FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」全7会場の座席表・アクセス・周辺施設をまとめておさらい!

2017年にはデビュー10周年を迎えたFTISLAND。8月にニューシングルをリリースし、秋にはツアー「Here is Paradise」を開催予定です!ここでは、FISLANDの秋ツアー「Here is Paradise」の全7会場の座席情報などをリサーチ!会場ごとの交通アクセスや座席表の解説、さらにはトイレ&コインロッカーの場所から、周辺施設までをお教えします♪2017年のアニバーサリーイヤーに行われる日本公演をぜひお楽しみに!

FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」の会場&座席をおさらいしよう!

2017年8月23日(水)にはニューシングル「Paradaise」をリリースする5人組バンド「FTISLAND」。9月からは全国7会場を回る秋ツアー「-Here is Paradise-」も開催予定となっています!

ボーカルであるイ・ホンギの力強い歌声と、イケメン揃いのメンバーが集まるFTISLANDの秋ツアー「-Here is Paradise-」。ここでは全7会場の座席表をはじめ、交通アクセスや周辺施設情報などをお伝えします。

ツアーのスケジュールはこちらをチェック!

FTISLAND 秋ツアー「-Here is Paradise-」開催決定&日本17thシングル「Paradise」8月23日リリース!

目次

FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」会場【豊洲PIT】

FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」の最初の公演となるのは、東京会場の豊洲PITです!
9月7日(木)~8日(金)の2日間ライブが開催される豊洲PITは、2014年にオープンしたばかりの大型ライブハウスとして知られていますね。

会場概要

東京都江東区豊洲6-1-2-3
TEL:033-531-7888

交通アクセス

最寄り駅は、ゆりかもめ「新豊洲駅」。北口からは、徒歩約3分で豊洲PITへ到着します。
また、1つ手前の駅である東京メトロ有楽町線「豊洲駅」では、7番出口から徒歩約0~12分程度で豊洲PITへ到着します。

座席表

豊洲PITのキャパは、スタンディング時で3,103人。FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」では、唯一のスタンディング公演となります。フロアはステージのある1階のみ。2ブロックごとに段差があり、奥の方でも見やすい工夫がされていますね。

コインロッカー&トイレ

コインロッカーは、以下の通り。

1551個
屋外(普通 915個 / 大型 36個)
屋内(普通 600個)
料金
普通 300円 / 大型 600円
ロッカーサイズ
普通:横22.6cm×奥行42.2cm×高さ29cm
大型:横22.6cm×奥行48.2cm×高さ77.4cm

(出典:公式サイトより)

トイレは、ホワイエ内の左手奥にあります。会場外のトイレは遠いため、最寄り駅か途中の主要駅の利用をおすすめします。

周辺施設

新豊洲駅の南口方面にある「ローソンS江東豊洲六丁目店」や「ファミリーマート豊洲スカイズ店」などが最寄りのコンビニです。また、豊洲駅からは「ららぽーと豊洲」がありますので、ショッピングや飲食には困らなそうですね。

FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」会場【広島文化学園HBGホール】

FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」の2公演目となるのは広島会場の広島文化学園HBGホールです!
9月12日(火)にライブが開催される広島文化学園HBGホールは、1985年にオープンして2012年にネーミングライツによって名称が変わりました。

会場概要

広島県広島市中区加古町3-3
TEL:082-243-8881

交通アクセス

最寄り駅は、路面電車である広島電鉄「市役所前駅」。徒歩10~12分程度で、広島文化学園HBGホールに到着します。
また、広島駅の南口にある3番乗り場より「広島バス24番吉島病院行」に乗車して「加古町」バス停で降り、徒歩1分程度で到着します。

座席表

広島文化学園HBGホール大ホールのキャパは、最大2,001人のアリーナタイプ。1階は1,444席、2階は857席で構成されています。1階は通路後方の13列目からなだらかな傾斜があり、2階は13列全体に傾斜があるため、ステージは見えやすいでしょう。

コインロッカー&トイレ

会場内のコインロッカーの情報は確認できませんでした。広島駅などの主要駅を利用しましょう。
トイレは1階に男女それぞれあり。数は多くないので、開演前はお早めに。

周辺施設

広島文化学園HBGホールの周辺施設ですが、会場はホテルを兼ねているため、1階にレストラン「リバースガーデン」などの飲食施設も利用可能。もちろん宿泊も平日は1名6,600円で利用できますので、遠方から来る方にも便利ですね!

FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」会場【福岡サンパレス】

FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」の3公演目となるのは福岡会場の福岡サンパレスです!
9月13日(水)にライブが開催される福岡サンパレスは、1981年にオープンし、コンベンションセンターの1つとして親しまれています。

会場概要

福岡県福岡市博多区築港本町2-1
TEL:092-272-1123

交通アクセス

最寄り駅は、西鉄「天神駅」です。駅から会場までは徒歩でも30分程度と距離があります。
駅の2A乗り場から「西鉄バス80番中央ふ頭行」に乗車し、「国際会議場サンパレス前」バス停で降り、徒歩約2分で福岡サンパレスに到着します。

座席表

福岡サンパレスのキャパは最大2,316人。1階は1,468席、2階は360席、3階は488席の3階で構成されています。座席全体が奥に行くほどなだらかな傾斜になっており、見えやすい工夫がされています。

2階、3階と共に1階後方席の上に張り出したような作りですので、ステージの見え方は同じくらいの距離になるでしょう。

コインロッカー&トイレ

コインロッカーは1階と2階にあり。1階は小200円24個、2階は小200円6個とかなり少なめ。座席の下に入る程度の荷物なら問題ありませんが、スーツケースなどは事前にホテルに預けるか、福岡駅などの主要駅の利用をおすすめします。

トイレは、各階に1ヶ所ずつあり。数は多くはないので、特にアリーナ席にあたる1階は混雑が予想されます。

周辺施設

福岡サンパレスにほど近い福岡国際会議場内のレストラン「ラコンテ」やホテル内の展望レストラン「ラピュタ」などをはじめ計4つの
レストランがありますので、飲食には困りません。もちろん宿泊も可能ですので、遠方からライブを見に来た方は特にアクセスが楽ですね。

FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」会場【センチュリーホール】

FTISLAND秋ツアー「-Here is Paradise-」の4公演目となるのは愛知会場のセンチュリーホールです!
9月21日(木)にライブが開催されるセンチュリーホールは、1990年にオープンした多目的ホールで、白鳥をイメージした建物が特徴的です。

会場概要

愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1
TEL:052-683-7711

交通アクセス

最寄り駅は、名港線「日比野駅」と、名城線「西高蔵駅」。どちらも駅から約5分でセンチュリーホールに到着します。

座席表

センチュリーホールのキャパは、最大3,012人です。1階は1,510席、2階は774席、3階は718席と3階で構成されています。奥の席になるほどなだらかな傾斜がついており、ステージも見やすい座席ですね。

2階、3階の座席は1階席後方部分に張り出すようになっている作りですので、ステージからの距離感はあまり変わりありません。

コインロッカー&トイレ

コインロッカーは、会場内にあり。料金は大きさ別に200円と300円となっていますが、大きさや数は確認できませんでした。大きな荷物は入らない可能性が高いので、名古屋駅などの主要施設をご利用ください。
トイレは各階にありますが、特に1階は混雑の傾向がありますので、上の階の利用もおすすめです。

周辺施設

センチュリーホールの周辺施設は、ホールのある1号館7階の展望レストラン「パステル」や、2号館2階の喫茶室「ユリ」が利用可能です。また、周辺には「ミニストップ名古屋日比野店」や「ファミリーマート日比野店」などもありますので、飲食には困りません。

宮城・大阪・東京公演は次のページへ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。