EXO オンライン調査”過激なファンによりイメージが下がる芸能人は誰?”でダントツ1位に…止まない韓国のサセンペン問題に迫る

EXOが「過激なファンの影響でイメージが下がる芸能人は?」というオンライン調査で1位を獲得しました。今回の投票ではEXOの他少女時代やWannaOneなども上位にランクイン。その人気がゆえに、過激なファンも多くイメージを悪くしているアーティストに名乗りをあげてしまいました。本人たちに全く非がないので本当に残念ですよね。本日は、オンライン調査の内容をメインに、韓国のサセンペン問題にもクローズアップしていきたいと思います。

EXO “過激なファンによりイメージが下がる芸能人”1位に


この度EXOが、「過激なファンの影響でイメージが下がる芸能人は?」というオンライン調査で1位を獲得したことが明らかになりました。

EXOは、最近「2017 SOBA」で「新韓流人気賞」1位を獲得しておりそんなおめでたいニュースを更新したばかりでしたが、

【祝】EXO、”2017 SOBA”事前オンライン投票の結果「新韓流人気賞」1位を獲得!授賞式にも参加確定

本日は、真逆の残念なニュースとなってしまいました。本人達に全く非はありませんが、その人気が圧倒的過ぎて、それだけにファンの心理も過激化していると思われます。

ここからオンライン調査の内容をメインに、韓国のサセンペン問題にもクローズアップしていきたいと思います。

EXOが1位を獲得してしまったオンライン調査。少女時代やWanna Oneもランクイン


(出典:photoacより)

今回の調査は2017年9月3日~9日の1週間、オンラインコミュニティDC Insideと、好み検索企業My Celebs運営のExiting DCが、ネットユーザーを対象に投票を行いました。

テーマは、「過激なファンの影響でイメージが下がる芸能人は?」。

結果計22,668票集まった投票の内訳はこのようになりました。

上位3組

1位:EXO 4,789票(21.1%)
2位:少女時代 1,627票(7.2%)
3位:Wanna One 1,550票(6.8%)

4位以下

4位俳優ソン・ジュンギ
5位キム・スヒョン
6位イ・ジョンソク
7位JYJ

2位の少女時代については、韓国の女性グループの中でも最大のファンダムを持っていることもあり、これまで他のファンダムと対立することも多く、昨年はテヨンがサセンペンから深夜まで電話がかかり「寝たいです」とインスタにアップしたこともありました。

3位は「プロデュース101」シーズン2から誕生したWanna One。皆さんご存知の通り今の彼らの韓国での人気は日本にいる私達の想像を超えるものがあるのですが、

デビュー前から既に移動時の身体的な接触や写真撮影など危険な行為が相次いでいました。

また現在グループ全体というよりは11人それぞれの固定ファンが多いため、「出番」に関する議論や、支持していないメンバーをボイコットするなど内部の問題が表面化してきています。

EXOのサセンペン問題


(出典:photoacより)

さて、前項に上位ランクインしている3組は全て他を寄せ付けないほどの「圧倒的」な支持を得ている超人気アーティストです。

ですので、ファンの皆さんもその「好き」な気持ちが大きすぎて、私生活まで追っかけてしまうほどのめりこんでいる、という状況に陥ってしまっているようです。

ダントツ1位のEXOについては、デビュー直後から韓国と中国で巨大なファンダムができました。

しかし他のアーティストへの誹謗中傷や、Wanna One同様移動時の危険な追っかけ(以前空港で怪我したメンバーもいます)、音楽番組収録でのルール違反などもあり、EXOのファンクラブは「人気歌謡」の事前収録に出禁になったこともありました。

そのほか、EXOのサセンペンが起こした問題をまとめてみました。

  • トイレに入ってきて写真を撮る
  • ホテルのシャワー室に録音機をつけ音声をネット上に流す
  • 家族の結婚式に押し寄せる
  • 宿舎の前に包丁を持って立つ
  • メンバーがいない楽屋に入り私物のリュックをあさる
  • メンバーが履いていたパンツ・靴下を販売するとSNSに予告(さらに付いていた髪の毛もあると書き込む)


トイレでの写真撮影については、メンバーがトイレの入り口を塞ぎ苦労している写真もアップされ、メンバー自身も日々大変困っている状況がうかがえました。

また、これは韓国人だけの問題ではなく、昨今日本や中国のファンの過激な行動も目立ってきています。

詳しくは以下記事に特集を組んでいますのでぜひご覧頂きたいのですが、

EXOを悩ませる過激ファン「サセン問題」の実態とは?日本人のファンマナーは大丈夫?

とにかくサセンペンの行動が年々過激化しており、そのため今回のランキングにも反映されている通り、アーティストの一生懸命な活動に対し足を引っ張るようなイメージを与えてしまっています。

EXOのサセンペン問題について過去のツイッターでの反応


(出典:photoacより)

マナーを守って応援しよう!


(出典:photoacより)

現状EXOに限らず一部ストーカー的な行為でアーティストを苦しめるサセンペンがまだまだいます。

しかし、ほとんどが純粋に大好きでマナーを守って応援しているファンの方たちなんです。その一部のマナーを守らない過激なファンの方の行為で、

アーティストが苦しみ私生活もまともに安心して過ごせない状況があるなんて、本当に胸が痛いです。

今始まったことではないので今すぐ解決できる問題ではありませんが、

「アーティストとファン」という立場に限らず、相手が不快に思うことはしない、不快になることをしていないか?と自分の行動を省みることも日々の人間関係で大切なことです。

ぜひ皆さんも「相手の気持ちになって考える」ことを大事にしマナーを守ってこれからも大好きなアーティストを応援していってくださいね。

EXOのオススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。