CNBLUEのギター&ボーカルを担当するジョンヒョンの詳しいプロフィールをご紹介!これからは俳優にも挑戦!?

韓国のイケメン4人組バンドCNBLUE。CNBLUEのギターとボーカルを担当する硬派なメンバー、ジョンヒョンのプロフィールを詳しくご紹介していきます。その流暢な日本語でCNBLUEの日本活動を支え、作詞作曲もしています。韓国では音楽活動だけでなく俳優業や、 バラエティー番組でも活躍するジョンヒョンの魅力を深堀していきます!

CNBLUEのジョンヒョンってどんな人?

(出典:pixabayより)

韓国の男性4人組人気バンドCNBLUE!硬派なギター&ボーカルを務めるジョンヒョンのプロフィールや性格、魅力について詳しくご紹介していきます!

CNBLUEって?

CNBLUEは、FNCエンターテイメントから2010年1月16日にデビューした韓国出身の4ピースロックバンドです。CNBLUEの名前の由来は「Code Name BLUE」。「BLUE」とはメンバー1人1人のイメージの英単語の頭文字(イ・ジョンヒョンはBurning、カン・ミンヒョクはLovely、イ・ジョンシンはUntouchable、ジョン・ヨンファ(チョン・ヨンファ)はEmotional)をとったものとされ、「4人で一つの色を作る」という意味も込められている。
ボーカル、ギター、ピアノ、リーダーをヨンファが務め、ギターをジョンヒョン、ベースをジョンシン、ドラムをミンヒョクが務めています。
韓国でデビュー前の2009年に音楽修行のため日本へ留学し、同年8月19日に『Now or Never』を発売、日本でインディーズデビューを果たしましています。そのため、メンバーは日本語がとても上手です。
韓国では「외톨이야(ひとりぼっち)」「사랑 빛(愛の光)」「LOVE」「I’m Sorry」など数々のヒット曲を生み出してきました。

ジョンヒョンの基本プロフィール

  • イ・ジョンヒョン(이종현、李宗泫)
  • 生年月日:1990年5月15日
  • 身長:182cm
  • 体重:72kg
  • 血液型:O型
  • 担当:ギター、ボーカル、作詞作曲
  • 出身地:韓国・釜山直轄市(現・釜山広域市)
  • 家族構成:父、母、姉二人
  • 趣味・特技:テコンドー、柔道、音楽鑑賞、エクササイズ

CNBLUEジョンヒョン、実は幼少期に日本で暮らしていた!

ジョンヒョンの家族は両親と姉2人で、ジョンヒョンが4歳から8歳(韓国年齢)まで日本(京都、大阪)で暮らしていました。幼少期に日本で過ごしているため、韓国に戻った当初、韓国語がうまく話せず、就学を1年遅らせて小学校に入学したそうです。
子供の頃に日本に住んでいただけなので、大きくなって日本語はほとんど忘れてしまっていたのですが、CNBLUEとして日本で活動するにあたって、日本語を勉強し直したジョンヒョン!おかげでメンバーの中では通訳を通さなくてもジョンヒョンが通訳代わりになってくれるほどの日本語の実力です。

CNBLUEジョンヒョンの魅力や性格って?

癒される歌声が素敵!

CNBLUEではメインボーカルはヨンファが務めていますが、ジョンヒョンがメインで歌う楽曲もいくつかあります。ヨンファの抑揚のあるパワフルな歌声とは違い、ジョンヒョンは落ち着き、安定感のありしっとりとした楽曲が似合う歌声です。ヨンファとはまた違う別の魅力が見ることができるので、ジョンヒョンの歌声にも注目です!

クールなビジュアルが魅力的!

CNBLUEはイケメン揃いの4人組ですが、中でもジョンヒョンは目鼻立ちのはっきりとした男前!クールで男らしいビジュアルで、他のメンバーとはまた違った魅力があります。

おおらかですこし天然!?

ジョンヒョンは典型的なO型タイプでどちらかと言えば、小さいことは気にしないという大らかな性格の持ち主です。
ライブ中に、歌詞が頭から抜けてしまったり、替え歌のように歌詞が変わってしまうことも多いのですが、それすらも後に本人は忘れてしまうという天然さでそんなところもファンから愛されています。

武道の実力がすごい!

ジョンヒョンの真面目そうな雰囲気とは意外にも、小学生時代からテコンドーを習い、中学では柔道も始め、高校時代には釜山地区で優勝を果たすなど柔道の実力があるジョンヒョン。歌手じゃなかったら柔道選手になりたかったようですが、下の階級の選手に試合で負けてしまったことがあり、そこで柔道への熱はすっかり冷めてしまい、漠然と音楽を始め、音楽の魅力にどっぷりとはまってしまいました!

作詞作曲も手がける!

「Never Too Late」「a.ri.ga.tou」「Lie」「Kimio」など、日本でリリースした楽曲のほか、韓国では
「愛は雨に乗って」「そうだよ」などの作詞・作曲を手がけています。

CNBLUEジョンヒョン これからは演技にも力を入れる?

最近ではジョンヒョンは音楽活動の傍ら、俳優業にも力を入れてきています。韓国ドラマ「紳士の品格」や「オレンジ・マーマレード」、映画などにも出演し、バラエティ番組などでも活躍しています。自身の出演するドラマのOST(挿入歌)を歌うこともあります。
各メンバーが俳優としても活動し始め、高い演技力が評価されています。CNBLUEとしてグループ活動だけでなく、個人個人が活躍し、注目されてきています!

CNBLUEジョンヒョンは、あのギュラインの一員!

メンバーは東方神起のチャンミンのほか、リーダーのSUPER JUNIORキュヒョン、SUPER JUNIORリョウク、EXOスホ、SHINeeミンホ。そこに加わったジョンヒョン!
グループ名の由来は、キュヒョンの“キュ”と同じLINEに立つ仲間たちということで、「キュライン」(ギュライン)と呼ばれています。
加入条件はゲーム・ワイン・漫画が好きな仲間で構成されたギュライン。イケメンであることもかかせない条件だそうです。ギュラインで集まり遊んだり、飲みに行ったりすることが多いそうです。
基本がSMエンターテイメントのメンバーで出来上がってるギュラインですが、ジョンヒョンはそのメンバーに馴染み仲良くしているようです。

CNBLUEジョンヒョン出演「私たち結婚しました」も必見!

CNBLUEのヨンファも以前出演していたMBCの人気バラエティ番組「私たち結婚しました」で“コンイ夫婦”と呼ばれて人気を集めたジョンヒョンと女優コン・スンヨン!仮装夫婦期間は、わずか5ヶ月という短い期間で、ファンからは別れ反対の声が多く上がりました。
ジョンヒョンの仮装夫婦の相手であったコン・スンヨンはSMエンターテイメントで練習生をしており、アイドルとしてデビューする予定でしたが、歌手にはならず女優として活動しています。また、大人気ガールズグループTWICEのメンバージョンヒョンの実の姉であることでも有名です。
コンイカップルが美男美女でお似合いであることや、お互いが接する様子から「実際に付き合ってるのでは?付き合ってないなら付き合ってほしい!」と言ったファンからの声が多く上がっていました。

日本活動にも力を入れているCNBLUEにこれからも注目!

今回はCNBLUEの硬派なギター&ボーカル、ジョンヒョンのプロフィールをご紹介しました。CNBLUEの日本6枚目となるオリジナルアルバム「STAY GOLD」が10月18日に発売されることが決定し、韓国だけでなく日本活動も忙しくなるCNBLUEの活動にこれからも目が離せません!

CNBLUEのオススメ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。