【超簡単!】生首ラミネートの作り方♡K-POP発祥の顔パネルとは?

K-POPのコンサートで見かけることが多くなった「生首ラミネート(顔パネル)」。とても流行していますね!この生首ラミネートは、新大久保のK-POPグッズのショップや、ネットでも代行販売していますが、オリジナルでも簡単に作れます。ラミネーター機不要!誰でも簡単に作れる世界にひとつしかない生首ラミネート(顔パネル)の作り方をご紹介します!

コンサートやイベントでも大活躍な「生首ラミネート」を手作りしちゃいましょう☆

(出典:PHOTO ACより)

K-POPのコンサート会場などで見かけることが多くなった「生首ラミネート」、別名モリラミネートやお面ラミネート・顔パネル などとも呼ばれていますが、とても流行していますね! 愛してやまない推しメンのお顔を、ドーンとぶら下げていると、一目で誰のペンさんか分かりますし、なんだか胸を張って堂々と歩ける気がしますよね♡
この生首ラミネートは、新大久保のK-POPショップや、ネットでも代行販売しています。だけどそれだと誰かと被っちゃうかもしれない!!! そんなのイヤ!!! でもぶら下げて目立ちたい!!! オリジナルのは作れないの??? という方のために今回は、簡単に作ることができて、世界にひとつしかない生首ラミネートの作り方をご紹介します! しかもパソコンもプリンターも、ましてやラミネーター機を持ってなくても、アイロンを使用した作り方などを、細かくご説明します♪

K-POPのオススメ記事

生首ラミネートに対する世間の反応は?

やはりみなさん、生首ラミネートの存在や、作り方に興味があるんですね! K-POPが発祥という説もあるようですし、K-POPのペンさんだけでなく、幅広いジャンルのファンの方にも作ってみて欲しいものですね☆

① 写真を用意する

生首ラミネートを作るうえで最も重要なものが、「写真」ですよね!
その写真はどこから調達すればいいのか、加工や印刷はどうするのかを、iKONのキム3兄弟こと、B.I(ハンビン)とBOBBY(バビ)、JAY(ジナン)を見本にして、順を追って作り方を説明していきます。


(編集部撮影)

どんな写真を使えばいい?

個人的に楽しむとは言え、この生首ラミネートをK-POPのコンサート会場に着けて行くとなると、様々な制限や約束事がありますので、どの写真を使ってもいいという訳にはいかないそうなので、まとめて書いておきますね♪

画像を選択する際の注意点

  • 日本の公式画像や動画は、著作権を侵害するため使用しない。
  • マスターと呼ばれる方が公開している写真の多くは、二次加工が禁止されているため、使用しない方が良いでしょう。
  • 韓国の公式画像や動画を使用するのが懸命かと思います。
  • コンサート会場によっては、使用の中止を求められることがあります。

動画の一場面を使いました

上記のような今回はiKONのVアプリの画像を利用させていただき、中でも可愛いお顔を厳選して使用していきます♪

② スマホで加工から印刷まで


(編集部撮影)
↑ コチラは新大久保で販売していたもので、お手本です ↑

写真はパソコンを使ってプリンタで印刷してもいいのですが、簡単・手軽なスマートフォンを使ってみることにしますね♪

写真加工アプリで可愛く加工する

iPhone・スマートフォンのどちらでも、無料でダウンロードできる写真を加工するアプリがありますので、それを使って不要な部分をカットしたり、写真に手を加えたりしてみましょう。

(編集部撮影)

  • 上段 : オリジナル
  • 中段 : フィルタ機能で お肌の色を明るくし、顔の周りを白くペイントしたもの
  • 下段 : 目とほっぺたを可愛く加工したもの

こんな感じに加工しましたが、お手本のように、大好きな彼の名前を入れてもいいですし、吹き出しに文字を入れてみてもいいかもしれませんね!


(編集部撮影)

これはiKONのB.I(ハンビン)くんが妹にメロメロなので、こんなことを言いそうだなというセリフを吹き出しに書いてみました♪ とにかく目立ちたい! という方には、このような遊び心があるものもオススメですね♡

加工した写真をプリントする


(編集部撮影)


(編集部撮影)
何の加工していない写真と、加工した写真を それぞれ A4サイズ でプリントしました。
印刷は、ご家庭のプリンターや、スマホで登録してコンビニプリントでもいいですよね。

③ ラミネート加工をする

用意するもの


(編集部撮影)

  • ラミネートフィルム

生首ラミネートに欠かせないのは、なんといってもラミネートフィルムですよね。100円ショップでも手に入りますよ♪ フィルムのサイズは、この生首ラミネートにはA4が最適でしょう。
パッケージには「ラミネート機専用」とありますが、ラミネーターを使用しなくても作れますので、安心してください!

  • プリントアウトした写真
  • カラー厚紙 (白でも可)
  • アイロンとアイロン台
  • クッキングシート

上記のリストに違和感のある方もおられるかも知れませんね。アイロンにクッキングシート・・・
この2つのアイテムが、ラミネーターの代わりになるんですよ♪

写真をカットする

おうちプリントや、ネットプリントにコンビニプリントで印刷した写真を生首ラミネートにするために、カットして行きましょう。


(編集部撮影)

顔の周りを白くしたものは、余白を残して切り取ります。


(編集部撮影)

何の加工もしなかった方は、顔の輪郭に沿ってカットし厚紙に貼り付けて、ハートマークや星型のシールで加工してみました♪ そして瞳には修正ペンで白い光を入れました。
この仕上がりなら、アプリで加工するのが苦手な方でも、大丈夫ですよね☆

アイロンで圧着する

アイロンをご使用の際は、ヤケドにご注意ください。また、アイロンを掛けた直後のラミネートフィルムは、たいへん熱くなっていますので、取り扱いには十分ご注意ください!


(編集部撮影)

ここからいよいよ作り方をご紹介していきますが、さっきまで単なる印刷した写真だったものが、生首ラミネートになっていきますよ♪


(編集部撮影)

フィルムシートに顔写真を入れます。


(編集部撮影)

シートの一番上から少し隙間をあけて、写真を挟みます。そして乾いた布などで、空気を外に出しながら、シートと写真を密着させてください。


(編集部撮影)

シートの上から、大きめにカットしたクッキングシートを重ねます。


(編集部撮影)

生首ラミネートの作り方で、最も重要な工程である、このアイロン掛け。その温度設定は「低温」にしましょう。機種によっては中温でも大丈夫かも知れませんが、その際は、フィルムの端の方で試すことをオススメします☆
そして、アイロンを掛けるときは上から少し力を入れて、フィルムの外に向かって、空気が抜けるように掛けてください。時々クッキングシートをめくって、半透明だったシートが透明になっているか、空気が入っていないかなど、こまめに確かめながら仕上げると、出来上がりに差がつくでしょう☆

出来上がり


(編集部撮影)

アイロンの熱が最初から、ラミネートフィルムに均等に伝わるわけではないので、最初はムラになっているように見えますが、繰り返しアイロン掛けをすることで、綺麗にしあがりますよ♪
そして写真から1cmほどの箇所にハサミを入れて、生首ラミネートの形に仕上げましょう!

④ アイロンも使わずに?ラミネート加工する

ラミネート機もアイロンも持ってないんだけど、生首ラミネートを作ってみたい!という方のために、どちらも使用しない作り方をご紹介しますね♪

用意するもの


(編集部撮影)

  • 粘着シール製のラミネートフィルム
  • 写真

たったこれだけなんです!こんなに手軽な方法があるなら始めから教えて欲しかった!って思われてしまいそうなほどに簡単で、アイロンも使わないので安全に作れちゃいます。ちなみに このラミネートフィルムは、大手の100円ショップにて入手しました♪


(編集部撮影)

上下どちらのシートも均一な一般的なラミネートフィルムと比べ、この粘着ラミネートフィルムは、糊は片面にしか付いていません。そしてフィルムの厚みも上下で異なります。
まずは厚いフィルムの方を下にして置き、薄いフィルムをめくります。


(編集部撮影)

厚いフィルムに顔を伏せるように、写真を乗せます。このとき、写真の周りに一定の余白ができるように、配慮してくださいね。


(編集部撮影)

写真を乗せたら、めくっておいた薄いフィルムを、端から貼り付けます。
このとき、空気が入らないように慎重に作業をするのですが、ほとんどの場合、どうしても空気があちらこちらに入ってしまいます。
そのときは定規などで空気抜きをおこなってください☆


(編集部撮影)

写真から1cmほど離れたところでカットしたら、できあがりです☆
こちらも なかなかの出来栄えですよね♪ 作り方がこんなにも簡単ですから、たくさん作ってお友達とお揃いにするのも良いかも知れませんね!

生首ラミネートをぶら下げてコンサートに行きましょう!


(編集部撮影)

流行に敏感なK-POPペンのみなさん、生首ラミネートの作り方をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたでしょうか? 時間もお金も最小限で済みますし、唯一無二の生首ラミネートが出来上がります。 なにより作り方が簡単なので、すぐにできちゃいますから、お友達と集まってワイワイと作ってみるのも、楽しくていいかも知れませんね♪
そして愛しの彼らに会いに行くときは、みなさんも是非、首からぶら下げて行きませんか? 「これどこで作ったの?」「手作りに見えない!」などと、羨望の的になっちゃうかも! 次のツアーでは、是非とも連れて行ってあげてくださいね♡

こちらも一緒に読まれています

 

みんなのコメント
  1. あつき より:

    なんのアプリを使ったのか教えてください!

    • 編集部 より:

      コメントありがとうございます!韓流ウォッチャー編集部です。

      元画像はVアプリを一時停止して、スクリーンショットしました。
      その画像に、トリミングやスタンプなどの加工を加えたのは、LINEカメラです。
      印刷するために使用したのは、セブンイレブンのネットプリントです。このとき必ず用紙サイズをA4に設定して下さいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。