ジンクスも怖くない?所属事務所との再契約を果たしたK-POPグループ達!

K-POPグループを応援し続けたい!と思っても、ぶつかってしまうのがグループと事務所の契約問題。一定期間の契約が終了すると、メンバーは再契約かそのまま事務所を離れるかの選択肢が与えられます。純粋に応援したい気持ちはあるけれど、ショービジネスであるK-POPグループとしては避けられない問題ですよね!今回は2017年までに再契約を結んだグループを中心に、いくつかのグループの契約事情までお届けします。7年目のジンクスを破るK-POPグループはこれからどんな道を進むのでしょうか?

ペンにとっては最大の難関!再契約問題をクリアしたK-POPグループとは?

(出典:Photo ACより)

K-POPを愛するファンにとって必ず通る道である、応援しているK-POPグループの再契約問題。所属事務所によって契約期間が異なりますが、デビューの際にあらかじめ決められた契約年数が定められており、中には同じグループのメンバーでも個人で契約期間が異なることも。

デビューの時からお世話になった事務所との契約延長や再契約を取るか、新たなフィールドでの活動を取るか。グループにとってもメンバーにとってもこの決定はとても敏感なもので、K-POPグループが解散しやすい時期7年の壁は、もはやファンにとって再契約の際に恐れるジンクスとなっています。

K-POPファン泣かせなK-POPグループとの再契約問題を、2017年現在クリアしているグループをご紹介!各グループの再契約時期や、現在どんな活動をしているのかにも迫ります!

2014年に再契約「CNBLUE」

先輩バンドFTISLANDの所属する事務所「FNC」から、2010年にデビューしたCNBLUE。メンバー1人欠けることなく、契約終了の2014年に再契約を結んでいます。

日本でも同年にデビューし、現在はメンバー全員がドラマ出演を経験するなど、音楽活動以外にも広く活動しているK-POPグループです。

【速報】CNBLUE、7月からアジアツアー「2017 CNBLUE LIVE [BETWEEN US]」開催決定!

2014年に再契約「少女時代」

大手事務所「SMエンターテイメント」から2007年にデビューしたK-POPガールズグループの「少女時代」。韓国で国民的なヒットを記録した「Gee」は、日本でもK-POPブームを巻き起こした人気グループです。

メンバーであったジェシカの脱退はあったものの、デビュー7年目のジンクスとなる2014年に再契約を終えた8人。特にアイドル寿命が短いとされるK-POPガールズグループを率いるお姉さんグループとして、近年ではソロやユニット活動を含め、今後も活動は続きます!

少女時代!ついに10周年を迎える。10年を振り返る!2017年の活動は?

2015年に再契約「2PM」

現役歌手パクジニョンが代表を務める事務所「JYPエンターテイメント」から2008年にデビューしたK-POPボーイズグループ「2PM」。「野獣アイドル」として注目を集め、リーダーであるジェボムの脱退を越えて、7年目のジンクスである2015年にメンバー6人が再契約を締結。

再契約の年数は3年と発表されており、2018年にはまた契約延長か再契約の判断が迫られることとなります。また、兄弟グループであった「2AM」は2015年にメンバーそれぞれが事務所を離れ、一旦の活動休止状態となりました。

2PMが入隊前最後となるコンサート「6Nights」で号泣。入隊を控えた2PMメンバーからのメッセージとは?

2015年に契約延長「Girl’s Day」

ソロ女性歌手IUなどが在籍する「LOENエンターテイメント」から2010年にデビューしたK-POPガールズグループの「Girl’s Day」。メンバー入れ替え後は、4人のメンバーで活動しており、2015年に契約延長したことを明かしました。

セクシーコンセプトに転換した曲「Something」で一気に注目を集め、2017年7月10日にはデビュー7周年を迎え、今後の活動継続の意欲を見せています。

面白い×セクシー!?「Girl’s Day」の人気順メンバープロフィール♡

2015年に再契約「SUPER JUNIOR」

大手事務所「SMエンターテイメント」より2005年にデビューしたボーイズグループ「SUPER JNIOR」。デビュー当時は13人のメンバーの多さや中国人メンバーの存在など、新しい試みが多く用いられたグループとして話題になりました。

その後メンバーの活動休止などがありましたが、2015年にはメンバー9人が再契約を発表。グループ活動を休止していたキボムは、2015年に契約を終了し、新たな芸能活動へ道を歩みました。

【速報】SUPER JUNIORが2017年のカムバックを予告!約2年ぶりのグループ活動に高まる期待!

INFINITEは契約協議中…

2017年に所属事務所「LOENエンターテイメント」との契約終了とされていたK-POPボーイズグループのINFINITEは、現在再契約を協議中。グループ解散やメンバー脱退にもなりかねない問題ですので、今後メンバーの再契約の行方にも関心が集まります。

INFINITEのBe mineなぜこんなにもそろったダンスが踊れるの!?

K-POPグループの試練「再契約」は今後も気になるキーワード

(出典:Photo ACより)

K-POPファンには避けて通れない問題、所属事務所との再契約を果たしたK-POPグループを取り上げました。7年目のジンクスと呼ばれ、メンバー脱退や解散の時期に転機となるのが、K-POPグループと事務所との契約問題です。

デビュー後の宿舎生活や給料の仕組みなど、日本の音楽業界とは異なる点の多いK-POP界ならではの再契約問題ですが、メンバーが安心して楽しく活動できることが第一ですよね。今後も多くのK-POPグループが経験する再契約や契約延長の行方は、今後応援していく中で無視できない事柄でもあります。

K-POPの関連記事はこちら!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。