CNBLUE マルチな才能をもったヨンファをご紹介!PV動画、出演情報他

韓国出身の4人組バンド、CNBLUE

CNBLUEの「CN」は、コードネーム。「BLUE」はメンバーの頭文字をとってつけられました。2010年にデビューを果たし、今後の活躍も楽しみですよね。

ここではCNBLUEのメンバーの中からリーダーであるヨンファをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

CNBLUE ヨンファ
(出典:popo-no-kanshingoto.blog.so-net.ne.jp)

CNBLUEのギター・ボーカル・ラップ:ヨンファ

CNBLUEでギター・ボーカル・ラップを担当するのは、チョン・ヨンファ。

1989年6月22日生まれ、血液型はA型です。CNBLUEではリーダーも務め、個性あふれる4人を見事にまとめています。

日本ではボーカルとギターを担当しているミュージシャンは多いですが、それにラップも担当するというのはすごいですよね。まさにマルチな才能を感じさせてくれます。

CNBLUE ヨンファ2
(出典:prcm.jp)

CNBLUEのヨンファは俳優としても活躍中

CNBLUEのリーダーでもあるヨンファは、アーティストとしての活動だけでなく、俳優としても活動しています。

実は、音楽活動よりも俳優として芸能界デビューしているのは驚きですよね。2009年に人気ドラマ『美男ですね』に出演。その後、『私たち結婚しましたシーズン2』などにも出演し人気を獲得してきました。

ドラマの役から「タオル男」「ミルク男」なんてニックネームで呼ばれることもあるヨンファ。実際もドラマの役に負けないほどの男前を見せてくれています。

CNBLUEの「Radio」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはCNBLUEの魅力を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのは、CNBLUEのヒット曲「Radio」のミュージックビデオです。アイドルとは異なりバンド形態であるため、自身で演奏するCNBLUE。バンドサウンドと打ち込みを見事に融合させているのがさすがCNBLUEといったところですよね。

最先端のCNBLUEのサウンド、ぜひ感じてください。

CNBLUEのヨンファが出演した「Golden Disk Awards 2013」

続いてご紹介するのは、「ヨンファ (CNBLUE) Golden Disk Awards 2013」。

第27回 ゴールデンディスクアワードが開催されたクアラルンプールで見せたパフォーマンスの映像です。ヨンファが歌うのは、ロックバンドMaroon5のカバー曲「Payphone」。流暢な言葉で歌うヨンファの語学力も知ることができます。オリジナル版とヨンファによるカバーどちらもチェックしておきたいところです。

CNBLUEのおすすめ記事

CNBLUEのライブに行こう!

CNBLUE ヨンファ3
(出典:jisin.jp)

CNBLUEのリーダー、ヨンファのご紹介いかがでしたでしょうか。アーティストとして、俳優としても活躍する彼の魅力が伝わったのではないでしょうか。チケットキャンプではCNBLUEのチケットを取扱中です。韓国や日本で活躍を続けるCNBLUEのサウンド、ぜひライブで感じてくださいね。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。