FTISLAND「hello hello」はつい口づさみたくなる?

FTISLANDの人気曲の一つ、Hello Hello

K-POPならではの独特のメロディで、ちょっぴり哀愁漂う感じのメロディが特徴的ですね。耳に残ってつい口ずさんでしまうメロディで、ぜひチェックしておきたい一曲です。

Hello Helloのポイントについて紹介していきますね!エフティーが気になりだしたあなたはココで覚えちゃいましょう!筋金入りの(!?)えぷぺんが教えちゃいます!

FTISLANDの「hello hello」はスローテンポからアップテンポへ変化するリズム感が特徴


(出典:youtube)

まずはイントロからサビへのテンポの変化です。最初はゆったりとしたスローテンポで始まるものの、そこからはロックバンドならではの勢いのあるメロディに変化していきます。

中々ないメロディながらも耳に残りやすいキャッチーなメロディで、好きになる方も多い曲ですね。

このメロディー、ふだんK POPを聞かない方でも、なんだか気になっちゃうのでは!

「hello hello」はリズム感が良くてライブでも盛り上がる!


(出典:youtube)

特にサビになるとノリも良いので、ライブでは特に盛り上がるんです! かけ声なども合わせて覚えておくとライブではより楽しむ事ができます。

かけ声は元々ありませんでしたが、つくられたんですよ!歌詞の中で出てくるHello Hello とGood Bye Good Byeの所でかけ声を入れます。

また、スンヒョンのラップの際にもかけ声を入れます。基本はこれだけでシンプルなので覚えやすく、ライブでも気軽に盛り上がれます。FTのみんなと一緒に盛り上がろう!!

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。