CNBLUEのドラム ミンヒョクのプロフィールを徹底解剖!

2010年、ミニアルバム『Bluetory』でデビューを果たした韓国出身のバンド、CNBLUE

アイドルでもなくパフォーマンスグループでもない、純粋な4人組バンドは日本でもデビューを果たし、今注目されているバンドのひとつとなりました。日本でも修行のために数多くのライブを行ってきたCNBLUE。

ここではCNBLUEのメンバーの中からミンヒョクをご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

CNBLUEのドラム:ミンヒョク

CNBLUEのドラムを担当するのは、カン・ミンヒョク。

1991年6月28日生まれ、血液型はA型です。サッカーなどスポーツに長けている面もありながら、特技がフルートという両刀ぶりをいかんなく発揮しています。スポーツ万能でもあり、音楽の才能もある男子、こんな生徒が同級生にいたら女の子はたまらないのではないでしょうか。

大人になっている方も、当時を思い出すと、そんな男の子は間違いなくモテモテでしたよね。

CNBLUEのミンヒョクはとってもおしゃれ

CNBLUEの他のメンバー同様、アーティストとしてだけでなく、俳優としても活躍を見せるミンヒョク。

映画『パン屋襲撃事件』をはじめ、ドラマ『大丈夫、パパの娘だから』『オレのことスキでしょ。』など数多くの作品で演技を披露しています。

また、ファッショニスタとしても知られるミンヒョク。来日など空港で見せるファッションでは、ファンを唸らせるおしゃれなファッションを見せています。

CNBLUEの「Truth」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはCNBLUEの魅力を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのは、CNBLUEのヒット曲「Truth」のミュージックビデオです。間を生かしたリズムが特徴の「Truth」。

ドラムを担当するミンヒョクの実力をたっぷりと感じることができます。フィルターをかけたシンセサイザーや、ワウを使ったギターなど、音楽としても楽しめる「Truth」のミュージックビデオをチェックしてくださいね。

CNBLUEの「I’m Sorry」をミンヒョクアングルで収めた動画は必見です!

続いてご紹介するのは、CNBLUEの「I’m Sorry」をミンヒョクのアングルで収録した動画です。

ミンヒョクのドラムプレあイを見るにはぴったりの動画に仕上がっています。キック・スネア・ハイハットと様々なパーツを自分の体のように自在に操るミンヒョク。

コーラスも見せるなどアーティストとしての魅力をたっぷりと感じることができるでしょう。

CNBLUEのおすすめ記事

CNBLUEのライブに行こう!

CNBLUEのミンヒョクのご紹介、いかがあでしたでしょうか。彼のドラムにフォーカスした動画など見応えたっぷりでしたよね。チケットキャンプではCNBLUEのチケットを取扱中です。ほかのアイドルとはひと味違うバンド、CNBLUEのライブにぜひ行ってみてくださいね。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。