BEAST(ビースト)タイトル曲の「ribbon」に込められた意味とは

2016年7月7日に発売されたBEAST(ビースト)の3rdフルアルバム「Highlight」。その中で、タイトル曲となっている「ribbon」に込められた意味はどんなものなのでしょうか。どこか儚げで憂いを漂わせている曲調は、何度もリピートして聴きたくなるほど。また、「ribbon」の世界観を見事に表現し、BEAST(ビースト)メンバーひとりひとりの表情がとても美しいMVも素敵なんです。今回は、そんな「ribbon」の魅力や曲に込められた意味についてご紹介します。

【BEAST(ビースト)が歌う「ribbon」に込められた深い意味と曲の魅力に迫る】

BEAST(ビースト)からチャン・ヒョンスンが脱退後、初めてリリースしたフルアルバムが「Highlight」です。中でも、メンバーのヨン・ジュンヒョンが作詞した「ribbon」は、ファンの間でも人気の高い曲です。

その魅力は、憂いを漂わせた曲調の中に、大切な人を心から思う意志の強さを感じさせる歌詞がぴったりとハマっているところでしょうか。

また、BEAST(ビースト)の寂しげな表情が見所のMVも人気の秘密と言えるでしょう。今回は、そんな「ribbon」に込められた意味や曲の意味について迫りました。

【「ribbon」曲に込められた意味とは?】

実はこの曲、歌詞は日本語ではなく韓国語なんです。そのため歌詞をわざわざ日本語に訳し、意味を知ったというファンもいるようです。

BEAST(ビースト)メンバーのヨン・ジュンヒョンが作詞したことでも有名な「ribbon」。そこには、別れてしまった恋人との関係をリボンになぞらえ、もう一度やり直したいという意味が込められていました。

失ってから気づいた恋人の大切さや思いがリアルに綴られており、共感した人も多いのではないでしょうか。また、BEAST(ビースト)の甘く力強い歌声が「ribbon」の歌詞にとてもマッチしています。誰もが一度は経験する失恋の痛みがリアルに表現されている曲。それが、「ribbon」の魅力のひとつといえるでしょう。

【曲の世界観をうまく表現したMVも魅力的!】

「ribbon」の魅力は、歌詞や曲の良さだけではありません。見所満載のMVも魅力のひとつなんです。恋人との別れを描いたシーンをBEAST(ビースト)メンバーがそれぞれ異なる状況で演じており、その悲しげな表情が曲の良さをさらに引き立てています。また、リボンをイメージした力強くも繊細さのあるダンスは、画面越しで観ても迫力を感じます。

そして、MVのラストは観た人が思わずハッとなる展開が待ち受けています。まるで映画を観たような気持ちになれるかもしれません。たった4分半の中には様々なシーンが盛り込まれており、とても濃い内容となっています。BEAST(ビースト)の魅力と、「ribbon」の世界観をうまく織り交ぜたMVといえるのではないでしょうか。

【音楽配信サイトで1位を獲得】

アルバムのタイトル曲でありながら、様々な音楽配信サイトで1位を席巻しました。BEAST(ビースト)の人気の高さを伺わせると共に、「ribbon」がファンから愛されていることがわかります。また、バラードでもしっかりと聴かせることができるBEAST(ビースト)の表現力の高さを知らしめることにもなりました。

ちなみに「ribbon」の歌詞は日本語ではなく韓国語で記されています。カラオケ文化のある日本人の場合、歌詞が外国語だと聴くのを躊躇してしまう人もいます。そんな中でも音楽配信サイトで1位をとった「ribbon」は、ファンのみならず聴き手の心に響く1曲だったといえるのではないでしょうか。

BEASTの他のオススメ記事

【BEAST(ビースト)が歌う「ribbon」を聴いてみよう】

(出典:photoACより)

BEAST(ビースト)の3rdフルアルバム「Highlight」に収録されている「ribbon」。見所満載のPVと、深い意味が込められた歌詞。さらに、ゆったりとした曲調が人気の秘密です。特に、恋人との別れをリボンに比喩した歌詞は、作詞をしたヨン・ジュンヒョンの表現力の豊かさを感じさせます。

一度聴いたらリピートしたくなる。そんな魅力のある「ribbon」をぜひ、聴いてみてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。