今もっとも熱い若手グループ防弾少年団の最新アルバムに世界が注目!

防弾少年団(BTS)が新アルバム『花様年華 Young Forever』をリリース。タイトル曲「FIRE」は、エレクトロ・トラップというジャンルの曲。特徴的なサウンドに合わせて大群衆で踊るダンスはつい何度も見てしまいます。世界各国の音楽ファンの心を鷲掴みにしたその魅力とは?

BTS 2016 SEASON\\\'S GREETING [CALENDAR+GOODS]〈日本仕様版〉Amazonでチェック!

(出典:Amazonより)

防弾少年団(BTS)が新たにアルバムをリリース。以前に発売された『花様年華pt.1』、『花様年華pt.2』の最終章となる今回の『花様年華 Young Forever』。防弾少年団の若いエネルギッシュなパワーと感性がギュッと詰まったアルバムです。

タイトル曲「FIRE」は、エレクトロ・トラップというジャンルの曲。特徴的なサウンドに合わせて大群衆で踊るダンスはつい何度も見てしまいます。公開1日で再生回数が300万回を突破するという人気ぶりを見せました。

韓国や日本のみならず、世界各国の音楽ファンの心を鷲掴み。その魅力とは一体…?

アメリカのメディアも絶賛の防弾少年団新アルバムタイトル曲「FIRE」

2016年の春も、多くの新人グループがデビューした韓国アイドル界。ライバルが増えたにも関わらず、防弾少年団は独自のカラーと抜群のスキルで多くの人々の心を掴んでいます。

最新アルバム『花様年華 Young Forever』では、メンバーRap Monsterがプロデュースした「EPILOGUE」、ヒット曲「I NEED U」や「RUN」などが収録されています。『花様年華 Young Forever』は、リリースして3日間で10万枚、1週間で約17万枚を売り上げ。防弾少年団自身の最高記録を塗り替えました。

そして、アメリカのiTunesアルバムチャートで18位、タイトル曲「FIRE」はMVチャート1位にランクイン。アメリカの音楽専用ケーブルチャンネルのFUSE TVなど、アメリカのメディアも防弾少年団を紹介しています。FUSE TVでは、タイトル曲「FIRE」のラップやパフォーマンスを絶賛。300人以上のエキストラやダンサーと共に作り上げた壮大なMVにも視線が集中しました。

ほか南アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパでもiTunesのランキングで30位圏内に繰り出しました。そしてK-POPが浸透しているアジア圏でも、もちろん盛り上がっています。『花様年華 Young Forever』のiTunesランキングではシンガポール、台湾で1位、インドネシアやタイ、香港では5位以内。「FIRE」でもマレーシア、シンガポール、台湾、オーストラリア、ベトナム、フィンランドなどで上位にランクインしています。

各国、現地のアーティストを押さえランクインする防弾少年団。今まさに、ホットな世界的アーティストといっても過言ではありません。

最新アルバムを引っさげて防弾少年団がツアーでやってくる

audience-868074_640

多くのアイドルグループがいる中で、高い注目を集めている防弾少年団。歌やダンスの実力だけでなく、楽曲制作にも積極的。一際目立つ存在なのは、ここにも理由がありそう。そんな防弾少年団は、最新アルバム『花様年華 Young Forever』を引っ提げてのアジアツアーを開催。5月7からソウルのオリンピック公園体操競技場を皮切りにスタートしました。

日本公演では、大阪・名古屋・東京の3会場で開催予定。「FIRE」はもちろんのこと、どの楽曲もMVだけで圧倒される防弾少年団の歌声とダンスは、K-POPファンならぜひ一度、生で見ておきたいところです。

今回はどんなステージを披露してくれるのか、アジアのみならず世界が注目しています。

防弾少年団最新アルバム、最高のヒップホップソングを生で!

日本の公演も組み込まれている防弾少年団のアジアツアーには、世界各国で注目された新アルバム収録曲「FIRE」も披露されるはずです。BTS史上最高のラップと、ダイナミックなダンスパフォーマンスに魅了されること間違いなし。公式の応援方法もあるので、音楽番組でチェックしてみて下さい。

掛け声が加わると、さらにパワフル度がアップ。歌詞も刺激的で、意味を理解していると、またさらに爽快かもしれません。

防弾少年団の他のオススメ記事

防弾少年団新アルバムの楽曲をライブで

防弾少年団(BTS)のライブチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)でチェックしよう♩

Kぽペンにシェアして教える!

みんなのコメント(コメント:2)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。