防弾少年団(BTS)のカリスマ!SUGAの天才ぶりがすごい

いま、K-POPシーンの中でもとりわけ人気のボーイズグループ、防弾少年団(BTS)。メンバーの中でも格段にストイックだといわれているのが、ラッパーのSUGAです。今回は、メンバーやスタッフも認める、SUGAの天才ぶりについて迫ってみたいと思います。

今K-POPシーンの中でももっとも勢いのあるボーイズグループといえば、防弾少年団(BTS)ではないでしょうか。2015年に「I NEED U」でグループ初の音楽番組1位を獲得してからは、その勢いは凄まじく、人気はアジアを越えて欧米諸国にまで及んでいます。

そんな防弾少年団のメンバーの中でも、格段にストイックだといわれているのが、ラッパーのSUGAです。今回は、メンバーやスタッフも認める、SUGAの天才ぶりについて迫ってみたいと思います。

防弾少年団

(出典:Twitterより)

防弾少年団のプロデューサーからも「ひねくれた天才」と呼ばれるSUGA

防弾少年団のラッパーとしてだけでなく、楽曲の作詞作曲やプロデュースもこなすSUGA。その多才な才能は、防弾少年団のプロデューサーであるパン・シヒョクも認めるほどです。幼い頃からアーティストだけでなくプロデューサーにもなりたいと思っていたというSUGAは、頭の中をつねに「音楽」が占めていると語っています。

防弾少年団のメンバーとして、他のメンバーのキャラクターを熟知し、それをプロデュースに活かすというSUGAは、防弾少年団らしさを作り出す重要なメンバーなのかもしれませんね。

時にはTwitterで本音を語る防弾少年団SUGA

防弾少年団はTwitterで公式アカウントを持っており、メンバーたちも頻繁に更新をしています。時には変顔写真をアップしたり、ユニークな投稿でファンを楽しませる彼らですが、他のメンバーとは一味違ったSUGAのツイートも話題になっています。

アーティストとして、時には苦悩する姿もTwitterを通してファンにさらけ出すSUGA。多忙な活動の中で悩み、考えていることをTwitterに投稿するSUGAの姿に、涙してしまうファンもいるほどです。

彼のストイックな一面が見られるツイートは、年末の中止になってしまった神戸公演の後にも投稿され、ファンたちの間で話題になりました。

中止になった防弾少年団神戸公演後に、神戸を訪れたSUGAの真意とは?

実は、中止になった公演後の休息期間に神戸を訪れたというSUGA。防弾少年団のSUGAとしてでなく、ミン・ユンギというひとりの人間として振り返ってみたかったと語っています。神戸の街を訪れ、当日公演を訪れたファンと同じ気持ちになりたかったというSUGAの思いやりの気持ちは、ファンにも十分に伝わったのではないでしょうか?天才といわれるからこそ持つ苦悩や悩みも、SUGAを成長させ、いい作品作りに繋がっているのかもしれませんね。

防弾少年団SUGAの天才ぶりに迫ってみましたが、いかがでしたか?アーティストとして、プロデューサーとして若いながらもその才能を発揮しているSUGA。楽曲の創作から生まれる様々な悩みを抱えつつも、さらに進化する防弾少年団のキーマンとして、これからもSUGAの活躍から目が離せませんね!

防弾少年団(BTS)の他のオススメ記事

防弾少年団(BTS)のチケット情報はこちらから

Power of K 2016 Korea TV Fes in Japanで防弾少年団(BTS)に会いに行こう!

他にも握手会の情報も見逃さずに!
防弾少年団(BTS)チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)でチェックしよう。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。