KNTV 20th&DATV 7th Anniversary Live 2016の会場、アクセス、座席表、出演アーティストまとめ

2016年10月にKNTV開局20周年&DATV7周年記念イベント「KNTV 20th&DATV 7th Anniversary Live 2016」が開催されます。本日はイベント概要、会場、アクセス、座席表、出演アーティスト情報をまとめてご紹介します。

2016年10月、KNTV開局20周年&DATV7周年を記念したイベント「KNTV 20th&DATV 7th Anniversary Live 2016」が開催されます。いまだ勢いづいているK-POPシーンを担う豪華アーティストが集結!

ライブパフォーマンスだけでなく、MCによる進行でテレビ番組のような面白さも感じられ、スペシャルな内容になること間違いなし!

イベント概要、会場、アクセス、座席表、出演アーティストについて情報をまとめてみました。

イベント概要

KNTVとDATVは韓国の主要放送局(MBC、SBS)を中心に放送している専門チャンネルで、人気ドラマ『イヴの愛』や『むやみに切なく』などを放送中。いま注目されているラブコメ時代劇『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』も9月より放送予定です。

ドラマだけでなく、音楽番組『ショー!K-POPの中心』やバラエティ番組『イケメンブラザーロマンス 』などをはじめとして様々なジャンルが取り揃えてあり、韓流ファンにはお馴染みとなっています。

そんなKNTV開局20周年とDATV7周年の節目に開催されることになった「KNTV 20th&DATV 7th Anniversary Live 2016」。会場、アクセス、座席表なども気になりますが、まずは基本的なイベント概要からお伝えします。

日程

2016年10月1日(土)

【昼公演】開場13:00 / 開演14:00
【夜公演】開場18:00 / 開演19:00
※時間は変更になる場合があります。

会場

横浜アリーナ

チケット料金

10,800円(全席指定/税込)
※6歳以上有料・6歳未満のお子様は入場不可

出演アーティスト

SUPER JUNIOR-KYUHYUN、K.will、2PM、NCT、BEE SHUFFLE

MC

SUPER JUNIOR-LEETEUK

会場、アクセス

「KNTV 20th&DATV 7th Anniversary Live 2016」のイベント概要がわかったところで、次は会場、アクセスについて詳しく解説します。

横浜アリーナについて

横浜アリーナ(通称:横アリ)は、1989年4月1日に開業した多目的イベントホール。アリーナ部分の最大面積は8,000 m²、最大キャパシティは1万7000人です。

座席表は開催されるイベント内容によって変わりますが、スポーツイベントやコンサート、大規模な発表会や集会など様々な用途で使用されています。

毎年成人の日には、日本最大規模といわれる横浜市の成人式が開催されています。スポーツ競技の会場として多く使われており、「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」(1993年)、「かながわ・ゆめ国体」(1998年)、「バレーボール・ワールドグランプリ決勝ラウンド」(2008年)、「世界卓球選手権横浜大会」(2009年)などが挙げられます。

1996年頃からは、プロボクシングの世界タイトルマッチの会場として頻繁に使用されています。他にも各種イベントとして「Jリーグアウォーズ」、「東京ガールズコレクション」、「日本体育大学体育研究発表実演会」などの開催があり、今年2016年8月には「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」が行われています。

また、日本音響家協会が認める「音響家が選ぶ優良ホール100選」に選ばれており、コンサートとしての使用でも評判のいいホールです。こけらおとし公演となったのは、松任谷由実の「Delight Slight Light KISS 横浜アリーナオープニングセレブレイションコンサート」。

その後のライブ出演アーティストはサザンオールスターズ、松田聖子、福山雅治、B’z、Mr.Children 、DREAMS COME TRUE、BUCK-TICKなど日本のメジャーアーティストが挙げられるほか、ジャニーズ系グループのコンサート会場としても定番となっています。

また、EAGLES、Stevie Wonder、ELTON JOHN、MAROON 5など海外アーティストの来日公演も行われています。敷地内には音楽スタジオ「スタジオミュジック」とライブハウス「新横浜NEW SIDE BEACH!!」があり、地元のアーティストにも親しまれています。

会場内施設

男女別・多目的トイレ/自動販売機/売店/コインロッカー/公衆電話/おむつ替えシート/オストメイト

アクセス

住所:横浜市港北区新横浜3丁目10番地
横浜市営地下鉄「新横浜駅」7番出入口より、徒歩4分
JR新幹線「新横浜駅」東口より、徒歩5分
JR横浜線「新横浜駅」北口より、徒歩5分

座席表

前の項目で「KNTV 20th&DATV 7th Anniversary Live 2016」の会場、アクセス情報をお届けしましたが、さらに座席表について解説していきます。出演アーティストをできるだけいい角度で見たいですから、座席の位置は気になるかと思います。

しかし、発表されているイベント概要ではどんな配置になるかわかりません。詳しくは問い合わせが必要になります。ここでは、会場・横浜アリーナの基本的な座席表についてみていきましょう。

座席の種類

  • センター席(1階)…1階のステージと同じフロアの座席。ステージを正面から見られます。オールスタンディングでは座席がないことがあります。
  • アリーナ席(2階)…センター席を囲み、1階から2階の固定通路まで階段状に配置された座席。A・B・C・D・E・Fブロックに分かれています。1階から2階に向かって22列の配置になっており、11列目と12列目の間に通路があります。
  • 立見スペース(2階)…アリーナ席後方の2階の固定通路のスペース。
  • スタンド席(3階)…3階から4階にかけて階段状に配置された座席。東・西・南・北の4つのブロックに分かれています。3階から4階に向かって10列の配置になっており、5列目と6列目との間に通路があります。
  • スイートボックス(3階)…アリーナ席Aブロック上方の3階に位置し、応接とテレビが入った個室とバルコニー状の座席がセットになっています。

座席の列・番

  • 列:アリーナ席、スタンド席、スイートボックスは、列の数字が少ないほどステージに近くなります。
  • 番:各ブロックの左端から時計回りで番号が振られています。

座席の配置パターン

Aパターン

会場を縦長に使用するパターンです。センター席は真正面からステージをみられます。ステージ右端から時計回りに見ると、アリーナ席はFブロック→Aブロック→Bブロック→Cブロック→Dブロック→Eブロック、スタンド席は南ブロック→西ブロック→北ブロック→東ブロックの並びとなります。スイートボックスはステージに向かって右側になります。

Bパターン

会場を横長に使用するパターンです。センター席は真正面からステージをみられます。ステージ右端から時計回りに見ると、アリーナ席はEブロック→Fブロック→Aブロック→Bブロック→Cブロック→Dブロック、スタンド席は東ブロック→南ブロック→西ブロック→北ブロックの並びとなります。スイートボックスはステージの真正面になります。

中央パターン

センター席のスペースにステージが設置されるパターンです。アリーナ席はAブロックをステージ正面として、時計回りにBブロック→Cブロック→Dブロック→Eブロック→Fブロック、スタンド席は西ブロック→北ブロック→東ブロック→南ブロックとなります。スイートボックスはステージの真正面になります。

出演アーティスト

「KNTV 20th&DATV 7th Anniversary Live 2016」の会場、アクセス、座席表情報がわかったところで、最後は出演アーティストについてお伝えします。

イベント概要にはSUPER JUNIOR-KYUHYUN、K.will、2PM、NCT、BEE SHUFFLEの他、MCとしてSUPER JUNIOR-LEETEUKの名前もありましたね。もちろん、彼についても詳しくみていきます!

SUPER JUNIOR-KYUHYUN

韓国発のアジアNo.1マルチエンタテインメントグループ「SUPER JUNIOR」のメンバー。2006年6月1日に公式デビューし、シングル「U」から13人目のメンバーとして加入します。グループがデビューした後からの加入だったため、当時は他のメンバーに受け入れられていなかったものの、現在は和解しています。

近年、テレビ番組やミュージカルでの活躍も目立っています。2014年にはミニアルバム『光化門で』をリリースして「SUPER JUNIOR」で初となるソロデビューを果たしました。

『光化門で』は香港、タイ、台湾、シンガポール、マレーシアなどアジアの8つの地域でiTunes総合アルバムチャートの1位を獲得し、本国の音楽配信サイトでも好成績を残しています。最後に収録されている「僕の思い、君の記憶 」は親友である東方神起のチャンミンが作詞を手がけ、キュヒョンが作曲に携わっています。

K.will

1981年12月30日生まれ。本名はキム・ヒョンス。STARSHIP ENTERTAINMENT所属。2007年に1stアルバム『左側の胸』をリリースしてデビュー。Rain(ピ)らを育てたパク・チニョンに認められ、人気ドラマのサウンドトラックなどに参加して注目されるようになります。

翌年2008年には韓国のヒップホップアーティストであるMCモンを迎えた「Love119」がヒットし、名実ともにトップアーティストへ仲間入りします。第16回大韓民国演芸芸術賞・男子バラード歌手賞(2010年)、第27回ゴールデンディスク・デジタル音源部門本賞(2013年)、MBC放送芸能大賞・歌手部門/特別賞(2014年)など、本国では数多くの賞を受賞しています。

デビュー10周年を迎える今年2016年は、新境地としてミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」への出演を果たしました。

2PM

(出典:Amazonより)

Jun. K、NICHKHUN、TAECYEON、WOOYOUNG、JUNHO、CHANSUNGからなる6人組グループ。韓国では2008年、日本では2011年にデビューし、唯一無二の野獣アイドルとして注目されました。

2012年には第26回日本ゴールドディスク大賞・NEW ARTIST OF THE YEAR ASIAを受賞し、日本武道館で6DAYSライブを行うなど、不動の人気を誇るグループになります。その後もアルバムがオリコンチャート1位を記録したり、大規模なツアーを成功させたりと、勢いは止まりません。

メンバーのJun. K、JUNHOはソロ活動も活発で、来日ツアーも行っています。デビュー当時20歳前後だったメンバーが成長した近年では、野獣アイドルとしての魅力にプラスして大人の男性としての魅力も感じられるグループに成長しています。

NCT

少女時代やEXOを抱える大手事務所のSMエンターテイメントから、2016年春にデビューしたボーイズグループ。「NCT」は「Neo Culture Technology」の略。約40人が所属しており、基本的にはユニットに分かれて活動。

ユニットの新規加入・脱退は自由に行われ、流動的なメンバー編成となっています。現在は「NCT U 」「NTC127」「NTC DREAM」の3つのユニットがあります。斬新な活動形態が話題となっており、いま最も注目度の高い新人アーティストです。

BEE SHUFFLE

DATVと韓国MBC MUSICが共同制作したアイドル発掘番組「シャッフルオーディション」ファイナリストの日本人2人、韓国人3人で結成されたボーイズグループ。

同番組でメジャーデビューをかけて「オリジナルCDを5,000枚手売りできなかったら即解散」というミッションにチャレンジして成功し、2014年2月にユニバーサルミュージックより「Welcome to the Shuffle!!」でデビュー。

今年2016年からは、mihimaru GTのmitsuyuki miyake率いるクリエイティブ集団 「BeeTonics」の全面サウンドプロデュースのもとで活動しています。

SUPER JUNIOR-LEETEUK

KYUHYUNと同じ「SUPER JUNIOR」のメンバーで、リーダー。2005年に「SUPER JUNIOR」の第1世代「SUPER JUNIOR 05」のメンバーとして公式デビューします。もともと世代交代しながら活動していくと決まっていた「SUPER JUNIOR」。

LEETEUKは次のグループに入る予定でしたが、2006年頃に「SUPER JUNIOR 05」の人気が高まったことをきっかけに、事務所が計画を変更して「SUPER JUNIOR」として売り出していく方針になり、リーダーの座もそのままとなりました。

司会者としての評価が高く、韓国のバラエティ番組のゲストや司会、ラジオDJとして活躍しています。

すばらしい音響で楽しめる注目アーティストのイベントを体感せよ!

KNTV 20th&DATV 7th Anniversary Live 2016」のイベント概要、会場、アクセス、座席表、出演アーティストについての情報をお届けしました。音響がすばらしい会場で人気アーティストのパフォーマンスを楽しめるイベント、これは見逃せませんね!もちろん、SUPER JUNIOR-LEETEUKのMCも気になるところ。まだまだ盛り上がりをみせる韓流文化、ぜひ体感しに行きましょう!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。