Mnet×東海テレビのライブ『UTA-BANG!』が開催決定!UNIONEとApeaceが出演決定!日程&会場まとめ

今年は日本でも開催が決定している「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」。そのMAMAの運営先でもあるMnetと東海テレビのコラボのライブイベント『UTA-BANG!』の開催が決定しました。『UTA-BANG!』にはUNIONEとApeaceが出演します。今回は『UTA-BANG!』の公演概要と会場情報についてまとめていきました!

Mnet×東海テレビがコラボ!『UTA-BANG』が開催決定!


アジア最大級の音楽授賞式「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」を運営しているMnetと東海テレビのコラボのライブ『UTA-BANG!』の開催が決定しました。

東京と名古屋の2都市で開催されるライブで、UNIONEとApeaceの出演が決定しています。

今回は『UTA-BANG!』の公演概要や会場である”江戸川区総合センター 小ホール”と”名古屋ダイアモンドホール”についてまとめていきたいと思います。

また出演アーティストであるUNIONE、Apeaceの2組についても紹介したいと思います。

Mnet×東海テレビのライブ『UTA-BANG!』の公演概要


まずはMnet×東海テレビのライブ『UTA-BANG!』の日程や会場など公演概要をみていきましょう!

公演名

UTA-BANG!

日程&会場

【東京】江戸川区総合センター 小ホール
2017年12月19日(火)
昼 14:30開場/15:00開演
夜 17:30開場/18:00開場

【愛知】名古屋ダイアモンドホール
2017年12月21日(木)
昼 15:00開場/15:30開演
夜 18:30開場/19:00開演

チケット料金

全席指定 7,500円(税込)

出演者

・UNIONE
・Apeace

『UTA-BANG!』に出演するUNIONEとApeaceとは?


次は『UTA-BANG!』に出演するUNIONEとApeaceについて紹介していきたいと思います!

UNIONE

2015年に結成された日本の男性5人組ボーカルグループ。元々はYouTubeカバー動画で、メンバーの歌唱力が話題になり、2016年にメジャーデビューを果たしました。

またメンバーのJINは唯一の韓国国籍で、日本語・韓国語・英語の3ヶ国語を操れます。

Apeace

元々は「Double B 21」というグループ名で「会いに行けるK-POPグループ」として多くの公演をこなしてきた韓国男性アイドルグループです。

現在はメンバー15人で、月に1度の定期ライブを開催しながらも、バラエティ・モデル・舞台など様々のジャンルに精通していて、これからの活躍が楽しみな男性アイドルグループです。

『UTA-BANG!』の東京公演会場”江戸川区総合センター 小ホール”について


『UTA-BANG!』の東京公演の会場である”江戸川区総合センター 小ホール”のアクセスやキャパについて紹介します。

住所

〒132-0021 東京都江戸川区中央4丁目14-1
03-3652-1111

アクセス

総武本線「新小岩駅」南口から徒歩15分

キャパ

小ホール 約500席

座席表

『UTA-BANG!』の名古屋公演会場”名古屋ダイアモンドホール”について


同じく『UTA-BANG!』の名古屋公演の会場である”名古屋ダイアモンドホール”のアクセスやキャパについて紹介します。

住所

〒460-0007 愛知県名古屋市中区新栄2丁目1 中区新栄2-1-9 雲竜フレックスビル西館5F
052-265-2665

アクセス

地下鉄東山線新栄駅2番出口より南へ徒歩2分

キャパ

約1,000人

座席表

Mnet×東海テレビのライブ『UTA-BANG!』の開催が楽しみ!

(出典:PAKUTASO)

今年はベトナム・香港・日本の3ヶ国で開催する「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」。

今回はそのMAMAの運営先であるMnetと東海テレビがコラボして開催するライブイベント『UTA-BANG!』の公演概要や会場である”江戸川区総合センター 小ホール”と”名古屋ダイアモンドホール”についてまとめいきました!

また出演アーティストであるUNIONEとApeaceについても紹介していきました。

2組ともまだまだ知名度はそんなに高くないですが、いずれもこれからの活躍が楽しみなグループです。どんなパフォーマンスをみせてくれるのか楽しみですね。

また公演終了後はハイタッチ会もあるのでファンにとっても素敵な時間が過ごせると思います。

気になる方は是非、『UTA-BANG!』に参戦してみてはいかがでしょうか?

韓流ウォッチャーのおすすめ記事はこちら!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。