不思議な感性の持ち主?防弾少年団(BTS)V(テテ)のソロ曲、ユニットをご紹介します!

メンバーから不思議ちゃんと呼ばれるV(テテ)。その素顔はどんなものなのか?V(テテ)のソロ曲、ユニット、人気曲などから徹底解剖します!ハスキーな歌声でソロ曲を歌いあげるボーカル担当のV(テテ)。マンネラインとしてのユニット活動、そしてV(テテ)の人気曲など、これを読めばあなたもV(テテ)マニアになれちゃいます!

不思議ちゃんと呼ばれる、V(テテ)の素顔を徹底解剖!

(出典:pakutaso)

デビュー前の練習生の頃から、メンバー同士で切磋琢磨してきた防弾少年団(BTS)。

V(テテ)もそのメンバーの1人として、ダンスパフォーマンスやボーカルとして活動しています!

また、現在では2017年ビルボード音楽チャートにノミネートされ、韓国グループで初の受賞を成し遂げました。グループとしての活動に留まることを知らない、防弾少年団(BTS)メンバーV(テテ)のソロ曲、ユニット、人気曲などから、V(テテ)の魅力をお伝えします!

ビルボード音楽賞受賞の詳しい詳細はこちら!

【速報】防弾少年団(BTS)ビルボードミュージックアワード2017でトップソーシャルアーティスト賞受賞!K-POP史上初の快挙!

V(テテ)のプロフィールをご紹介!

防弾少年団(BTS)のボーカルと、ヴィジュアルを担当しているV(テテ)。

1995年12月30日生まれで、メンバー内では年下の「マンネライン」に所属しています。

本名は「キム・テヒョン」。ファンからのあだ名は、テテ、テヒョン、四次元、不思議ちゃん、キムテヒョンです。

四次元や不思議ちゃんと呼ばれる理由は、突拍子もない言動から予測がつかなく、さらに彼自身はそのことに気づいていないため、そう呼ばれています。

デビューする前には3年ほどサックスを習ったり、非公開練習生としてダンスパフォーマンスをしていました。非公開だったため、実際の映像としては残されておらず、V(テテ)にとっては悔しい場面もあったようです。

女性に対する理想が高すぎる?

V(テテ)は理想の女性について、ファンとの交流の際やインタビューなどでも公開していますが、その理想が高すぎることでも有名です。

理想は「節約家な女性」。イベントなどでは、日本人が理想だと答えている場面もありますので、日本が大好きなことが伺えます!

V(テテ)の詳しいプロフィールはこちら!

メンバーイチの四次元少年!防弾少年団(BTS)のVの魅力とは?

では次にV(テテ)のソロ曲のご紹介です。

V(テテ)のソロ曲とはどんなもの?

可愛らしい姿からは想像もつかないほど、楽曲に対する熱意が素晴らしいV(テテ)。そんなV(テテ)のソロ曲をご紹介します!

アルバム「WINGS」収録!苦難の楽曲「STIGMA」。

防弾少年団(BTS)はメジャーなソロ曲はありませんでしたが、2016年の正規アルバム「WINGS」にて、初の試みでもあるメンバーそれぞれのソロ曲が収められていることでも有名です!

中でも、V(テテ)のソロ曲「STIGMA」は、可愛らしい姿とは真逆の、過去に実際に体験した苦悩や苦痛を表現しています。

V(テテ)自身、作詞・作曲を手掛けることにより、自身が感じた苦悩などが音楽と歌詞に合わさり、ハスキーなV(テテ)のボーカルと、重みのあるピアノサウンドが混ざり合い、困難に立ち向かうという意思が伝わる、ファン必見の人気曲です。

ARMY(ファン)への贈り物!V(テテ)のカバー曲「Someone like you」。

とってもファン想いな防弾少年団(BTS)メンバー達。V(テテ)もその1人であり、自身の誕生日にいつもファンからお祝いばかり貰うので、何かお返しが出来ないかと、カバー曲を歌うことを決めたのだそうです。

その楽曲はファンの方からのおすすめ曲である「Someone like you」。

V(テテ)が追求している、感性なボーカル。その歌声を「Someone like you」に合わせて、V彼らしいアレンジを加えた楽曲です。

妥協することを許さないV(テテ)は、歌だけではなく、曲に合わせたミュージックビデオの作成も!本格的なミュージックビデオを撮影し、ファンの元へと届けたことも、ファンを大切に想う気持ちが感じられる、V(テテ)の魅力になっています。

メンバー同士仲が良い!V(テテ)のユニットとは?

防弾少年団(BTS)でとても人気の高い、メンバー同士のユニット!

メンバーの仲の良さも感じられ、ファンにとっては防弾少年団(BTS)の魅力の一つです。

グループの年下ユニット「マンネライン」!

防弾少年団(BTS)メンバー内で、年下のメンバーで構成されているのが、「マンネライン」。メンバーはJIMIN(ジミン)、V(テテ)、JUNGKOOK(ジョングク)の3人です。

この3人は歳も近いため、とても仲良しだということが知られています。

年下ユニットのため、騒いだりと元気がいっぱいで、お兄さん達に怒られる場面も。メンバー内では、ムードメーカー的な存在のユニットです。

「マンネライン」の楽曲とは?

年下ユニットの「マンネライン」でも、カバー曲が歌われています!

カバー曲はマライアキャリーさんの「beautiful」。JIMIN(ジミン)の透き通る歌声と、V(テテ)のハスキーボイスがとてもマッチしている楽曲です。

メンバー同士仲が良いので、同じ楽曲を歌うと綺麗なハーモニーが広がります!

V(テテ)不参加?「マンネライン」の隠れた楽曲!

防弾少年団(BTS)としてデビューする前に、「マンネライン」として歌われた楽曲があります。

「Graduation Song(卒業)」という卒業ソングで、実はこの楽曲にはV(テテ)は参加していません!

練習生時代に非公開メンバーだったV(テテ)は、楽曲に参加することが出来なかったのです。その為、「Graduation Song(卒業)」はJIMIN(ジミン)とJUNGKOOK(ジョングク)の2人が歌っている唯一の楽曲となっています。

その後防弾少年団(BTS)の正規メンバーとして加入するV(テテ)。参加出来なかったことを悔しいと思う場面もあったようで、正規メンバーとして認められたということは、V(テテ)の努力の結果と言えます。

特別ユニットによるファンのための楽曲披露ライブ!

母国韓国のテレビにて放送され、防弾少年団(BTS)とはまた違った印象が話題を呼んでいます。

「マンネライン」のメンバー3人と、年上メンバーのJIN(ジン)の4人による全く新しいユニット。年齢は関係なく組み合わされていて、ボーカルメンバー同士による歌声は、ファンの心をつかむ楽曲になっています。

4人組ユニットの楽曲は「You’re my」。ヒップホップグループとしては珍しい、バラードナンバーです。

防弾少年団(BTS)の見どころの一つであるダンスパフォーマンスが一切なく、歌声だけを披露している点が新しい試み。

ダンスパフォーマンスだけではなく、歌唱能力も高いということを示した楽曲です。ファンの間では、感動すると言われるほど、人気曲となっています!

V(テテ)に関連する記事はこちらから!

可愛らしい容姿と素敵な歌声を持つ、V(テテ)の魅力を知る!

いかがでしたでしょうか?防弾少年団(BTS)のヴィジュアル担当V(テテ)の、ソロ曲、人気曲、ユニットなどから、彼の魅力をご紹介してきました!

グループの特徴であるダンスパフォーマンスも、歌声も、努力家なメンバー達による、努力の結果と言えます。

防弾少年団(BTS)のグループとしても、個人の活躍にも目が離せません!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。