共感!怖い?EXOペン(ファン)の有名あるあるネタをご紹介!

SMエンターテインメントが世に送り出した、12人組人気アイドルグループ、EXO。今回はEXOペンあるあるネタをご紹介!ファンの間ではちょっと怖いと有名な「サセン」の存在についても触れていきます。

東方神起少女時代SUPER JUNIORなどを輩出したSMエンターテインメントが世に送り出した、12人組人気アイドルグループ、EXO

韓国で活動するEXO-Kと中国で活動するEXO-Mにわかれての活動もみられますね。迫力あるダンスが最大の売りで、大勢いる韓国系アイドルグループの中でも圧倒的なパフォーマンスと歌唱力が群を抜いています。

メンバー個々の実力が高くて、応援しているほうもつい熱くなってしまいます。ファンのことを韓国語で「팬(ペン)」と呼ぶのはK-POPファンにとってはお馴染み。EXOペンの活動としてはいろいろな楽しみがあります。メインであるコンサートにグッズ集め、ブログをやったり、Twitterで交流したり、などなど。

そんな中で、今回はEXOペンあるあるネタをご紹介!ファンの間ではちょっと怖いと有名な「サセン」の存在についても触れていきます。「これわかる~!!」というあるあるネタで共感して楽しみましょう!

EXOペンのあるある。その① K-POPを知らない人についついEXOを広めてしまう

K-POPファンにとっては、もはや知らない人はいないくらい有名な人気グループになりましたが、EXOペンとしては、やっぱり彼らの魅力を広めたくなっちゃうもの。

周りを巻き込んでペンにしちゃった!ということも少なくありません。誰でもEXOの完璧なルックスやパフォーマンス、一度聞いたら頭から離れない中毒性のある曲に心を奪われてしまいますよね。

中には家族みんなが協力してくれる!なんていうペンもいるようです。楽しそうですね。

また、一部の過激で怖いというファン=サセンについて言及する一般のペンもいます。EXOの魅力を広めるのはいいことですが、こんな風に見られないようにするのも大事なマナーですね。

ちなみに、K-POPを全然知らない人に対していきなり「ねーねー、EXOって知ってる?」と聞くと、何のことかわからない相手から「・・え???えくそ??」と不思議がられちゃうのもあるあるです。

EXOペンのあるある。その② EXOのロゴや数字に反応してしまう

EXOの衣装によくある数字!数字が書いてあるTシャツを見つけると思わず欲しくなっちゃいます。特に88は、メンバーのカイが身につけていたというだけでなく、全員が着ていた衣装にもありますよね!

他の番号もペンにとっては特別のようです。

そして、いたるところにEXOのロゴを書いてしまうというペン!

ちなみに、数字にまつわる話で有名なサセンの行動もあります。メンバーの電話番号をどこからか入手して電話をかけたり、他のサセンと交換したりしている、というもの。過激なペンの存在を心配している声もあがっています。

メンバーが何度も番号を変えたというエピソードもあります。同じ数字でも電話番号まで追いかけるのはマナー違反。ファンでいてくれることは嬉しくても、私生活まで追いかけられてしまうのは怖いですよね。

EXOペンのあるある。その③ 最初は名前を覚えるのに1週間はかかる

人数が多かったり、髪型が似ているメンバーがいたりして最初は全然名前が覚えられない!!というのもあるあるですよね。

でもペンになったら、いつの間にかコンプリートできちゃいます。それは各メンバーの個性がとっても濃いからです。中にはメンバーそれぞれの性格や口癖、目や鼻や口などのパーツだけで判別できたり、声を聞いただけで分かったりしちゃうレベルになるツワモノもいるとか・・・!

友達にメンバーの特徴を聞いたのに、逆に困ってしまったというペンもいるようです。

多くのペンが最初にメンバーを覚える努力をしているようですね。

EXOのメンバーの名前は全部覚えられるのに、日常の他のことが覚えられない現象も起きています。

メンバーの名前を覚えるだけでなく、すべてを調べ上げてどこまでも追いかけていってしまう行動が他のペンだけでなく、EXO本人たちにも怖いと思われてしまっているサセン。

事務所や本人たちから、その行動についてコメントが出されていることも有名です。ファンとして、あくまでも他に迷惑をかけないように応援をしたいものですね。

EXOの他のオススメ記事

気になったら、EXOのコンサートに行こう!

大人気アイドルグループであるEXOペンあるあるネタ、共感していただけたでしょうか?行き過ぎた行動が怖いと有名なサセンについても触れてみましたが、やはりマナーは大切ですよね。これらを通じて、ペン同士の共感を高めて、マナーを守って楽しく応援しましょう!彼らの魅力を堪能するならやはりライブ。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。