防弾少年団(BTS)ジョングク 黄金マンネにファンも夢中!

K-POPのボーイズグループの中で最も勢いのあるグループと言えばやはり防弾少年団(以下BTS)でしょう!韓国だけでなく日本でも圧倒的な人気を誇るBTSは、一糸乱れぬキレのあるダンスと本格的なヒップホップサウンド、そして普段はやんちゃでキュートなメンバーたちのキャラクターがファンを魅了します。そのBTSの中でも人気のメンバーといえばマンネ(末っ子)のジョングクです。今回は、黄金マンネとも呼ばれるジョングクの魅力に迫ってみたいと思います。

K-POPのボーイズグループの中で最も勢いのあるグループと言えばやはり防弾少年団(以下BTS)でしょう!

韓国だけでなく日本でも圧倒的な人気を誇るBTSは、一糸乱れぬキレのあるダンスと本格的なヒップホップサウンド、そして普段はやんちゃでキュートなメンバーたちのキャラクターがファンを魅了します。

そのBTSの中でも人気のメンバーといえばマンネ(末っ子)のジョングクです。そこで今回は、黄金マンネとも呼ばれるジョングクの魅力に迫ってみたいと思います。

防弾少年団(BTS)の黄金マンネ、ジョングクのプロフィール

K-POP界の中でも黄金マンネ(末っ子)と呼ばれるほどの人気を誇る、BTSのマンネのジョングク。

ジョングク(本名:チョン・ジョングク)は1997年9月1日生まれの19歳です。釜山廣域市出身のジョングクは、父、母、兄の4人家族。

アレルギー性鼻炎のため鼻をすするのがクセだと言われています。好きな女性のタイプは背の高い女性。168cm以上ある女性が好きだと言われていますが、好みの女性はIUだと公言しており、IUの歌声が人生で一番最高の声だとインタビューで答えています。

G-DRAGONの歌を聞いたのをきっかけに歌手になりたいと思ったジョングクは、韓国で人気のオーディション番組の釜山大会に参加しますが、落選。家に帰ろうとしたところを事務所のスタッフにスカウトされ、練習生として入所しました。

ダンスとスケボーが趣味だったジョングクですが、デビューに向けて高校には進学せず、ロサンジェルスにダンス留学をしました。その為、同い年の学生たちとは一年遅れて高校に入学したジョングクは、入学時にはすでにBTSのメンバーとして活躍していたため、入学式には女子生徒に囲まれてしまうなど、高校でもその人気は凄まじいものでした。

幼いころからテコンドーをしており、そのせいで実は美しい筋肉美を持っています。2014年の年末の歌謡祭では、テコンドーを取り入れたステージも披露し、話題を集めました。

歌、ダンス、ラップ、なんでもこなすマルチプレイヤーぶりに防弾少年団(BTS)メンバーからの信頼も厚い!

ジョングクは、歌、ダンス、ラップ、作詞作曲などをマルチにこなし、なんでもこなすことから「黄金マンネ」と呼ばれています

特にダンスに関してはアメリカ留学で培った実力を発揮して、力強いダンスでファンを魅了しています。デビュー当時は幼かったジョングクですが、ここ1年ほどでぐっと男らしさが増し、時にセクシーで妖艶な表情を見せるようになり、ファンたちもその成長ぶりに驚きが隠せません。

また、何でもこなすことからBTSメンバーからの信頼も厚く、お兄さんメンバーたちからも大変可愛がられています。ジョングクの中学の卒業式、高校の入学式にはBTSのメンバーも参加し、可愛がられている様子が伺えますね。

思春期で反抗期のため、言うことを聞かないとか、負けず嫌いだとかメンバーに言われているジョングクですが、優しくて純粋なところはメンバーも分かっており、ジミンは「ジョングクは俺のもの」と言うほど溺愛しているようです。

しかし黄金マンネと言われているジョングク、実はBTSの中でもお兄さんメンバーよりもしっかりしていると言われています。細かいところに気が利くジョングクは、ステージでのとっさのハプニングなどにも冷静に対応するなど、マンネとは思えない臨機応変ぶりはファンもすごい!とびっくりするほどです。

そんなジョングクですが、LAでの武者修行を描いたリアリティ番組「アメリカンハッスル」では、とつぜん外国人グループ(後にBTSのダンスやラップの先生として登場)に拉致され、ある部屋に連れていかれるというドッキリに合います。

後のインタビューで「貧しい人の振りをして、泣いたら帰してくれないかなと思って唇を噛んでいたが、突然お母さんとお父さんのことを思い出した」と、恐怖を感じたことを語りました。

クールで強がることがあっても、やはり10代の少年。お父さんとお母さんのことが大好きな素直なところを持つジョングクは、メンバーだけでなくファンからも「かわいい!」と思われるキュンキュンする要素をたくさん持つ男の子なのかもしれませんね。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。