イホンギが初主演するドラマ 百年の花嫁大特集!魅力たっぷりの情報盛りだくさん♡

イホンギは、歌手、俳優として幅広く活躍するK-POPアイドルです。

2010年5月に、FTISLANDのメインボーカルとして日本デビュー。多くのファンを魅了しているイホンギ。

ここでは、イホンギが出演するドラマ「百年の花嫁」を通して、その魅力に迫ってみましょう。

イホンギが初主演する連続ドラマ「百年の花嫁」~ストーリー~

「百年の花嫁」は、韓国の大財閥グループの御曹司、チェ・ガンジュ(イホンギ)との結婚をめぐり、ひょんなことから婚約者の身代わりになることになったナ・ドゥリム(ヤン・ジンソン)との恋を描いたラブストーリー♪。

イホンギ演じるチェ・ガンジュは、どうしようもないツンデレ王子。ルックスとスタイル、財力に恵まれているものの、性格は最悪!幼い頃のトラウマから、愛情を信じられない暗い過去を抱えています。

チェ・ガンジュの婚約者チャン・イギョン(ヤン・ジソン二役)は、婚約寸前に失踪。あわてたイギョンの異母兄チャン・イヒョン(ソンヒョク)が見つけてきたのが、イギョンと瓜二つのドゥリム。貧しい漁村で暮らし困窮していたドゥリムは、イギョンの代役を引き受けるのです。そんなことを知らないガンジェは、ドゥリムの明るく奔放な態度に腹を立てながらも、次第に惹かれていきます。

物語は、大財閥であるチェ家に掛けられた呪い「長男の最初の嫁は必ず死ぬ」という伝説を軸に、チェ家の守り神である幽霊が登場したり、イギョンとドゥリムをめぐる複雑な恋模様が描かれています。ラストまで、ふたりの恋の行方から目が離せませんよ!

イホンギが初主演する連続ドラマ「百年の花嫁」~見どころ~

「百年の花嫁」の見どころは、何と言ってもイホンギ演ずる御曹司チェ・ガンジュの俺サマ!ぶり♪

財閥の御曹司として幼い頃から育てられたガンジュ。幼い頃のトラウマが原因で、心を閉ざしていましたが、ドゥリムに出会ったことで少しずつ変わっていきます。次第に惹かれあう二人…。婚約者の替え玉だとは知らないガンジュが、ドゥリムに恋心を抱いていく姿に、ハラハラドキドキの展開です。

ドゥリムもガンジュに対して同じ気持ちになりながら、なかなか本当のことを言えないジレンマに苦しみます。二人の周囲には、さまさまな秘密や思惑を抱えた人々が恋の障害となって立ちはだかるのです。やがて、ドゥリムの本当の姿を知ることになるガンジュは…。失踪した婚約者チャン・イギョンとナ・ドゥリムは、正反対の性格の女性。その二人を見事に演じ分けるヤン・ソンジンの演技力にも注目です。

また、ドゥリムに恋心を抱きながら、影で見守るチャン・イヒョン(ソンヒョク)の切ない姿も見どころのひとつですよ♪「イケメンですね」で、コミカルな演技を見せたイホンギとはまた違うキャラクターを魅力的に演じています。

「百年の花嫁」来日記者会見

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。