BIGBANG T.O.P&上野樹里のW主演ドラマ「シークレット・メッセージ」をチェック!

2度目の北米ツアーが大成功し、世界中にその勢いの凄さを改めて知らしめたBIGBANG

ワールドワイドな人気を誇るBIGBANGは、アーティストとしてではなく、バラエティやドラマでも大活躍です。俳優として多くのドラマや映画に出演するT.O.Pは、女優の上野樹里と共にドラマ「シークレット・メッセージ」に出演し、韓国だけでなく日本からも注目を集めています。

今回は、BIGBANG T.O.Pと上野樹里のW主演ドラマ「シークレット・メッセージ」について迫ると共に、T.O.Pの俳優としての才能についてご紹介します。

BIGBANG T.O.P シークレット・メッセージ
(出典:Twitter)

BIGBANG T.O.P&上野樹里 日韓の人気俳優のドラマ出演はアジアでも話題に!

BIGBANG T.O.P シークレット・メッセージ2
(出典:Twitter)

BIGBANGのメンバーとしてワールドワイドな人気を誇るT.O.P。男らしい整ったビジュアルを持ったT.O.Pは、俳優としても大活躍しています。

そして日本ではNHK大河ドラマの主演を務めるなど、最も活躍している若手女優の上野樹里。ドラマ「のだめカンタービレ」が韓国でも大ヒットし、日本版ののだめ役を演じた女優として、韓国でも注目を集めています。

そんな日韓で大人気の二人がW主演するドラマ「シークレット・メッセージ」。T.O.Pは本名である、チェ・スンヒョンの名前で、俳優として出演。全く違う生き方で育った日本人女性ハルカ(上野) と韓国人男性ウヒョン(T.O.P) の二人が、初恋の痛みを乗り越え、新たな恋に踏み出すまでを描いたラブストーリーであるドラマ「シークレット・メッセージ」。

人気者の二人が出演するドラマは、タイトルと同じく極秘で撮影が進められました。賀来賢人、チョン・ユミ、小出恵介といった日韓を代表する豪華俳優陣も出演するこのドラマは11月2日からdTVで独占放送。日本、韓国と国境を越えた愛はどのような方向へ向かうのか・・・気になるところですね!

  • 「シークレット・メッセージ」11月2日(月) dTVで日本独占配信
  • 【キャスト】上野樹里、T.O.P (from BIGBANG)、福田沙紀、ユ・インナ、キム・ガンヒョン、イ・ジェユン、シン・ウォンホ(from CROSS GENE)、賀来賢人、チョン・ユミ、コ・スヒ、小出恵介 ほか

dTV「シークレット・メッセージ」のページはこちら

BIGBANG T.O.P主演ドラマ「シークレット・メッセージ」は韓国のデートスポットがいっぱい

BIGBANG T.O.P シークレット・メッセージ3
(出典:Twitter)

11月2日よりdTVにて放送がスタートするドラマ「シークレット・メッセージ」。BIGBANGのT.O.Pと上野樹里という日韓の人気俳優がW主演という話題のドラマは、日韓カップルの恋の行方を描いた切ないラブストーリーです。

5月からスタートしたドラマ撮影は、忙しい二人のスケジュールの合間を縫って撮影されました。日本でも韓国でも人気者の二人だけあって、撮影はシークレットで行われました。撮影の様子を聞きつけたファンが殺到するというハプニングもありましたが、撮影は無事に成功。

ラブストーリーというだけあって、ソウルのデートスポットでの撮影も多く、韓国に行ったことがない人も、ソウルの様々なスポットがドラマの中で楽しむことが出来ます。ソウルでも若者に人気のデートスポットである三清洞では、アイスクリームを食べるシーンを撮影した二人。

しかし、あまりの暑さにアイスクリームが溶けだし、何度もNGになってしまうというエピソードも。また三清洞の路地を歩きまわるシーンでは、階段を上る上野樹里にT.O.Pがさりげなく手を差し出すなど、自然な紳士的な行動に、現場にいたファンたちからも「かっこいい!」という言葉が飛び出すほど。

夕方から、ソウルの一番人気のデートスポットである漢江での撮影をこなした二人。公園や遊歩道が並び、恋人だけでなく家族の憩いの場でもある漢江では、二人はどのようなデートをしたのか・・・それはドラマを見てからのお楽しみです。

実は忙しい二人は一日で、徳寿宮(トクスグン)トルダムキル(石垣道)を散歩し、三清洞(サムチョンドン)のカフェでアイスクリームを食べた後、漢江(ハンガン)に向かう、というハードスケジュールな撮影をこなしたと、スタッフが話しています。

撮影の合間も、お互いにお互いの国の言葉で会話をこなすなど、仲睦まじしい様子が見られた二人。ドラマではどのような恋模様が描かれるのか、ファンとしても気になるところです。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。