【プロフィール】CNBLUEの笑顔がキュートなドラム担当ミニョク(ミンヒョク)ってどんな人?

韓国のイケメン4人組バンドCNBLUE!今回はCNBLUEの笑顔がキュートなドラマー、ミンヒョク(ミニョク)のプロフィールを深堀りしていきます。ミンヒョクはグループとしての音楽活動ではなく、俳優としても大活躍しています。また、ドラム担当のミンヒョクの意外な歌唱力とは?バラエティーでも爆笑をとるミンヒョクの多彩な魅力をご紹介します。

CNBLUEのドラム担当ミンヒョクってどんな人?

(出典:pixabayより)

韓国の男性4人組人気バンドCNBLUE!可愛い笑顔が魅力的なドラムを担当するメンバー、ミンヒョク(ミニョク)のプロフィールや性格、魅力について詳しくご紹介していきます!

CNBLUEって?

CNBLUEは、FNCエンターテイメントから2010年1月16日にデビューした韓国出身の4ピースロックバンドです。CNBLUEの名前の由来は「Code Name BLUE」。「BLUE」とはメンバー1人1人のイメージの英単語の頭文字(イ・ジョンヒョンはBurning、カン・ミンヒョクはLovely、イ・ジョンシンはUntouchable、ジョン・ヨンファ(チョン・ヨンファ)はEmotional)をとったものとされ、「4人で一つの色を作る」という意味も込められている。
ボーカル、ギター、ピアノ、リーダーをヨンファが務め、ギターをジョンヒョン、ベースをジョンシン、ドラムをミンヒョクが務めています。
韓国でデビュー前の2009年に音楽修行のため日本へ留学し、同年8月19日に『Now or Never』を発売、日本でインディーズデビューを果たしましています。そのため、メンバーは日本語がとても上手です。
韓国では「외톨이야(ひとりぼっち)」「사랑 빛(愛の光)」「LOVE」「I’m Sorry」など数々のヒット曲を生み出してきました。

CNBLUEミンヒョクの基本プロフィール

  • カン・ミンヒョク(강민혁、姜敏赫)
  • 生年月日:1991年6月28日(韓国年齢:27歳)
  • 身長:184cm
  • 体重:60kg
  • 血液型:A型
  • 担当:ドラム
  • 家族構成:父、母、姉
  • 趣味・特技:サッカー、バスケットボール、フルート演奏

実家は焼肉屋さん!

CNBLUEファンの中では有名な話ですが、ミンヒョクのお父さんは実家で焼肉屋さんを経営しています。
永登浦駅(ヨンドゥンポ)から徒歩10分ほどにある「꼼장군(コンジャングン)」というお店で、壁一面にポストイットのメッセージや写真などが並んでいるので、店内に入ったらCNBLUE一色!という雰囲気だそうです。
ファンが来店しているようで、各国からのメッセージが貼られています。テレビも置いてあり、CNBLUEのライヴ映像が常に流れています。

ミンヒョクのお父さんは笑顔が可愛らしく、優しい素敵な方だそうで、お客さんの中にはミンヒョクパパに会いにいくというファンの方もいて、プレゼントを渡したりしているそうです!

特にニコッと笑った顔がそのままミンヒョク、というほど似ているらしいです。帰り際に写真を頼んでも気さくにニコニコしながら撮ってくれるそうで、一度は行ってみたい焼肉屋さんですね。

ミンヒョクの魅力や性格とは?

可愛い笑顔が特徴!

CNBLUEのグループ内でのイメージではミンヒョクは「Lovely」で、どこか幼さの残る笑顔からも、そのキャラがピッタリ当てはまっています!韓国男性らしい、一重まぶたの美男子で、笑ったときに細くなる目がとても可愛らしいです。

実は素敵な歌声の持ち主!

CNBLUEではボーカルを担当するのはヨンファとジョンヒョンで、ミンヒョクが歌っているイメージがない方がほとんどだと思います。しかし、ヨンファと共に出演していたドラマ「オレのこと好きでしょ」ではドラマ中のOSTで「별(星)」という楽曲を歌っています。また、ドラマ「タンタラ」ではバンドのボーカル役として出演し、OST「I See you」という曲を披露しています。ミンヒョクの歌声は優しく甘い歌声でバンドのドラム担当とは思えない歌唱力を秘めています。

小言が多い!?

ミンヒョクは綺麗好きな性格で、いつも部屋を綺麗に整理整頓して完璧な状態にしておきたいそうで、メンバーと同居していた時代には部屋を散らかすメンバーたちに、毎回のように小言を言っていたという事実もテレビ番組で暴露されています。

ライブ中にファンがメンバーへ向かって投げるおもちゃやぬいぐるみなどを、メンバーが持ち帰ろうとすると「それを一体どこに置くの?すでにぬいぐるみで部屋が埋まってるじゃないか」「早く持ち主のファンに返してこないと、もう家事を手伝わない!」と、年上であるメンバーたちに指示をするという面白いエピソードあります。

しっかり者のミンヒョク!

CNBLUEの中ではベースのジョンシンと共にマンネ(末っ子)のミンヒョク。可愛い笑顔の持ち主で、一見ふわっとしているように見えるミンヒョクですが、性格はしっかり者です。先輩後輩や男女問わず、誰に対しても礼儀正しく優しいと評判であり、ドラマの共演者や他グループの先輩後輩などからも、とても慕われているそうです。

俳優業での活躍が素晴らしい!

2010年のSBSドラマ「大丈夫、パパの娘だから」の演技初挑戦を皮切りに、2011年MBCドラマ「オレのことスキでしょ。」2012年KBSドラマ「棚ぼたのあなた」2013年SBSドラマ「相続者たち」2016年SBSドラマ「タンタラ」2017年KBSドラマ「学校2017」MBCドラマ「病院船」など多数のドラマに出演しています。CNBLUEのメンバー全員が俳優として活動していますが、ミンヒョクはその中でも多くの作品に出演、しており、演技力の高さが認められています。
特に2016年出演のドラマ「タンタラ」では、主要メンバーとしてキャスティングされ、ドラマを盛り上げると共に、OSTにもボーカルで参加し注目を集めました。ミンヒョクは可愛いキャラクターから誠実な役まで幅広い演技が出来るので、どのドラマにも自然と溶け込んでいます。

バラエティーでも活躍を見せる!

ミンヒョクはCNBLUEとしてバラエティー番組に出演するだけでなく、個人でも多く出演しており視聴者を楽しませています。

国民の弟と報じられるまでに!

2015年に放送されたMBC「私は一人で暮らす」では、ミンヒョクは最年少メンバーとして合流し、自ら雑用を買って出て、どんな状況でも笑顔を失わず、人々を和ませましたら、ミンヒョクの新たな魅力が視聴者を次々に魅了していきました。
一日中、頼み事や配達に追われたミンヒョク。しかし、彼は文句ひとつ言わずに、最後まで笑顔で仕事をこなした。ユク・ジュンワンの鉢植えの世話までして視聴者を感動させ、まさに「国民の弟」の一面を見せました。

意外すぎる泳ぐ姿に一同が大爆笑!

2015年に放送されたKBS 2TV「芸・体・能」では水泳団の創団を迎え、新メンバーとしてミンヒョクの水泳の実力が注目を浴びました。

8等身のプロポーションを誇りながら登場したミンヒョクはヘッドホンを着用し、水泳のスタートラインに立ち、開始前から自然に体を和らげる動作で只ならぬ雰囲気を漂わせていたミンヒョクはプロのような姿で出演者たちの期待を一身に受けました。安定した姿勢でプールに飛び込むミンヒョクの姿に出演者たちは歓声を挙げ、新エースの登場を直感!
しかし、少し泳いだだけでゴーグルが外れたミンヒョクは出発したレーンから離れ、斜めに泳いだり、レーンと連続して衝突するなど右往左往する姿を見せ、見守っていた出演者たちも最初の期待とは違うミンヒョクの隙だらけの水泳に爆笑しました。

CNBLUEのこれからの活動にも注目!

今回はCNBLUEの俳優としても活躍するドラム担当のミンヒョクのプロフィールをご紹介しました。CNBLUEの日本6枚目となるオリジナルアルバム「STAY GOLD」が10月18日に発売されることが決定し、韓国だけでなく日本活動も忙しくなるCNBLUEの活動にこれからも目が離せません!

CNBLUEのオススメ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。