【iKON名古屋レポ/日本ガイシホール】iKON JAPAN DOME TOUR 2017追加公演のセトリ&感想&グッズ列まとめ

ソロデビューしたバビ、そして今年二度目のカムバックが期待され話題の韓国から来た7人組ボーイズグループのiKON。好評開催中の「iKON JAPAN DOME TOUR 2017 追加公演」もオーラスへ向け走っています! 10/17(火)名古屋公演のグッズ列、セトリ、感想などまとめてレポしていきます♪

「iKON JAPAN DOME TOUR 2017 追加公演」 in 名古屋

海外アーティスト最速で、ドームツアーを成功させた、YGが誇る7人組ボーイズグループのiKON。

京セラドーム大阪につづき、メットライフドーム(旧・西武ドーム)での、ドーム公演を終え、再び近い距離・狭い空間でのコンサートを開催してくれているiKONですが、ドームという大きな目標をクリアしたからでしょうか、彼らの進化が何倍も加速した感がありますね☆
本日 10月17日の名古屋を含め、「iKON JAPAN DOME TOUR 2017 追加公演」も 残すところあと8公演!  今日はどんな姿を見せてくれるのか、売れ行き好調なグッズやセトリをまとめてご紹介していきますね♪

iKONの公演を過去レポで振り返ってみましょう☆

「iKON JAPAN TOUR 2017 追加公演」 in 静岡 をおさらいしましょう♪

K-POPアーティストとして堂々と、静岡の地に降り立ったiKON。
エコパアリーナは小笠山総合運動公園内に存在する多目的アリーナで、隣接するエコパスタジアムと並び、静岡随一の施設です。
コンサート会場でありながらその周辺は、芝生の緑で溢れ、ツアートラックの向こうに垣間見える山並みが美しく、参戦されたコニギさんを癒してくれたことでしょう。
前日からの雨が残り、降ったりやんだりでしたが、静岡コニギのみなさんも、遠征組のみなさんもそんなお天気に負けないくらい元気でしたよね!!!

バビくん(BOBBY)のソロ、初の日本語バージョン披露☆

2017年11月29日に日本でもソロデビューするバビくん。福岡公演から解禁となったタイトル曲の「RUNAWAY -KR ver.-」ですが、静岡公演では日本語で歌ってくれました♪

iKON最強カップルの復活?!

最近めっきり大っぴらに絡むことが減っていたiKON不動のカップル、ジナンフェ(ジナン+ジュネ)♡ この静岡公演では、かなりの絡みが拝めたようで、ジナンフェ推しのコニギさんは大満足だったことでしょう♪

「iKON JAPAN DOME TOUR 2017追加公演」 in 名古屋 グッズ列まとめ

AM8:00

AM9:00

AM10:00

PM17:00

「iKON JAPAN DOME TOUR 2017追加公演」 in 名古屋 セトリ&感想まとめ

アリーナ座席表☆

セトリ♪

1.BLING BLING
2.SINOSIJAK REMIX
3.JUST ANOTHER BOY

-MC-

4.MY TYPE -Acoustic Ver.-
5.#WYD

-MC ボーカル組-

6.BE I REMIX
7.HOLUP! REMIX
8.ANTHEM

-MC ラッパー組-

9.RUNAWAY -JP Ver.-

-MOVIE-

10.PERFECT
11.AIRPLANE

-MC-

12.JUST GO
13.APOLOGY

-MOVIE-

14.RHYTHM TA REMIX
15.B-DAY
16.DUMB & DUMBER

-MC-

17.WHAT’S WRONG?
18.WORLDWIDE
19.LONG TIME NO SEE

-アンコール-

20.WELCOME BACK
21.M.U.P

-ハンビン センイル-

22.BE.I

感想♡

1部

2部

今日のiKON名古屋公演も、とっても元気で楽しかったようですね!

ハンビンくんの誕生日祝いも♪

3年連続 日本で誕生日を祝って貰った、iKONのリーダー ハンビンくん。
それを見込んでハンビンペンさんも多数、名古屋入りしていたようで本当によかったですね! その反面で、次の幕張だと見当を付けていたコニギさんも悲しまないで! 改めてハンビンの誕生日を祝福しましょうね!!!

iKONとコニギにとって意味深い名古屋公演を楽しみましょう♪

(出典:photo AC より)

昨年、名古屋にて初めてのコンサートを開催したiKONですが、その直前にリーダーのハンビンくん(B.I)が目を負傷し、パフォーマンスに制限がありました。チームの核であるハンビンくんの居ないステージは、iKONにとってもコニギさんにとっても特別な感情をもたらしました。反面、メンバー同士で気遣い 助け合う姿に心打たれたコニギさんも多数おられたと思います。改めて誰か一人欠けてもiKONは成り立たないのだと痛感した名古屋の思い出。
今年はそんな思い出を払拭すべく、楽しく・はしゃいで会場がひとつになるほどのテンションMAXで、盛り上げていきましょう♪

iKONのおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。