【釜山のイケメン男子】CNBLUEのボーカル、ジョンヨンファのプロフィールを徹底解剖!

韓国の大人気4人組バンドCNBLUE!そのリーダーであり、メインボーカルを務めるジョン・ヨンファについて深堀りしていきます。ヨンファの基本プロフィールだけでなく、性格や魅力!CNBLUEで魅せる顔だけでなく、ソロ活動やドラマ、バラエティー番組でも大活躍しています。そんなヨンファがどんな魅力を秘めた人物なのか徹底解剖していきます!

CNBLUEのヨンファを深堀り!

(出典:pixabayより)

韓国の男性4人組人気バンドCNBLUE音楽活動も俳優業も大活躍のヨンファのプロフィールや性格、魅力について詳しくご紹介していきます!これを読めば、あなたもヨンファにはまってしまうはず!

CNBLUEって?

CNBLUEは、FNCエンターテイメントから2010年1月16日にデビューした韓国出身の4ピースロックバンドです。CNBLUEの名前の由来は「Code Name BLUE」。「BLUE」とはメンバー1人1人のイメージの英単語の頭文字(イ・ジョンヒョンはBurning、カン・ミンヒョクはLovely、イ・ジョンシンはUntouchable、ジョン・ヨンファ(チョン・ヨンファ)はEmotional)をとったものとされ、「4人で一つの色を作る」という意味も込められている。

ボーカル、ギター、ピアノ、リーダーをヨンファが務め、ギターをジョンヒョン、ベースをジョンシン、ドラムをミンヒョクが務めています。

韓国でデビュー前の2009年に音楽修行のため日本へ留学し、同年8月19日に『Now or Never』を発売、日本でインディーズデビューを果たしましています。そのため、メンバーは日本語がとても上手です。

韓国では「외톨이야(ひとりぼっち)」「사랑 빛(愛の光)」「LOVE」「I’m Sorry」など数々のヒット曲を生み出してきました。

ヨンファのプロフィール

  • ジョン・ヨンファ(정용화、鄭容和)
  • 生年月日:1989年6月22日 (韓国年齢で29歳)
  • 身長:179.6cm
  • 体重:65kg
  • 血液型:A型
  • 担当:リーダー、メインボーカル、リズムギター、ピアノ
  • 出身地:ソウル特別市生まれ、釜山広域市育ち。
  • 家族構成:父、母、兄
  • 特技・趣味:音楽鑑賞と曲作り、ギター、ピアノ演奏、バスケットボール、スノーボード

釜山では知らない人は居ないイケメンだった!?

2歳の時に釜山直轄市(現・釜山広域市)に転居したヨンファ。釜山ウォンツ小学校から南山中学校、南山高校へと進学しました。以前のインタビューで故郷は釜山だと思っていると語っています。高校時代は釜山では知らない人がいないイケメンと言われるほど有名だったそうなのですが、某インターネットサイトに投稿されたスキー場の写真がきっかけでソウルにもその名が知れわたり、芸能スカウトが足しげく釜山に通い、芸能界へと口説き落とした、というエピソードの持ち主です。
とにかくデビュー前からイケメンであることで有名だったようですね!

デビュー当初は、ヨンファの釜山の方言が抜けていないところが良いと好評でした!男らしい口調で釜山男と言えばヨンファといったイメージでした、

ヨンファの魅力や性格って?

歌声が素敵すぎる!

K-POP界には歌の上手い人たちが沢山いますね!その中でもヨンファの歌声は一味違い、男らしく伸びのいい歌声が魅力です。シャウトや高音、かすれ声など全てが魅力的で、美声ながらもどこかハスキーな歌声にファンはハマってしまいます。ヨンファの多種多様な音楽に合わせてさまざまな歌声を魅せてくれるので、飽きが来なく、常に新鮮な気持ちで音楽に浸ることができます。

ヨンファの作る音楽が良い!

CNBLUEや、ヨンファソロでリリースする楽曲のほとんどは自作曲であることがほとんどです。2015年にヨンファがソロでデビューした、ソロ1stアルバム『ある素敵な日』では収録された10曲がすべて自作曲です。
当時インタビューでヨンファは、「個人的には全曲すべてタイトル曲にしたい。悩みも多かったが、事務所スタッフ全員の投票まで経た。その中で『ある素敵な日』が最も多くの票を獲得して決まった。」 「10曲すべてが自分の子供だ。100%満足している。これ以上、手を加えるところがない。完ぺきだと思っている」 と話していました。
本人も自信作と言い切れるほどの楽曲たちはどれも素晴らしく、ヨンファの多才な魅力が詰まったアルバムとなっています。

天真爛漫で人を惹きつける性格!

存在自体が魅力だとも言えますが、ヨンファという人の人柄が素敵です。仕事に対してはプロとして厳しくて、徹底していますが、プライベートや他人と一緒にいる時は本当に明るくて、澄んだ笑顔を見せてくれるし、思いやりのある人です。だからこそ、テレビやラジオの様々な番組でも多くの方々から愛されているのが見えてきます。いたずら好きで小学生のような一面もあり、人懐っこく、ファンからも芸能界同士でも愛される存在です。

音楽だけじゃなく演技の才能も!

デビュー前の2009年のSBS大人気ドラマ「美男ですね」カン・シヌ役で芸能界デビューを果たしたヨンファは一気に注目の存在となりました。アジアで爆発的人気ドラマだった「美男ですね」のシヌ役といえば韓国ドラマ好きには知らない人はいないでしょう。
その後も、2011年MBCドラマ「オレのことスキでしょ」イ・シン役で初主演を務め、イケメン大学生役を演じました。
2013年「未来の選択」のパク・セジュ役、2014年「三銃士」 パク・ダルヒャン役など俳優としても数々出演しています。

ヨンファの魅力が詰まった「私たち結婚しました」

2010年5月から2011年5月まで出演したバラエティ番組『私たち結婚しました(우리 결혼했어요)』通称:ウギョルで少女時代のマンネ、ソヒョンと仮想夫婦を演じ、大きな話題となりました。

ヨンファとソヒョンのカップル、通称:ヨンソカップルは、他の出演カップル達と比べて明らかにボディータッチなどが少なく、よそよそしくて視聴者たちはもどかしい気持ちにさせられていました。
しかし、真面目で男性と話すのが苦手だったソヒョンが少しずつヨンファに心を開いていく姿がなんとも初々しく、視聴者たちを釘付けにしていきました。
約1年間、仮想夫婦を演じ、ファンにとても惜しまれながら仮想夫婦を解消していきました。歴代のウギョルカップルのなかでも大人気カップルでアジアを中心とした海外でも、今も根強いファンがいます。

 

ヨンソカップルの詳しい記事はこちら
【ヨンソの愛に涙】CNBLUEヨンファ&少女時代ソヒョンのウギョルがまた見たくなる!

ウギョルでは、ヨンファのおちゃめで気さくな性格がたびたび顔を出し、番組内では、幼稚ないたずらをしたりするところが子供のようだったことから「ヨンチョディン(ヨン小学生) 」とソヒョンにニックネームを付けられました。

見ている視聴者が、胸キュンしてしまいます!一度是非ご覧になってください。

 

ドラマ「美男ですね」でハマった人は多いはず!

2009年に放送されたSBS「美男ですね」は、爆発的人気ドラマとなり、日本でも何度か放送されました。「美男ですね」では主演のチャン・グンソク、パク・シネと共に、ヨンファとFTISLANDのイ・ホンギが出演し、一気に韓流スターへとなりました。
ドラマでのセリフや、行動がトレンドとなり、ヨンファの演じるカン・シヌ役は主演であるコ・ミニョ(パク・シヌ)をずっと見守り、思いを寄せながら支える男性でした。傷ついたミニョにそっと差し出すシーンから「タオル男」や「ミルク男」というあだ名がつきました。

さまざまな才能で魅力いっぱい!

先日の2017年8月12日に韓国で放送されたSBS「パク・ジニョンのパーティーピープル」に、BLACKPINKと共に出演したヨンファ。

CNBLUEの人気曲「I’m sorry」「Can’t stop」披露しました。
そしてヨンファは「BLACKPINKの『口笛』を聴いた。最初に流れる口笛に戦慄した」と言いながら直接口笛を吹きました。そして、ジョン・ヨンファとBLACKPINKのコラボが即席で行われた。ジョン・ヨンファの口笛とリサの声が調和し、異色のステージが繰り広げられました。

続いてロゼのギター演奏に合わせてヨンファが歌を歌う、「Officially Maissing You」。もう1つのコラボステージが完成しました。
そして活動中の新曲「That Girl」披露し、観客を沸かせました。

この放送で、ギター、ピアノ、口笛、そして素晴らしい歌声をみせたヨンファは多才な才能を披露しました。

CNBLUEのヨンファが気になる!

現在はソロ音楽活動を終え、主演ドラマ撮影真っ最中でのヨンファ!パワフルで、男らしい音楽が魅力のCNBLUEとしてだけでなく、俳優、バラエティー番組、MCなどとしても活躍するヨンファのこれからに注目していきたいです!

CNBLUEの関連オススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。