EXOを応援する際に覚えておきたい掛け声特集!応援法の動画付き!

2012年から活動を開始した韓国のアイドルグループ・EXO(エクソ)。韓国を中心に活動するグループと、中国を中心に活動するグループとで2つに分かれて活動を行っているグループです。コンサートで大盛り上がりできる掛け声やコール。もちろんEXOにもたくさんの掛け声ができる曲があります。今回は動画と併せて掛け声初心者さんにも分かりやすく解説しています!

EXOの掛け声 思いっきり応援したい!

(出典:Pixabayより)

2012年から活動を開始した韓国のアイドルグループ・EXO(エクソ)は韓国を中心に活動するグループと中国を中心に活動するグループとで2つに分かれて活動を行っているグループです。そんなEXOは日本のK-POPファンの中でも人気急上昇中のアーティストのひとつです。

 

大好きなアーティストのライブに行ったら思いっきり大きな声で声援を送りたい!ファンの皆で合わせて掛け声を掛けたいと思うのがファンの心情ですよね。でもファンになるきっかけが少し遅くなってしまったりすると困るのが、どうやっていいのか?どうやって覚えるのか?誰に教わったらいいのか?という所!

そこで、今回はそんなEXOを応援する際に覚えておきたい掛け声を特集♪動画付でご紹介します。

覚えておきたい!EXOの掛け声 12人バージョンの『MAMA』

先ほども説明したようにEXOは通常中国で主に活動するEXO-Mと韓国で主に活動するEXO-Kの2つのグループに分かれて活動しています。そのため、同じ曲でもEXO-KバージョンとEXO-Mバージョン、そして12人全員バージョンと3通り作られている場合があります。ここでは、人気曲である『MAMA』の12人バージョンをご紹介します。

『MAMA』掛け声ポイント

  • メンバーの名前のコール
  • 「We are EXO」コール
  • 「MAMA」コール

ポイントはこの3つ!他にもいくつかコールが入りますが、この3つのポイントだけでも合わせられれば気持ち良いはずです!

この動画では、掛け声のタイミングの時にひらがなでテロップが出ます。ひらがなで表記されているので、とっても分かりやすいので掛け声初心者の方にもおすすめです。

但し、現在は9人で活動中のEXO。メンバーの名前コールも多少変更がされています。紹介した動画は12人バージョンですので変更点は下記になります。注意してください!

【変更前】

「クリス!シウミン!ルハン!レイ!チェン!タオ!We are EXO!」

【変更後】

「シウミン! キム ミンソク!レイ!チャン イーシン!チェン !キム ジョンデ!We are EXO!」

一時期は脱退したメンバーの部分を「EXO」に切り替えてコールしていた事もあったようですが、現在はこのコールに落ち着いているようです。名前を呼ばれるのはメンバーにとっても力になるのではないでしょうか?

覚えておきたい!EXOの掛け声 優しい歌声とダンスナンバーが心に響く『Growl』

2曲目にご紹介するのは、静かなメロディーとEXOの優しい歌声が心に沁みるような曲『Growl』です。韓国語では『ウルロン』という曲名で収録されている曲で、ウルロンの名前の方がファンの間で浸透しています。

『Growl』掛け声ポイント

  • 「ウルロン」コール

まさしくこの「ウルロン」がコールのポイント!韓国語のコールはどうしても難しいので、ここだけでも覚えましょう!

こちらもひらがなテロップで見やすいですね。何度も繰り返すコールなので一度タイミングさえ掴んでしまえばノレそうですね。

覚えておきたい!EXOの掛け声 カッコよすぎるライブ動画を見ながら練習できる『History』

3曲目は、カッコよすぎるライブの様子を見ながら『History』の掛け声練習ができる動画をご紹介します。2012年4月に発売されたミニアルバム・MAMAに収録された曲で、グループ毎の掛け声がありますが今回は12人全員で歌う時の掛け声をご紹介します。

『History』掛け声ポイント

  • スピードに乗る

とにかくスピードが速い曲ですので聞き入っているとコールが遅れてしまいます。「oh oh oh oh」という部分がありますので、そこだけでも何とかコール合わせましょう!

テロップを読み損ねてしまうほどのカッコいいライブ映像です。何度観ても飽きないパフォーマンスに魅了されるはずですので、掛け声の練習をかねて視聴してみてくださいね。

覚えておきたい!EXOの掛け声 中毒性のある1曲『OVERDOSE』

4曲目は、ビヨンセなどを手掛ける有名なプロデューサーチームUNDERDOGSが手掛けた中毒性のある作品です。

『OVERDOSE』掛け声ポイント

  • 「OVERDOSE」コール

歌詞の後ろに付いてくる「OVERDOSE」のコール。メンバーとも一緒に声を合わせる事もできるポイントです。

「Oh she wants me Oh she,s got me,Oh she hurts me」という部分も少し難しいですが、是非覚えたいポイントです。

覚えておきたい!EXOの掛け声 狼の叫び声が印象的『WOLF』

5曲目は『WOLF』。オオカミが人間の女性に恋に落ちてしまうという少しファンタジー感のある曲ですが、EXOらしい1曲で盛り上がる代表曲でもあります。

『WOLF』掛け声ポイント

  • メンバーの名前コール
  • 「サランヘヨ」コール

狼の叫び声の後に「サランヘヨ」と答えるようなコール。タイミングが難しいですが大事なポイントです!

こちらの動画はすでに9人バージョンに変換されていますので、すぐにライブで活用できそうですね。

覚えておきたい!EXOの掛け声 ダンスが話題になった『CALL ME BABY 』

圧倒的なダンスが話題となった1曲です。

『CALL ME BABY 』掛け声ポイント

  • コールからスタート!

「Call me baby!」といきなりコールから曲がスタートします。乗り遅れないように注意です!

覚えておきたい!EXOの掛け声 日本デビュー曲『Love Me Right 』

日本でのデビュー曲となった『Love Me Right 』はすでに韓国バージョンと中国語バージョンが出ていましたので、掛け声もそのまま同じ掛け声を利用しています。

『Love Me Right 』掛け声ポイント

  • サビの「 Na Na Na Na」

POPな曲ですのでコールも簡単な英語で初心者向きかもしれません。

韓国語バージョンでも中国語バージョンでも使えるのもありがたいですね。

覚えておきたい!EXOの掛け声 『Coming Over』の掛け声とは?

日本初オリジナルシングルで2016年12月7日に発売された日本での2番目のシングル曲です。

『Coming Over』掛け声ポイント

  • 「Coming Over」コール

この曲だけは少し他の曲と違う部分があります。このフレーズも実際にはあまり聞こえないかもしれません。

もともと掛け声やコールをするという習慣が日本にはありません。その為この日本語曲の場合どうコールしていいのか、誰が決めるのかハッキリとした所がないようです。実際にツイッターなどで確認してみても「Coming Overには掛け声がない」「Coming Overでなんでコールがないの?」といった声が聞かれます。

ファンの間でも何とか拡散したいという活動はあるようですので今後の展開も楽しみな所です。

覚えておきたい!EXOの掛け声 オススメ記事はこちら

掛け声を覚えてEXOのコンサートに行こう!

もちろんメンバーの名前を呼んだり、叫んだりするのも楽しいです。ですがファンの皆さんと一緒にコールや掛け声を楽しめるのもEXOのライブの醍醐味だと思います。これからもどんどん覚えないといけない掛け声も増えてくるはずです。今のうちに既存分は覚えておきましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。