JYJジュンスの活動に対する思いをインタビューから読み解く!

ジェジュンとユチョンが入隊し、現在はソロ活動を盛んに行っているJYJジュンス。年末には4度目となるバラードコンサートの開催、そして来年にはミュージカルの主演を務めるなど、今後の活躍に期待が高まっています。ソロ活動を始めて4年が経ち、自身の考えや思いを雑誌@star1(アットスタイル)のインタビューで答えています。本日はインタビュー内容をご紹介します。

JYJでジェジュンとユチョンが入隊する中、現在ソロ活動に専念しコンサートやミュージカル出演を積極的に行っているジュンス

年末には4度目となる「2015 XIA Ballad&Musical Concert with Orchestra vol.4」を開催し、来年にはミュージカル「ドラキュラ」で主演を務めるなど、2016年も多忙を期する予定です。

ソロ活動を始めて4年が経つ中、雑誌@star1(アットスタイル)のインタビューで自身の考えや思いについて答えました。本日は@star1のインタビュー内容をご紹介します。

JYJジュンス、毎回フルアルバムをリリースすることへのこだわり

今年の3月に3rdアルバム「FROWER」をリリースし、その後7ヶ月ぶりとなる10月にミニアルバム「必ず昨日(Yesterday)」をリリースしたジュンス。多くのアーティストが短い期間でシングルをリリースする中、ジュンスがシングルではなくフルアルバムにこだわる理由は何故なのでしょう?

ジュンスがフルアルバムにこだわるのは、お金や時間もかかるけど頻繁にコンサートを行う歌手だからこそ安易な気持ちで以前やった同じようなステージを見せたくないということ。そしてお金を払ってチケットを買うファンの期待を裏切らないためにも、アーティストとしてその気持ちに応える方法は多様なセットリストを披露する良い公演をお見せすることだと考えているそうです。

毎回新しいセトリを準備して、新しいステージを見せてくれるジュンス。それはジュンスのステージへのこだわりとファンへの想いがあってこそなのですね。

JYJジュンス、ソロ4年目に突入!いつも一緒に支えてくれる方々に感謝

ソロ4年目になり一人で様々なことを成し遂げてきたジュンス。本人は決して100%満足することはできないと言っています。ですが、ステージだけは最高だと自己催眠をかけ、自らが最高だと思って臨まないとファンに満足してもらうことはできないと考えているそうです。

たとえ劣悪な環境だったとしても、その中で周りの方々と最善を尽くし最大の結果を出してきた。そう考え、一緒に支えてくれている方々へ常に感謝をしていると話しています。

ソロ活動とは言え、多くの人が陰で支え一緒に作り上げているからこそ成功しているということが伺えます。そこにはジュンスの人柄や強い想いがあるからこそ、周りが支えてくれるのだと思います。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。