの活動で、タンクトップの衣装が何度かあり、その頃から腕や胸の筋肉が垣間見えていましたが、先日のTriple Hの香港のショーケースでついにイドンが脱ぎました!
Tシャツを破って、上半身裸で踊る演出に観客を沸かせ、鍛え抜かれた肉体美を披露しました。

作詞作曲も多く手がける!

自主制作アイドルとも言われるPENTAGON。最近ではヒットソングメーカーとも言われ、リーダーのフイの才能が注目されていますが、イドンの作った楽曲も素敵です!
「PENTAGON MAKER」では、「귀 좀 막아줘(Organic Song)」や「할아버지(おじいちゃん)」などを披露しており、「귀 좀 막아줘(Organic Song)」はイドン、フイ、ユウト、ウソクでレコーディングし直されPENTAGONのデビューアルバムに収録されました。
またPENTAGONの最新アルバム「Demo-1」には「멋있게 랩(かっこいいラップ)」が収録されており、今までのPENTAGONにはないラッパー3人の魅力を存分に活かされた楽曲となっています。この「멋있게 랩(かっこいいラップ)に参加してないメンバーもお気に入りの曲だそうです。

PENTAGONイドンのデビュー前って?

JYPエンターテイメントオーディションを受けていた!

現在のCUBEエンターテイメントに所属前、イドンはGOT7やTWICEなどが所属し、PENTAGONのリーダー、フイが元練習生だった、大手事務所JYPエンターテイメントのオーディションを受けていました。
その後、JYPエンターテイメント所属としてデビューすることとはなりませんでしたが、当時のオーディション映像がSNSでも流出しています。

練習生にもかかわらずヒョナとフューチャリングしていた!

元4Minuteので人気アイドルの大先輩ヒョナが2015年にソロでリリースした「Roll Deep」。楽曲ではFeat.イルフンで、CUBEの先輩のBTOBのイルフンが務めていましたが、イルフンも人気アイドルで多忙の為、ヒョナの全てのスケジュールに合わせることは出来ず、そのステージの代打として多くのステージで歌っていたのがイドン!
この頃はまだ芸名も決まっておらず、本名のヒョジョンでステージに出ていました。
当時はまだ練習生でしたが、イルフンにも引けを取らない圧巻のパフォーマンスを見せ、ファンの間でも練習生ヒョジョンが話題となりました。

「PENTAGON MAKER」では脱落していた!?

PENTAGONがデビュー前に行われたサバイバル番組「PENTAGON MAKER」。
実はその中で、イドンは3人目の脱落者として、脱落していました。
しかし、敗者復活で自作曲「할아버지(おじいちゃん)」で自身のおじいちゃんへの想いを綴った歌詞の曲を披露し、無事合格することが出来ました。

PENTAGONイドンはTriple Hとしても活躍!

CUBEの先輩で元4Minuteのヒョナと、PENTAGONのリーダーのフイと3人でのユニット「Triple H」
イドンにとってはヒョナとのコラボはこれで二度目となります。
2017年5月にアルバム「19XX」、タイトル曲「365FRESH」で活動していました。
大先輩で、大きな人気を獲得しているヒョナとの活動ですが、デビュー1年目とは思えない貫禄のある姿で、PENTAGONとはまた違う魅力を見ることが出来ます。
先日、Triple Hの香港ショーケースも成功させ、これからの活動も気になるところです。
「365FRESH」のMV中では薬物中毒の役で、ヒョナとセクシーなシーンもあり、過激な演技が話題となりました。

PENTAGONイドンはfeatで参加している楽曲が多い!

先ほど紹介したヒョナのソロ曲「Roll Deep」筆頭に、イドンがフューチャリングで参加している楽曲は多数あります。
先日、2017年8月にヒョナがタイトル曲「BEBE」で活動をした6thアルバム「Following」の収録曲「보라색(紫色)」ではヒョナとイドンにか出せない独特の雰囲気の楽曲で、二人の息のあった歌声と歌詞が魅力の一曲です。
また、PENTAGONが自作曲を定期的にアップしている「To Do List」のキノが作詞・作曲・編曲を手がけ、作詞にウソク、イドンも参加したウソクが歌う「Lift Off」ではイドンも参加しており、ウソクとイドンを中心としたメンバーの日本のライブの時に撮影された楽屋やプライベートの様子が映し出されています。
どの曲も、イドンの個性がたっぷり詰まっているので是非聞いてみてください!

これからのPENTAGONの活躍に注目!

今回はPENTAGONのイドンのプロフィールを詳しくご紹介させていただきました。まだまだ新人でこれからの成長や活躍が期待されるPENTAGONですが、メンバーたちは下積みが長く苦労した末のデビューとなり、実力は本物です。PENTAGONは日本活動も盛んに行なっていくようです。これからの活躍が気になりますね!

PENTAGONの関連オススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。