【防弾少年団(BTS)】 V(テテ)の塩対応の理由はおばあちゃん?ファンの間で話題のあのエピソードをご紹介

韓国、日本などアジアだけでなく、アメリカやヨーロッパなどでも人気を博している防弾少年団(以下BTS)。米ビルボードチャートでは、ニュー・アルバム「LOVE YOURSELF 承 ‘Her'」がビルボード 200で7位にランクインし、韓国アーティストとしては歴代最高位の記録を作るなど、今、最も世界で人気のあるK-POPアーティストとしても成長しています。そんな防弾少年団のメンバーV(テテ)のサイン会でのファンへの対応が話題となりました。いつもファンに優しく接するVが塩対応に!しかしその塩対応の理由はおばあちゃんのあることが原因だったことが分かりました。その理由とは一体?

ビルボードにもランクイン!世界的アーティストに成長した防弾少年団(BTS)

韓国、日本などアジアだけでなく、アメリカやヨーロッパなどでも人気を博している防弾少年団(BTS)。

米ビルボードチャートでは、ニュー・アルバム「LOVE YOURSELF 承 ‘Her’」がビルボード 200で7位にランクインし、韓国アーティストとしては歴代最高位の記録を作るなど、今、最も世界で人気のあるK-POPアーティストとしても成長しています。

「2017 Billboard Music Awards」ではあのジャスティン・ビーバーやセレーナ・ゴメスらを抑えて受賞の快挙を成し遂げ、世界的な成功を決定づけました。

日本でも京セラドームでの2Daysコンサートを成功させるなど、その人気は凄まじく、今最も勢いのあるK-POPアーティストに成長しました。

 

防弾少年団(BTS)のこちらの記事もチェック

 

防弾少年団(BTS)のV(テテ)はメンバーも認める不思議ちゃんキャラ!

防弾少年団(BTS) Vのプロフィール

本名:김태형(キム・テヒョン)

生年月日:1995年12月30日(23歳)

メンバーパート:ボーカル、ビジュアル

出身:大邱廣域市

愛称:テテ、テヒョン、四次元、テヒョナ、サル

 

防弾少年団(BTS)のメンバーの中で不思議ちゃんと言われているV。

ファンからは「テテ」という愛称で愛されキャラとしておなじみですが、たまに飛び出す不思議な言動や行動から、四次元と呼ばれたりすることも。

本人はどうして四次元と呼ばれるのか分からないと、不思議ちゃんである自覚がないようですが、リーダーのラップモンスターからは「四次元と呼ばれている理由が(テテ自身が)分からないというところがすでに四次元だ」と言われるほど、メンバーからもとにかく理解不能な点があるとインタビューなどでも言われています。

 

ステージでは激しいパフォーマンスでファンを熱狂させるテテですが、ステージを降りると予測不能な事を言ったり、そのギャップがすごいとファンからも人気です。

ファンサイン会などでは、ファンへ優しく接したり、ユニークな表情をする姿もよく見られており、BTSのビジュアル担当と言われるのも納得ですね!

 

V(テテ)とEXOのベッキョンが似ているとK-POPファンの間では話題に?!

BTSのメンバーやファンから不思議ちゃんキャラとして知られているVですが、デビュー当時から、EXOのベッキョンに似ているとK-POPファンの間で言われていました。

当初は活動時期なども被らず、接点のあまりない二人でしたが、ベッキョンが歌番組「人気歌謡」のMCを務めたことをきっかけに、共演する機会が増え、ベッキョンがVを可愛がる姿が目撃されるようになりました。

SNSなどでは二人が一緒にセルカを撮る様子がアップされたり、大きな音楽賞イベントなどでも談笑する姿が目撃されるなど、Vとベッキョンのコンビが「まるで兄弟みたい」と言われ『テテベクコンビ』と呼ばれるほどの人気となっています。

ベッキョンの前でも笑顔で嬉しそうにするVの姿は、お兄さんに甘える弟のようでとってもかわいいですね♪

そんなVのキュートな魅力に、ファンだけでなくベッキョンや先輩アーティストたちもメロメロになってしまうのではないでしょうか?

 

こちらの記事もチェック!→ モテすぎる!防弾少年団(BTS)テテことVのモテモテエピソードをご紹介 その人気の秘密は?

 

ファンも騒然・・・防弾少年団(BTS)のイベントやサイン会でV(テテ)が塩対応?

(出典:pixabayより)

激しく一糸乱れぬパフォーマンスと、普段のユニークなキャラクターが人気の防弾少年団(BTS)ですが、今最も勢いのあるK-POPアーティストなだけあって、彼らのファンミーティングやファンサイン会も大変人気のイベントとなっています。

ファンとBTSメンバーが直接触れ合える機会とだけあって、BTSメンバーたちも明るくはしゃいだ様子でファンと触れ合っています。

 

 

いつも陽気なVが塩対応?元気のないVの様子にファンも騒然・・・

 

2015年に「I NEED U」で初めて音楽番組で1位を獲得した防弾少年団。

その後、彼らの人気はうなぎのぼりとなり、その活動も韓国だけでなく日本やアメリカなど、海外でも活発になってきます。

K-POPのボーイズグループとして人気の絶頂期を迎える彼らですが、2016年にVにある異変が起こります。

アルバムリリースなどで毎日忙しくファンイベントやファンサイン会をこなしていたBTSですが、その現場でVの元気がないとファンの間で話題となったのです。

いつも陽気にファンと接するVも、ファンサイン会ではそっけない態度を取ったり、いつものような笑顔が見られず、「Vが塩対応になっている」とファンの間でも噂になりました。

BTSの人気と共にVが調子に乗っているのではないか、といった心無い声も上がり、ファンたちもVの塩対応とも取れる元気のない様子が気になったようでした。

しかし、Vに元気がなく塩対応になってしまったのには、ある理由があったのです。

 

Vの塩対応の理由は大好きなおばあちゃんの死…コンサートでのVの告白にファンも涙…

 

防弾少年団(BTS)がフィリピンで活動していた2016年9月3日、Vが大好きなおばあちゃんが亡くなったことを、Vが2016年11月のコンサートで打ち明けました。

「最近ファンの人たちから、テヒョンはなんで最近辛そうな表情をしているの?元気がないの?と言われることが多かったが、それに答える言葉がなかった」と話したV。

しかし、どうしても自分の口からその理由を話したいと思ったVは、おばあちゃんの死について、そしておばあちゃんへの思いをファンに話しておきたいと、このコンサートの場を選んだと言います。

 

実は幼い頃は家族と離れておばあちゃんと暮らしていたというV。

コンサートでVは、14年間親のように育ててもらい、Vのわがままを全て受け止めてくれたおばあちゃんの死が信じられないと涙ながらに話しました。

そして、おばあちゃんが「テヒョンがテレビに出ているところを一度でも見てみたい」と話し、Vはテレビの中からおばあちゃんに「愛している」と伝えたかったが、タイミングでそれが叶わなかったと話しました。

生前、おばあちゃんから「たくさんのあなたのファンを愛しなさい」と言われたというVは、大きな会場でコンサートが出来るのも、チャートで1位を獲ることが出来たのもファンのおかげだと、多くのARMYと、空の上からおばあさんが応援してくれているから自分も頑張ると話し、ファンに涙を誘いました。

 

 

 

 

大切な家族を亡くした悲しみでしばらくはファンの前でも辛い表情を見せてしまったV。

しかし、このコンサートでおばあちゃんへの思いをファンに話し、おばあちゃんを一度だけでも思ってほしいと涙を流したVに、ファンからも大きなエールが贈られました。

辛い経験を乗り越え、一回り大きくなったVの活躍は、おばあちゃんも天国からしっかり見届けていることでしょう。

 

本当はファン思いのV(テテ)、防弾少年団(BTS)のファンイベントでは子供への神対応が話題に!

 

 

大好きなおばあちゃんの死をコンサートで告白した防弾少年団(BTS)のV(テテ)。

人気が出たことで調子に乗っている、塩対応だと言われてしまったVは、実はおばあちゃんが亡くなったことでしばらく元気がなかったと涙ながらに語りました。

しかし、本来のVはファンの前ではとても陽気な性格。

特に子供好きなVは、ファンサイン会やファンイベントで子供が来ると、ひざに乗せたり、おもちゃで遊んだりと、小さな子供にとても優しく接する様子がファンの間でもお馴染みです。

これまでたくさんの涙を流したVですが、様々な経験を乗り越えて、私たちファンに素敵なパフォーマンスを見せてくれているのかもしれませんね。

 

世界で活躍する防弾少年団(BTS)の勢いはこれからも止まらない!

今回は、防弾少年団(BTS)のV(テテ)のおばあちゃんにまつわる涙のエピソードをご紹介しました。

2017年に入り、更に飛躍的な成長を成し遂げているBTS。

アイドルの枠を超え、アーティストとして更なる活躍を続ける彼らの躍進は、K-POPファンとしては要注目ですね!

韓国の音楽賞レースでも大きな賞の受賞が期待される彼ら。

これからの活躍も要チェックです!

 

防弾少年団(BTS)の他の記事もチェック

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。