2017年の超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の座席表まとめ!アリーナ席&スタンドの良席予想!

超新星ユナク出演の舞台「花・虜美人」が、2017年の3月から公演スタートとなります。アイドル「超新星」とは異なる俳優のユナクが見られる、2017年の舞台「花・虜美人」。今回は東京・名古屋・大阪公演の座席表、アリーナ席&スタンドの良席予想をいたします!

【2017年の超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の座席表は?アリーナ席&スタンドの良席予想までご紹介!】

アイドルグループ超新星のユナク出演の舞台「花・虜美人」が2017年の3月から全3会場で公演開始!超新星ユナクはもちろんのこと、元宝塚のトップスター・凰稀かなめが宝塚退団後初めて舞台に立つということで、そちらも非常に話題になっていますね。

舞台「花・虜美人」は、三国志「項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)」をテーマに扱ったストーリーで、ユナクは漢の国王「劉邦」を演じます。そしてその劉邦のライバルであり、楚の武将である「項羽」は清水良太郎さんが、2人が争った女性といわれる虜姫(ぐき)を凰稀かなめが演じるとのこと。超新星のユナクや凰稀かなめのファンの方はもちろん、三国志好きの方にとっても要注目の舞台でしょう。

今回はそんな「花・虜美人」が行われる東京・名古屋・大阪の3つの会場の座席表をはじめ、アリーナ席&スタンドの良席をご紹介いたします。

【2017年の超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の座席表、アリーナ席&スタンドの良席予想:東京公演】

2017年超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」東京公演の会場&座席表

2017年の超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の東京公演は、「TBS赤坂ACTシアター」にて、2017年3月26日(日)~3月31日(金)にかけて行われます。

この「TBS赤坂ACTシアター」は赤坂サカス内にあり、2008年に開館した新しい劇場です。中も非常にきれいで、どの席でもゆったりとくつろいで鑑賞ができるかと思います。

「TBS赤坂ACTシアター」の座席表では、1階のアリーナ席最大890席、2階のスタンドが最大434席となっており、約1300人ほどが鑑賞できる会場となっています。

2017年超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」東京公演会場の良席予想!

2017年超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」が行われる「TBS赤坂ACTシアター」の良席はいったいどの辺りなのでしょうか。

座席表や中の様子を見る限りでは、アリーナ席にあたる1階の前列も非常に良さそうですが、スタンドにあたる2階の前列も、当たりの席でしょう。

1階アリーナ席は、舞台との距離が近いので非常に迫力のある劇を楽しむことができそうです。さらに2階スタンドの前列では距離がある分、舞台全体を無理なく見渡すことができますので、1階アリーナ席とはまた違った良さが出てくるでしょう。

▼赤坂ACTシアター座席表

ユナクや凰稀かなめの迫力ある演技をより近くで見たいというのなら、1階アリーナ席の前方でしょう。舞台のストーリーに入り込みたいという場合は、スタンド2階席の方が良席になりそうです。

【2017年の超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の座席表、アリーナ席&スタンドの良席予想:名古屋公演】

2017年超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」名古屋公演の会場&座席表

2017年の超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の名古屋公演は、「愛知県芸術劇場」にて、2017年4月15日(土)~4月16日(日)の2日間にかけて行われます。

この劇場は「愛知文化芸術センター」の中にあります。大ホールでは馬蹄型オペラ会場をイメージしたつくりが特徴的。1階にあたるアリーナ席と2階のスタンド席、3~5階の囲み型のバルコニーがあり、約2,500人を収容することができる非常に大規模な劇場です。

かなり大きな劇場ですので、キャストをよく見るためには良席を確保したいところですよね。

2017年超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」名古屋公演会場の良席予想!

2017年超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」名古屋公演が行われる、愛知県芸術劇場の良席はどの辺りでしょうか。

1階アリーナ席&2階スタンドともに正面の席を確保することができれば快適に観劇することも可能です。ただし側面の席になってしまうと、非常に見えづらい座席になってしまうかもしれません。

愛知県芸術劇場大ホール座席表

愛知県芸術劇場大ホール1階最後列

愛知県芸術劇場大ホール5階バルコニー側面側

今回の舞台「花・虜美人」ではプレミア席・S席・A席が用意されているのですが、特に名古屋会場でご参加の予定の方はよりグレードの高い席が良席になりそうですね。

【2017年の超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の座席表、アリーナ席&スタンドの良席予想:大阪公演】

2017年超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」大阪公演の会場&座席表

2017年の超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の最後の会場となる大阪公演は、「森ノ宮ピロティホール」にて、2017年4月22日(土)~4月23日(日)の2日間にかけて行われます。

この森ノ宮ピロティホールは1979年に開場した老舗ホールで、学校行事などにも使われることもあり大阪市民には非常になじみのあるコンサートホールですね。

東京・名古屋の会場と比較しますと、やや小規模(収容人数1,030席)な劇場ですね。そのためスタンドにあたる2階席がないつくりとなっています。さらに2010年には改装が行われて生まれ変わった劇場ですので、快適な観劇ができそうです。

2017年超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」東京公演会場の良席予想!

2017年超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の千秋楽を迎える、森ノ宮ピロティホールの良席はいったいどこなのでしょうか。

座席表をみる限りではなだらかな傾斜のアリーナ席となっており、舞台が見えにくくなる座席の広がりもありません。よほど後ろの方でない限りはどこの席から見ても非常に見やすいですので、良席は前方全体となりそうですね。

森ノ宮ピロティホール座席表

超新星のオススメ記事はこちら

【2017年の超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」座席表&良席紹介で、各会場の魅力が判明!】

(出典:photoACより)

2017年3月~4月に渡って行われる、アイドルグループ超新星ユナク出演舞台「花・虜美人」の各会場の座席表ならびに良席予想を紹介いたしました。舞台が行われる各会場の座席表を見る限り、座席のつくりや良席がそれぞれ違うのも面白いポイントですよね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。