【徹底調査】防弾少年団(BTS)のアミボムに偽物?アミボムの本物と偽物の違いはコレ!電池交換方法まとめ

防弾少年団(BTS)のライブにかかせないのが、ペンライトの『アミボム』!防弾少年団(BTS)公式サイトでは売り切れ続出で、なかなか手に入らないアミボムに、偽物があるという噂が!本物と偽物の違いは何なのか?偽物を買わないためにもその違いを徹底調査します!

防弾少年団(BTS)のペンライト『アミボム』は公式サイトでは入手困難!

(出典:pakutaso)

2017年ワールドツアーを完走させ、益々世界中で人気急上昇中の防弾少年団(BTS)!

そのワールドツアーの日本公演では、全13公演にも渡る規模で、約4万5千人を歓喜に湧かせました。

防弾少年団(BTS)のライブに欠かせないアイテムと言えば、『アミボム』=ペンライトです!

近年の防弾少年団(BTS)の活躍によって、オフィシャルサイトでは完売が続き、なかなか入手することが難しくなりました。

ところが最近、一部ファンの間で、アミボムの偽物が出回っているという噂が!

では、偽物と本物の違いは何なのか?防弾少年団(BTS)のペンライトについて詳しく調査します。

防弾少年団(BTS)のライブに欠かせない『アミボムver.2』とはどんなもの?

公式サイトや公式ショップでは売り切れ続出のペンライト!

防弾少年団(BTS)のライブでは、ペンライトによる演出がファンの間では話題となっています。

そんなペンライトとは一体どんなものなのでしょうか?

アミボムver.2の大きさ:98×218mm

特徴:半透明なシリコンボールが、ペンライトの中に内蔵されていて、そのボール部分が点灯します。

機能:以前のアミボムでは無線操作が不可能でしたが、新しいアミボムver.2では会場での無線コントロール機能が追加され、多彩なライトアップが可能となりました。

アミボムも新しく進化し、さらに防弾少年団(BTS)のライブでの楽しみが増えてくることが予想されます!

では次に、新しく登場したアミボムver.2の偽物と本物の違いについて解説します!

防弾少年団(BTS)のペンライト『アミボムver.2』の偽物と本物の違いとは?

防弾少年団(BTS)の公式サイトや、ライブ会場で購入できるペンライトのアミボムver.2!

ですが人気のため、公式サイトやライブ会場で手に入らない場合もありますよね?

そういう時にはネットショップ(楽天市場)などで、検索する方も多いと思いますが、アミボムver.2が本物か偽物か、どのような違いがあるのか、見分け方をご紹介します。

アミボムver.2の偽物

偽物と呼ばれるアミボムver.2は、防弾少年団(BTS)の所属する事務所のシールが貼っていないものと言われています。

また、偽物の場合には無線でのペンライト操作が不可能のため、ライブ会場では使えません。

ですが本物と記載されたアミボムver.2であっても、実際に会場で無線操作に反応しないものは偽物だと言われています。

アミボムver.2の本物

本物のアミボムver.2では、事務所のシール(ホログラム)が貼ってあることと、ペンライトの無線操作が可能なことです。

偽物もライトは光りますが、ライブ会場での無線に反応せず、本物のアミボムver.2だけが、無線操作で利用出来ます。

防弾少年団(BTS)のロゴによる偽物と本物は判断出来ない?!

SNSにもよく上がっている、アミボムver.2の箱に記載された防弾少年団(BTS)のロゴの違い、という噂もありますが、それは原産国の違いのようです。

『BTS』だけのロゴ表記は日本産のアミボムver.2。

『BTS』のロゴに防弾チョッキの表記のあるものは、韓国産のアミボムver.2。

ファンの間では、どちらのロゴのアミボムver.2でも無線に反応するペンライトがあるようなので、反応するものが本物とされています。

ですので、ロゴの違いだけでの偽物と本物の違いは判断は出来ないということなのです。

確実に本物を手に入れるには、公式サイト、公式ショップでの購入をおすすめします。

防弾少年団(BTS)のペンライト『アミボムver.2』の使い方!

では実際に、防弾少年団(BTS)のライブに欠かせない、アミボムver.2の使い方をご紹介!

購入後にライトが光らない!電池が切れて使えない!ということにならないためにも、使い方をチェックしておきましょう!

アミボムver.2の電池の入れ方!

ファンの方の多くが悩まされる、アミボムver.2の電池交換の仕方!

電池を入れるところは、ペンライトの下部を開けたところです。韓国製のアミボムver.2では、ネジを使って開ける必要があるようなので、ドライバーの準備をしておきましょう。

電池は単4電池3本が必要で、プラスとマイナスを交互にいれます。電池の向きが合っていると、電池を入れるとすぐライトが点灯します。

ライトが点灯しない場合には、電池の向きが逆の場合があるので、確認してください。

電池を入れると点灯し続けるので、ペンライトのボタンを長押しすることでライトを消します。これがペンライトの電源ON/OFFです。

アミボムver.2の箱の中に小さく折りたたまれた説明書が付属されていますので、そちらでも確認してみてください!

電池はペンライトに付属されている?

ファンイベントや、ライブ会場でアミボムver.2を購入した場合に気になるのが、電池は付属されているのかということ!

購入後すぐ使用出来るように、電池は付属されているものと、付属されていないものがあるようです。

電池が付属されている場合、実際に使用したファンの中では、ペンライトを3回使用したら交換すべき!ということが言われています。

付属されている電池は長く使えるものではないようですので、購入後すぐに使うには支障はないのですが、次回使う際には、ライトが点灯するか確認が必要です。

また、電池は韓国製を使うとライトが明るい!という噂もありますが、海外製の電池はそれぞれ作りがバラバラのため、長持ちはせず、一概に韓国製が一番ということはないようです。

防弾少年団(BTS)のライブで行われる、ペンライトの無線操作とは?

防弾少年団(BTS)のライブで使用されていたアミボムも、アミボムver.2と新しくなったことで、無線コントロールが可能となりました。

この無線操作によって、会場の全てのペンライトが同じ動きの光り方や、同じ色のライトになるため、会場の一体感が生まれます!

これはアミボムver.2を会場に持ち込むことで、会場内に飛ばされた電波を拾い、ペンライトが点灯するというもの。

アミボムver.2以外のペンライトや、偽物のペンライトでは無線操作は不可能となるため、無線での演出には本物のアミボムver.2が必要です。

また、メンバー全員もペンライトを持ちながらパフォーマンスを行うので、メンバーと同じペンライトを使って参加出来るという、ファンにはたまらない演出となっています!

防弾少年団(BTS)の関連記事はこちら!

防弾少年団(BTS)のライブをペンライトで彩る!

いかがでしたでしょうか?防弾少年団(BTS)のライブパフォーマンスに欠かせないアミボムの、偽物と本物の違いについてご紹介しました!

防弾少年団(BTS)のペンライトによる演出は、ファンのみならず、メンバーと共に作り上げることによってできる演出です。

韓国で7ヶ月ぶりにメンバーが揃い、カムバック公演が発表されている防弾少年団(BTS)!

世界中でも注目されている彼らのライブを盛り上げるために、アミボムver.2でメンバー達のパフォーマンスを応援しよう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。