FTISLAND、デビュー10周年!デビュー曲「恋煩い」リメイク版で再誕生!!

デビュー10周年を迎えたFTISLANDが、デビュー曲「恋煩い」をイ・ホンギ×キム・ナヨンのデュエットとして再誕生させました。FTISLANDが2007年に空前の大ヒットを記録した「恋煩い」の魅力と、少年から大人の男へと成長したイ・ホンギ、そしてキム・ナヨンの切なくも力強い歌声にも注目!

切なく訴えるボーカルで再誕生

5月28日午後12時、FTISLANDの所属事務所FNCエンターテインメントが、10周年スペシャルデジタルシングル「恋煩い(Withキム・ナヨン)」のMVを公開。韓国デビュー10周年を迎えるFTISLANDが、自身のデビュー曲である「恋煩い」をデュエット曲にアレンジして再誕生させました。

再誕生した「恋煩い」とMV

切なくも雄大なアレンジが加わり再誕生した「恋煩い」。10代の少年から成熟した魅力を披露する大人の男へと成長したイ・ホンギと、実力派歌手キム・ナヨンの力強い歌声がマッチし、ファンに愛され続けたこの曲が不朽の名曲であることを証明しました。

MVでは、美しかった二人の思い出を回想しながらも苦しい別れに身を置く男女のエピソードが描かれています。ここにイ・ホンギとキム・ナヨンの胸に響くような歌声が加わることで、物語の切なさを最大限に表現し見る者の心に訴えかけます。

キム・ナヨンさんとは?

今回、楽曲に参加して素晴らしい歌声を披露しているキム・ナヨンさん。他アーティスト曲への参加だけでなく、数々のドラマのサウンドトラックにも参加しその歌声で聴く者を魅了してきました。

そんなキム・ナヨンさんについてのエピソードを少しだけご紹介いたします。

2012年にリリースされたプロデューサー・Jung Keyの「ホルロ(Alone)」にフィーチャリング参加し、歌手活動を始める。2013年、Mnetのサバイバルオーディション番組『SUPER STAR K5』に出場するが、トップ10入りはできなかった。2014年12月、デジタルシングル「ニ マルデロ(As you told me)」をリリースし、正式デビューする。

(出典:KBS World Radioより)

キム・ナヨンさんのフェイスブックはこちら

ドラマ「むやみに切なく」や「太陽の末裔」などのサウンドトラックにも参加されています。

デビュー曲「恋煩い」とは?

2007年6月に韓国でデビューしたFTISLAND。彗星のごとく現れた彼らはデビュー55日目にしてこの「恋煩い」で大衆の心を掴み、一躍注目を集めました。そして当時の週間配信チャートで8週連続1位という記録を残し、その年の新人賞までも獲得し「恋煩い」は空前の大ヒット曲となったのです。

【デビュー当時のMV】

苦楽を越えて

楽曲だけでなく、現役高校生バンドということもあり10代からの人気も圧倒的だったFTISLANDですが、順調なエピソードだけではありません。

デビューから2年後の2009年に、メンバーのオ・ウォンビンが脱退という道を選ぶことになります。ラストステージでは、メンバーの涙がファンの涙を誘いました。

その後同じく2009年にソン・スンヒョンを新メンバーに迎え新体制となって、現在まで走り続けてついに10周年を迎えたのです。

「恋煩い(Withキム・ナヨン)」のMVを見たファンの感想は?

新しい魅力の「恋煩い(Withキム・ナヨン)」を聴いてみたファンの方々の感想をいくつかご紹介させていただきます。

二人とも抜群の歌唱力を誇るボーカルということもあり、やはり歌唱力について触れている方が多いようでした。思わず鳥肌が立つような圧倒される歌唱力のハーモニーは、一度聴いたら引き込まれてしまう世界観を持っています。

 

FTISLANDの他のオススメ記事

 

今後の活躍にも大きな期待

(出典:pixabayより)

10周年を迎えるFTISLAND。6月7日には10周年記念アルバム「OVER 10 YEARS」が発売されることが発表されています。

まだまだ走り続けるFTISLANDの今後の活躍にも期待が高まります。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。